ここから本文です
「仕方がない」!「やむをえない」!だけでは、政治は動かない、一人でも発言していくことだ!真実 を本音の言葉でずばりと言うブログ!

書庫全体表示


水道広域化へ財政支援:”水道民営化:パリの大失敗!!”
 
MFOって何??
 
《Multinational Force and Observers》多国籍監視軍。
キャンプデービッド合意に基づいて、
エジプト・イスラエル両軍の兵力引き離しを監視するためシナイ半島に配備された。
米国、英国、フランス、イタリアなどが中心となり1981年に設立。
 
国際連携平和安全活動は安保法のうち
国連平和維持活動(PKO)協力法で定めた新たな任務だ。
国連安保理決議に基づくPKOではなくても国際機関の要請に基づいて
自衛隊を派遣できるようになった。
MFOは中東戦争後、
エジプトとイスラエルが1979年に締結した平和条約を受けて
82年からシナイ半島に展開する。
日本は88年度から財政支援をしてきた。
現在は米英など12カ国が約1200人の軍人を送り停戦を監視している。
 
〇報道によると、イスラム過激派組織ISILが、
8日、エジプトのキリスト教徒の集会や外国大使館、
軍と警察の施設を標的にすると警告しました。

〇テロの標的になりやすい軍・警察・司法などの政府関係機関、
教会、モスク、外国大使館には近づかないようにしてください。

本文

在留邦人・旅行者の皆さまにおかれましては、
テロの標的になりやすい軍・警察・司法などの政府関係機関、
教会、モスク、外国大使館には近づかないようにしてください。
また、外国人を含めた不特定多数の人が集まる場所においては、
周囲の状況に注意を払い、
不審な状況を察知したら速やかにその場を離れるなど、
不測の事態に巻き込まれないよう安全確保に努めてください。


在エジプト日本国大使館領事部
TEL:02-2528-5910
Email: ryoji@ca.mofa.go.jp
HP: https://www.eg.emb-japan.go.jp/j/index.htm
ーーーend
 
map_egypt.jpg
北シナイ県は西にスエズ運河、東にはイスラエルに面し、
北東端でパレスチナ国(パレスチナ自治区)ガザ地区と接する。
 
2015年にはロシアの旅客機が墜落する事件が起き、
ISIL系列のイスラム国(ISIL)シナイ州が犯行声明を出した。
2018年には、シナイ半島の過激派をイスラエルが秘密裏に空爆し、
エジプト政府もこれを容認していると報じられた
 
エジプト軍はシーシ大統領の直接の命令で、
確か2月からシナイ半島等で過激派に対する大掃討作戦を行ってきましたが
(確か大統領は3月で過激派を掃討するように命じていませんでしたかね?)
、エジプト軍の戦果とやらはしょっちゅう発表されていますが、
どうもIS等を完全掃討するにはまだまだ時間がかかりそうです。

al arabiya net は、エジプト軍は中部シナイの掃討作戦で過激派14名を殺害したが、
エジプト軍の方も兵士8名を失ったと発表したと報じています。
この衝突がいつあったのか、上記報道では不明ですが、
al qods al arabi net はISがその通信社amakを通じて、
15日、シナイ中部のal qasimaの軍事基地に攻撃を仕掛け、
士官7名、兵士15名を殺害し、
20名を負傷させた発表したのがこの事件に該当するようです
(IS側は自己の損害については明示していない)

上記al arabiya net は更にエジプト軍報道官は、
過去数日の攻撃で、空爆で過激派27名を殺し、119名を逮捕したが
そのうちの27名は司法当局が追及していたものだとしている由。


確か、エジプトは先週だったかに非常事態をさらに3月延長することにしたと思いますが、シナイ半島での過激派の掃討は時間がかかっていても、このところ本土(アフリカ側)においての、目だったテロは報告されていないことを見ると、エジプト軍を上げてのテロ掃討大作戦はそれなりの成果を上げているのではないでしょうか?
引用元☛http://blog.livedoor.jp/abu_mustafa/archives/5357154.html
ーーーend
^−−日本のブログ 引用ーー
 
