ここから本文です
「仕方がない」!「やむをえない」!だけでは、政治は動かない、一人でも発言していくことだ!真実 を本音の言葉でずばりと言うブログ!

書庫全体表示

 あきれるがいつまでも寝言を言い続けているものである。今の政界は自公がすべての権力を行使し国民の意思に反する政策を進めている

 それに対して対峙する政党が皆無に等しい、所詮希望の党とて自公と同じである。維新の党もである。
 ここにきて何を寝ぼけたことを言っているかは、希望の党と統一会派を結成は、国民のための会派ではなく、自公政権のための会派つくりでしかない。それを今回立憲民主党に呼び掛けてということで、即立憲民主党の枝野代表の希望と統一会派結成は「野合」でわれわれは組することはできないとの見解を述べているようである。当然のことであろう。立憲民主党は先の総選挙で自公、やその補完的維新や希望の党と対峙するために創設された政党で国民のための政治を目指しているし、それが一定の国民の支持を取り付けてもいる。自公の補完政党でない、あくまでも国民の側に立って政治統治を進めるべく責任ある政党である。そのようなことを、いまだに理解していない民進党の残留者議員諸氏である。考えが混在してるならばいさぎよく決別して行動すべきであろう。

※下記記事は、河北新報ホームページより転載

希望と統一会派結成は「野合」 立憲民主・枝野代表

イメージ 1


日本外国特派員協会で記者会見する立憲民主党の枝野代表=18日午後、東京都千代田区

 立憲民主党の枝野幸男代表は18日、日本外国特派員協会で記者会見し、民進党が目指す立憲民主、希望の党との統一会派結成に否定的な見解を示した。「希望の中には安全保障関連法で、われわれと違う意見の人が少なからずいる。統一会派や一つの党になるのは野合だ」と述べた。
 希望では、玉木雄一郎代表ら執行部が中心となり安保法を前提にした防衛政策について議論を進めている一方、大串博志衆院議員らは容認しないと主張している。
 枝野氏は会見で、野党間の協力がすぐに新党結成や政党同士の合併論に結び付けられ、安易だとの認識も表明した。




https://news.blogmura.com/ ←にほんブログ村 政治ブログに
クリックお願いします。(*_*)??Σ(・□・;)





顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事