ここから本文です
「仕方がない」!「やむをえない」!だけでは、政治は動かない、一人でも発言していくことだ!真実 を本音の言葉でずばりと言うブログ!

書庫全体表示


山口敬之「準強姦事件逮捕状執行停止問題」超党派の会が発足。

2017-11-22 18:34:16
テーマ:
ブログ
権力によるレイプもみ消し事件です。
これを許したら、日本はレイプ天国になります。
 
「超党派で『準強姦事件逮捕状執行停止問題』を検証する会」に出席しました。
準強姦容疑の逮捕状が出ていたにも関わらず、逮捕直前に警視庁刑事部長の一本の電話で逮捕が取りやめとなったこの事件。菅官房長官の秘書官だった刑事部長による官邸ぐるみのもみ消しではないかとの疑惑が上がっています。
画像に含まれている可能性があるもの:5人、座ってる(複数の人)、室内
 
警視庁ナンバー3の刑事部長が、一所轄である高輪署の事件に直接介入するのは「極めて異例」というのが警察関係者の共通の見解です。(警察庁暴力団対策第一課長、鹿児島県警本部長も経験された小野次郎元参議院議員も同様の見解です。)
出席した警察庁捜査一課の理事官に対して、私から以下の質問をしました。
(高井)警察は、警視庁が所轄の事件に関与することはよくあることと説明しているが、刑事部長自らが電話して逮捕を止めるというケースもよくあるのか?
(警察)ありえます。
(高井)どういうケースでありえるのか?
(警察)社会的影響の大きな事案などです。
(高井)では、本件は社会的影響が大きな事案と認めるのですね?
(警察)…。
(高井)では、こういうケースは何件あるのか?
(警察)整理されて蓄積されているわけではなく、把握できません。
(高井)国会でもそういう答弁であったが、では、正式な手続きを経て逮捕状まで出ているのに、決済もなく、文書も残さずに、刑事部長の独断で、理由もなく、電話一本で逮捕を取り消すことがあるのか?
(警察)いや、それは、その…。ケースバイケースで。
(高井)決裁がなく逮捕を取りやめるなんて本当にできるのか?
(出席者一同)「それはおかしいだろう」「本当かよ」「それこそ問題だ」
(警察)決裁はあります。
(高井)ではその決裁文書を調べて、こういうケースが何件あるのか、提出して欲しい。
(警察)持ち帰り検討します。
本件は、安倍政権の疑惑隠しの中でも、最も悪質なケースだと考えています。事件発覚以来、国会が開かれず、質問をする機会がなかったのですが、今国会で徹底的に真相を究明して参ります。
ーーーend--^
ーーーend--^
TBS、山口敬之「準強姦事件逮捕状執行停止問題」超党派の会が発足。
呼びかけ人
阿部知子、立憲民主党
柚木道義、希望の党
神本美恵子、民進党
田村智子、共産党
石井苗子、維新の会
菊田真紀子、無所属の会
森ゆうこ、自由党
福島みずほ、社民党
糸数慶子、沖縄の風
会合の案内は全国会議員に配布。
【拡散・シェア大歓迎!】
安倍首相と同じ飛行機で移動しました。この写真の窓側の座席が安倍首相の指定席です。
その時、僕が安倍首相と話して、安倍首相が「大分県の広瀬勝貞知事が、「私たちは福島県いわき市から放射能汚染石炭灰を大分県に入れて復興に貢献したし、大分県民が被曝して訴訟を起こされても耐えうる大分県庁を作っています。日出生台の演習場を拡大させてアメリカ海兵隊の実弾射撃訓練がいつでもできるようにし、北方領土や竹島などの奪還作戦に向けて基地の兵力を増強させて北朝鮮、ロシア、中国などへの攻撃の拠点となってほしいので、安保法制を国会で成立させてほしい。デモに参加している人間は、本気で安保法案に反対していないし、愉快にやっているだけです。本気で安保法案に反対するなら、百姓一揆や打ちこわしのような態度に出るはずです。アメリカ軍の大分県駐留などに反対する大分県職員たちの粛清はお任せください。」と言った。」などと説明していました。
また、この大分県知事と大分県人事課の工作については、小野寺元防衛大臣からも直接同じ内容の説明を受けたので、明らかな事実に間違いありません。
そのため、大分県職員労働組合の支部役員だった大分県浅海研究所の大分県職員が自治労の日出生台演習反対行動や原発をなくす学習会などに参加したからといって大分県水産試験場の伊島場長と大分県浅海研究所の羽田所長から勤務評価を不当に低くされるなどのパワーハラスメントをされて、病気休職していた事件がありました。
さらに、その病気休職していた大分県職員が、警察官の娘で佐賀大学経済学部の香野由衣や福岡県中間市の石松裕香から痴漢の虚偽告訴を受けた福岡県警察鉄道警察隊の山下猛警部補、小松巡査部長、益田司法警察員、博多警察署生活安全課の的野課長、武内司法警察員、水谷巡査部長、粕屋警察署生活安全課の原田巡査部長、三口司法巡査、高野巡査、山村巡査などの警察官たちから痴漢冤罪で暴行等を受けて不当逮捕されたことを口実に大分県人事課の諏訪義治人事企画監が違法不当な懲戒免職処分をしていたのです。
大分県人事課の諏訪義治人事企画監が、福岡県警察と癒着して大分県水産試験場浅海研究所の大分県職員を痴漢冤罪事件で不当逮捕させて、違法不当な懲戒免職処分にしていたことは、証拠となる大分県人事課の公文書について住民から情報公開請求を受けて不開示決定にして隠蔽していることからも明らかです。
以下のURLに大分県人事課の諏訪義治人事企画監、岩尾誠二、足立博たちが博多警察署生活安全課、粕屋警察署生活安全課、福岡地方検察庁の吉川澄子事務取扱検事や司法修習生だった大島、岡本を訪問して捜査情報を漏洩させ、県民から情報公開請求をされて不開示決定にして隠蔽している証拠となる公文書が公開されています。
「不開示理由
条例第15条第7号ニに該当するため(当該文書には、あなたの懲戒処分
の可否等を検討するために警察署から収集した情報及びその際のやり取り等
が記載されており、これらを開示することにより、将来の同種の事務におい
て、関係機関が情報の提供をためらい必要な情報を得られなくなった場合、懲戒権者として適正な判断が行えなくなるなど、人事管理に係る事務に関し、
公正かつ円滑な人事の確保に支障を及ぼすおそれがあるため)」
それにもかかわらず、大分県知事と癒着したテレビ大分、大分放送、NHK大分、毎日新聞、読売新聞などの大分のマスコミは、この事件について嘘の報道をして大分県民をだましています。
このような卑劣な方法で戦争法案反対行動を封じ込める大分県の広瀬勝貞知事に抗議の集中をお願いします。
大分県知事への抗議先
大分県人事課
諏訪義治人事企画監(大分県生活環境部長)専用公用携帯 09086654644
ーーーend--^
警察のもみ消しは 事件者より陰湿で司法への冒涜です。

※転載元:hikaruの井戸端放送局ブログより


https://news.blogmura.com/ ←にほんブログ村 政治ブログに
クリックお願いします。(*_*)??Σ(・□・;)





 

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事