どうも今回(21日)のIDFのダマス空港周辺のイラン拠点(主としてアルコドス部隊)等の攻撃については、これまでと異なる様相が多いとの指摘については、先日アラビア語メディアの分析を報告したところですが、もう一つどうやら今回はイランがかなり主たる役割を演じた模様です。

al qods al arabi net はイスラエル・メディアを引用して、IDF報道官は、ゴラン高地向けに発射されたイラン製の地対地ミサイルはイランにより発射されたと語ったと伝えています。
尤も、IDFとしては、事前の情報で、イランが地対地ミサイルの発射を準備している兆候をつかみ、それを迎撃するためにmajic stick ではなく、より射程距離の短いiron dome を使うことにして、準備を整えていたとのことです。

(上記報道がどこまで真実かは不明だが、イスラエルが周辺地域の正確な情報を有していることは有名です)。

それとは別に、シリアは国連代表の口を借りて、イスラエルのダマス空港攻撃を激しく非難し、国連安保理常任理事国が今後とも、拒否権を行使し、またはその行使を仄めかして、イスラアエルを擁護し続けるならば、シリアとしては自衛の策をとらざるを得なくなり、ベングリオン空港(テルアビブ郊外のイスラエル1の国際空港)を攻撃することになるだろうと警告したとのことです。
これはjerusalem post net が、安保理の月例中東問題審議について報じるところですが、シリア代表はその中で、シリアとしてはイスラエルが占領中(1967年戦争で占領し、その後一方的に併合した)のゴラン高地の奪還の努力を続けているとも語った由
(こちらの発言自体は事実でしょうが、どこまでアサドが真面目にベングリオン空港攻撃などを考えているのか、甚だ疑問です・・・ゴラン高地に至っては、73年戦争での奪還失敗後、少なくとも武力による奪還の動きは見られず、一時我が自衛隊も参加していた国連PKOは世界中で最も安全なPKOと評されたこともあった。勿論シリア内戦でクネイトラ地域が戦闘の場所となり、境界線一体も危険になったことは事実・・・・仮にそのようなことがあれば、イスラエルの報復は、これまでに例のないような激しいものとなり、イスラエルの動きを熟知していて、ようやくシリア全土…またはそれに近い部分…を支配下におさめつつあるアサドが、そんな危険なことをするはずはないと見られているからです。
但しfog of warとか言われ、武力対決をしているときには、些細な計算違いや行き違いが大きな事件を招くことは歴史に少なくなく、今後とも要注意のところでしょうか)
 
ーーーend
 
^−−−産経 引用ーー 

シナイ半島の多国籍軍・監視団に陸自派遣へ 安保法に基づく初事例

政府は22日、エジプト・シナイ半島でエジプト、
イスラエル両軍の停戦監視活動をする「多国籍軍・監視団」(MFO)の司令部要員として、
陸上自衛隊員数人を派遣する検討を始めると発表した。
実現すれば、安全保障関連法で可能となった
「国際連携平和安全活動」の初適用事例とみられる。
 
 MFOからの要請を受け「若干名」の派遣を想定する。
今後、現地調査団を派遣し、安全が確保できるかどうかを見極める。
 政府は多国籍軍に司令部要員を派遣することで、
陸自の国際貢献や知見の蓄積につながるとみている。
政府は22日、エジプト・シナイ半島でエジプト、
イスラエル両軍の停戦監視活動をする
「多国籍軍・監視団」(MFO)の司令部要員として、
陸上自衛隊員数人を派遣する検討を始めると発表した。
実現すれば、安全保障関連法で可能となった
「国際連携平和安全活動」の初適用事例とみられる。
 MFOからの要請を受け「若干名」の派遣を想定する。
今後、現地調査団を派遣し、安全が確保できるかどうかを見極める。
 政府は多国籍軍に司令部要員を派遣することで、
陸自の国際貢献や知見の蓄積につながるとみている。
内閣府国際平和協力本部事務局は
「わが国のMFOへのさらなる貢献が中東の平和と安定にいっそう資する」と意義を強調した。
司令部があるシナイ半島南部については「平穏だ」と説明した。
ーーーend
^−−−日経  引用ーー

マリでPKO襲撃10人死亡 チャド軍基地、過激派声明 

2019/1/21 18:18

【ナイロビ、ニューヨーク=共同】

西アフリカ・マリ北部で20日朝、国連平和維持活動(PKO)部隊のチャド軍の基地が車に分乗した武装集団に襲撃され、国連によると要員10人が死亡、少なくとも25人が負傷した。ロイター通信によると、国際テロ組織アルカイダ系の過激派が犯行声明を出した。

 
西アフリカ・マリでの国連平和維持活動(PKO)=ロイター
犯行声明は、チャドによるイスラエルとの国交回復への報復だとしている。襲撃した武装集団側も複数が死亡した。
国連のグテレス事務総長は声明で襲撃を強く非難し「マリの人々と政府を支え続ける国連の決意は揺らがない」と強調した。国連安全保障理事会も、襲撃の関係者に法の裁きを受けさせるようマリ政府に要請する報道声明を出した。
マリでは2012年に首都バマコで反乱軍のクーデターが起きた後、過激派が北部を掌握。フランスの軍事介入後も情勢不安が続き、PKO部隊への襲撃が相次いでいる。活動が始まった13年以降約180人が死亡し「世界で最も危険なPKO任務」と呼ばれている。
 
ーーーend
^−−−日経 引用ーー

イスラム過激派がナイロビのホテル襲撃、15人死亡 

【イスタンブール=佐野彰洋】
ケニアの首都ナイロビで15日、ホテルとオフィスが同居する複合施設が襲撃された。
銃撃や爆発が起き、少なくとも15人が死亡した。
隣国ソマリアを拠点にするイスラム過激派アルシャバーブが犯行声明を出した。
ロイター通信などが報じた。テロとみられる。
在ケニア日本大使館によると、
日本人や入居する日系企業の被害は確認されていない。
襲撃を受けたホテルはタイ資本で日本人など外国人の利用が多い
「デュシットD2ホテル」。ナイロビは東アフリカの拠点都市で外国企業が多く集まる。
死者15人のうち、11人がケニア人。
米国人と英国人も1人ずつ犠牲になった。
ケニア当局が現場の制圧を宣言後の16日朝にも、
爆発音や銃声が聞こえたとの報道もある。
アルシャバーブは国際テロ組織アルカイダ系で、
米国が支援するソマリア政府や同国に駐留するケニアなどの外国軍部隊を敵視する。
ケニアでは2013年にナイロビのショッピングモールを襲撃し、
60人以上の死者を出した。
15年には東部の大学を襲い、この事件で約150人が死亡した。
 
 
ーーーend
^−−−日経 引用ーー
 

ブルキナで仏大使館襲撃 軍本部も、兵士8人犠牲 

2018/3/3 11:37
【ナイロビ=共同】
西アフリカ・ブルキナファソの首都ワガドゥグで2日、
陸軍本部とフランス大使館が武装集団に襲撃され
、軍兵士8人が死亡し、80人以上が負傷した。
一方、ブルキナファソの治安部隊が武装集団の戦闘員8人を射殺した。
AP通信などが報じた。
地元警察はテロ攻撃だと発表した。
犯行声明は出ていないが、
周辺国で活動するイスラム過激派の犯行の可能性がある。
目撃者によると、
武装集団はピックアップトラックでフランス大使館に乗り付け
「アラー・アクバル(神は偉大なり)」と叫びながら銃を乱射した。
フランス政府によると、外交官らフランス人に被害はなかった。
武装集団は爆弾を仕掛けた車を陸軍本部で起爆し、
被害が拡大した。
陸軍本部で2日予定していたブルキナファソや
マリ、ニジェールなど近隣5カ国によるテロ対策会議が標的になった可能性がある。
近隣5カ国では近年、
イスラム過激派が活動し治安が悪化している。
フランスが5カ国と合同で軍事作戦を展開しており、
過激派が報復を呼び掛けていた。
ワガドゥグでは2016年1月、イスラム過激派がホテルを襲撃し、
欧米人など約30人が死亡するテロが発生。
国際テロ組織アルカイダ系の「イスラム・マグレブ諸国のアルカイダ組織(AQMI)」が
犯行声明を出した。
ーーーend
【ポイント】
●ギザ県のピラミッド地区から北へ約3kmの路上において,
観光バスが通過中に爆弾が爆発し,死傷者が出ています。
●治安情勢に関して最新情報の入手に努め,
テロの標的となりやすい場所を避けるとともに,
安全確保に十分注意を払ってください。

【内容】
1 エジプト政府の発表によれば、12月28日午後6時過ぎ(現地時間),
ギザ県ギザ地区のエル=マリユーティーヤ通り付近(ピラミッド地区から北へ約3km,
幹線道路から外れた路上)において,
ベトナム人観光客等を乗せたバスが通過中に簡易爆発装置が爆発し,
バスに乗っていた3名が死亡,
少なくとも11名が負傷(28日午後10時時点)する事件が発生しました。
治安当局が捜査を行っています。

2 年末年始はエジプトが観光シーズンを迎えるとともに,
1月7日にはコプト・クリスマスが予定されていますが,
最近,コプト教徒がテロの被害にあった事件も発生しています。

3 「ここは日本ではない」という意識を持ち,以下のテロ対策をお願いします。
1)最新の治安情報の入手に努める。
2)特に軍・警察・司法等の政府関係機関の施設や車両、
主要インフラ施設、デモ・集会等には近づかないようにする。
3)観光施設,公共交通機関,教会,モスク等の
外国人を含めた不特定多数の人が集まる場所を訪れる際には,
周囲の状況に注意を払い,不審な状況を察知したら
速やかにその場を離れるなど安全確保に十分注意する。

参考:エジプト「海外安全情報」:

4 海外渡航前には万一に備え,家族や友人,
職場等に日程や渡航先での連絡先を伝えておくようにしてください。
3か月以上滞在する方は,緊急事態に備え必ず在留届を提出してください。
また,3か月未満の旅行や出張などの際には,
海外滞在中も安全に関する情報を随時受けとれるよう,「たびレジ」に登録してください。
(詳細はhttps://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/# 参照)

5 なお,テロ・誘拐対策に関しては,以下も併せて御参照ください。
(1)パンフレット「海外へ進出する日本人・企業のための爆弾テロ対策Q&A」
(2)パンフレット「海外旅行のテロ・誘拐対策」



(問い合わせ窓口)
○外務省領事サービスセンター
 住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
 電話:(外務省代表)03-3580-3311 (内線)2902,2903

(外務省関連課室連絡先)
○外務省領事局邦人テロ対策室
  電話:(代表)03-3580-3311(内線3047)
○外務省領事局海外邦人安全課
  電話:(代表)03-3580-3311(内線2306)
○外務省海外安全ホームページ
   (現地公館連絡先)
○在エジプト日本国大使館
住所:81 Corniche El Nil Street, Maadi, Cairo, Arab Republic of Egypt
電話:(+20-2)-25285910
FAX:(+20-2)-25285905
ホームページ:
http://www.eg.emb-japan.go.jp/j/index.html
 
ーーーend

「1月25日革命記念日」に際する注意喚起

○1月25日(金)は,ムバラク大統領の辞任に至った大規模デモの発生日から8年目に当たります。
○大規模行事や記念日とその前後はテロの標的になりやすいことに留意し,
標的になりやすい施設などには近づかないようにして下さい。

本文

1 1月25日(金)は,ムバラク大統領の辞任に至った大規模デモの発生日から8年目に当たります(本年,エジプト政府は,同日の振替として24日(木)を行政機関の休日としました。なお,1月25日は「警察の日」でもあります。)。

2 現在のところ,「1月25日革命記念日」に際してテロの実行を呼びかける声明などは確認されていませんが,大規模行事や記念日とその前後はテロの標的となりやすいことに留意してください。

3 在留邦人・旅行者の皆様におかれましては,テロの標的になりやすい外交団施設,軍・警察・司法等の政府関係機関の施設や車両には近づかないようにしてください。また,主要インフラ施設,公共交通機関,教会,モスク等の外国人を含めた不特定多数の人が集まる場所においては,周囲の状況に注意を払い,不審な状況を察知したら速やかにその場を離れるなど,不測の事態に巻き込まれないよう安全確保に努めてください。

在エジプト日本国大使館領事部
TEL: 02-2528-5910
FAX: 02-2528-5907
Email: ryoji@ca.mofa.go.jp
HP: http://www.eg.emb-japan.go.jp/j/index.htm
ーーーend

Moscow: Israel must stop “arbitrary air strikes” on Syria. Khamenei takes charge of missile attacks on Israel

 
モスクワ:イスラエルは、シリアの自分勝手な空爆を止めろ!
ハメネイがイスラエルへのミサイル攻撃を担当
 
The practice of arbitrary strikes on the territory of a sovereignty state… Syria, should be ruled out,” FM spokeswoman Maria Zakharova said Wednesday, in Moscow’s first response two days after Israel conducted a major operation against Iranian targets in Syria.
She said such strikes added to tensions in the region, something she said was not in the long-term interests of any country there, including Israel.
This response to Israel’s latest strikes refutes the presumption in Israel that Moscow refrained from condemning them out of disapproval of the IRGS Fatteh-110 missile attack on the Golan without prior coordination with Moscow.
The coming  (for subscribers) out on Friday, Jan. 25, will explore Israel’s mounting conflict with Russia and Iran. 
Our sources also reveal now that as of Tuesday, Jan 22, decision-making on the issue of Iranian missile strikes against Israel passed directly from Al Qods chief Gen. Qassem Soleimani to the Islamic regime’s highest authority, supreme leader Ayatollah Ali Khamenei. His first decision is still unknown.
DEBKAfile’s military sources assert that Prime Minister Binyamin Netanyahu may have been too quick to fire a reply to Gen. Soleimani’s provocative comment to the Kuwaiti Al Jarida, that the only way to prevent further Israeli attacks on Syria was to launch missiles deep into central Israel. Netanyahu would then lose the elections. The prime minister hit back by saying, “Instead of interfering with the elections, Soleimani had better check the status of the Iranian bases that he is trying to establish in Syria. As long as I’m prime Minister, we won’t stop fighting against them.”
Netanyahu could not be sure that the Kuwait paper had correctly quoted the Iranian Al Qods chief. However, if the quote was accurate, then the situation on Israel’s northern front is so combustible that every word needs to be carefully weighed before it is uttered.
=〜=Google翻訳=〜=
FMのスポークスウーマン、マリア・ザカロワ氏は水曜日、イスラエルがシリアでイランの目標に対して大規模な作戦を実施した2日後の最初の回答で、次のように述べています。

彼女はそのようなストライキが地域の緊張を増したと言いました、そして、彼女が言った何かがイスラエルを含むその国のどの国の長期的な利益にもないという。

イスラエルの最近のストライキに対するこの反応は、モスクワとの事前の調整なしに、モスクワがゴランへのIRGS Fatteh-110ミサイル攻撃の不承認から彼らを非難することを控えたというイスラエルの推定を否定している。
1月25日金曜日に出てくるDEBKA Weekly(購読者向け)は、イスラエルがロシアとイランとの間で激しさを増していることを探求するでしょう。購読するにはここをクリックしてください。Al

1月22日火曜日の時点で、イスラエルに対するイランのミサイル攻撃の問題に関する意思決定は、アルコッズ首席Qassem Soleimaniからイスラム政権の最高権威、最高指導者Ayatollah Ali Khameneiに直接渡されたことも我々の筋は明らかにしている。彼の最初の決断はまだ不明です。

DEBKAfileの軍事筋は、Binyamin Netanyahu首相がクウェート・アルジャリダに対するソレイマニ将軍の挑発的なコメントに答えるには早すぎるかもしれないと主張している。シリアへのさらなるイスラエルの攻撃を防ぐ唯一の方法はミサイルをイスラエル中央部に深く打ち込むことであった。ネタニヤフはそれから選挙を失うだろう。首相は「選挙を妨害するのではなく、シリアで確立しようとしているイランの基地の状況を確認したほうがよい」と言って反撃した。私が首相になっている限り、私たちは彼らとの戦いを止めることはありません。」

ネタニヤフは、クウェートの紙がイランのアルコッド首相を正しく引用したことを確信できなかった。しかし、引用文が正確であれば、イスラエル北部の正面の状況は非常に可燃性であるため、発話する前にすべての単語を慎重に検討する必要があります。
引用元☛https://www.debka.com/moscow-israel-must-stop-arbitrary-air-strikes-on-syria-khamenei-takes-charge-of-missile-attacks-on-israel/?fbclid=IwAR3BbAEKil6hf4pygz6t89rX7O3X0FtnJDq1nK5bCziR7trOGVC87sEjexg
ーーーend
^−−−south front 引用ーー
SYRIA’S UN ENVOY THREATENS RETALIATORY ATTACK ON ISRAEL’S BEN GURION AIRPORT
シリアの国連、イスラエルのベン・グリオン空港での報復攻撃を脅かす
 
※転載元:井戸端放送局ブログ



※常にランク50位以内に、励みになりますクリック願います。
https://news.blogmura.com/ ←にほんブログ村 政治ブログに
 クリックお願いします。(*_*)??Σ”







 

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事