ここから本文です
「仕方がない」!「やむをえない」!だけでは、政治は動かない、一人でも発言していくことだ!真実 を本音の言葉でずばりと言うブログ!

書庫全体表示


国民が求めていないのに相変わらず「自衛隊の存在を憲法に明記すべき」論を垂れ流すHNKは頭を使え!安倍式改憲論の誤りを検証すると・・・

2019-02-01 | 集団的自衛権

※転載元:愛国者の邪論
お涙頂戴、頂戴と叫ぶ身勝手首相は政界から永久追放を!
自衛隊員と家族、子どものを使って
海外の武力行使に「国民のため命を賭して任務を遂行する自衛隊」をつくる!
これが「国防」だと妄信している妄想政治家は要らない!
「国防の根幹」は
軍事ではなく
限界集落化させた地域・高齢者をイタブル政治・貧困と格差を拡大再生産する
デタラメ政策にこそある!
食糧自給・巨大地震・火山噴火とゲンパツ対策こそ「国防の根幹」だろう!
NHK   首相「自衛隊の存在を憲法に明記すべき」    2019年1月30日 19時10分憲法
憲法改正をめぐって安倍総理大臣は、衆議院本会議の代表質問で、自衛隊に対する批判や自治体の非協力的な対応に終止符を打つ必要があるとして、自衛隊の存在を憲法に明記すべきだという考えを重ねて示しました。
この中で安倍総理大臣は、憲法改正をめぐって「今なお自衛隊に対する言われなき批判や反対運動、自治体による非協力的な対応といった状況がある。一部の自治体は自衛官の募集事務の実施を拒否しているほか、自衛隊の採用説明会などの取りやめを求める要請がさまざまな団体から行われているため、去年、説明会が取りやめになった事例もある」と指摘しました。

そのうえで、安倍総理大臣は「自衛隊はこれまで4万回を越える災害派遣を行い、助けを求める自治体に直ちに駆けつけ、献身的な働きを行っており、このような現状は誠に残念と言わざるをえない。このような状況に終止符を打つためにも自衛隊の存在を憲法上、明確に位置づけることが必要ではないか。国民のため命を賭して任務を遂行する隊員諸君の正当性を明文化し、明確化することは国防の根幹に関わることだ」と述べました。(引用ここまで)
安倍語録のイカサマ・オレオレ詐欺政治を検証すると・・・
NHKが抽出した安倍言葉に
憲法平和主義を否定したい安倍晋三首相が
一番言いたいことがある!
改憲で追い詰められているのは安倍晋三首相!
「打つ手」がこれしかない!
自民党改憲案は引っ込めざるを得なくなった!
天皇元首化は象徴天皇制を温存したい明仁天皇に阻まれた!
「押しつけ憲法」論は
明治民権期の私擬憲法が参考になったので破たん!
しかも押し付けられているのは
日米核兵器軍事同盟だと国民認知されはじめてきた!
トランプ大統領に卑屈なまでに従属している姿こそ
押し付けそのものだ!と・・・
現行憲法は
古くなった!
新しい人権に対応したければならない!
国際環境に合わない!
一度も「改正」されていない!
日本国民が自主的に憲法を制定していない!
だが、これだけで憲法の何を、どう変えるのか!
漠然としているので
9条に自衛隊を加える=「蛇足」を試みている!
だが、自衛隊は「合憲」だと言ってきたのは自民党そのものだ!
「合憲」を正当化するために
個別的自衛権は「合憲」!
集団的自衛権は「違憲」
として「専守防衛」論を編み出した!
だが、「グレーゾーン」論をつくって
国民の安全安心・幸福追求権を守るためには
「集団的自衛権は合憲」だとスリカエた!
これで
同盟国アメリカやアメリカの同盟国と海外で
共同軍事作戦ができるようになった!
だから現在
イギリス・カナダ・オーストラリア・インド・フランスなどと
軍事演習ができるように仕組みをつくっている!
全ては対中包囲網作戦だ!
「インド・太平洋」戦略だ!
しかし、9条をそのまま読めば
「違憲」だと、高村正彦副総裁・弁護士が屁理屈を言って
9条をそのままにして「自衛隊」を挿入することで
自衛隊「合憲」を「完成」させようと謀るようになって
自衛隊「被害者」論をぶつようになった!
自衛隊を「合憲」としている国民に
自衛隊員と家族はかわいそうだ!
あんなに頑張ってくれているのに
憲法で認めないのはオカシイ!
憲法改悪の一里塚として苦し紛れの言い訳をしているのだ!
NHKが取り上げた安倍語録をじっくり読むと・・・
よ〜く判る!
今なお自衛隊に対する言われなき批判や反対運動、
自治体による非協力的な対応といった状況がある。
一部の自治体は自衛官の募集事務の実施を拒否しているほか、
自衛隊の採用説明会などの取りやめを求める要請がさまざまな団体から行われているため、
去年、説明会が取りやめになった事例もある
あくまで「一部」だ!
「一部」に怯えているのか!
だがしかし、自由と民主主義の国は「一部」を尊重するのが
為政者の姿勢であり
そもそも「合憲」というものだ!
だが、しかし
安倍式屁理屈は「一部」でさえも認めない独裁者の思想だ!
こんな思想の持ち主が「自衛隊」を語る資格はないぞ!
自衛隊はこれまで4万回を越える災害派遣を行い、
助けを求める自治体に直ちに駆けつけ、献身的な働きを行っており、
このような現状は誠に残念と言わざるをえない。
「一部」は「災害救助部隊としての自衛隊」を批判しているのか!
そんなことはよ〜く判っているから
「一部」を誇大広告して「全部」であるかのように
描き・スリカエ・ゴマカシ
あたかも自衛隊員と家族、特に子どもが
困っているかのようにスリカエているのだ!
このような状況に終止符を打つためにも
自衛隊の存在を憲法上、明確に位置づけることが必要ではないか。
「一部」を理由に「合憲としての自衛隊」を憲法に挿入することの意味は!?
国民のため命を賭して任務を遂行する隊員諸君の正当性を明文化し、明確化することは
国防の根幹に関わることだ
ホラ、やっぱり出てきた!
「災害救助で国民のために命を賭している」「安倍式命を賭す」論は
海外で軍事行動をすることでしかない!
ホントに災害派遣を位置づけるのであれば
災害救助隊をつくることの方が
国家の自衛となるぞ!
巨大地震・火山噴火などのことを考えれば
海外に出て武力行使をすることを考えている時ではないぞ!
国際紛争を解決する手段として使うのは
国家による戦争・武力行使・武力による威嚇ではなく
非軍事の・対話と交流の手段と使った平和的手段だ!
これは政治の責任だろう!
政治本来の責任を放棄して
「軍事万能」論・「軍事安全保障神話」論に走るのは
違憲だし、血税のムダだし、自衛隊員の命の尊厳を踏みにじるものだ!
自衛隊員と家族と子どものことを想うのであれば
自衛隊は安倍式軍事依存症の犠牲にすべきではない!
アジア・太平洋においては
憲法9条に基づく平和外交を徹底させて
軍事的手段は使わない!不必要な状態をつくることだ!
そもそも「急迫不正」の「日本侵略」などというのは「妄想」だ!
どうやって日本を突然侵略する国があるというのだ!
どうやって日本を侵略してくるというのだ!
日本は侵略されなければならない国か!
国際法は侵略を禁止している!
今や国家間戦争が起こる時代ではない!
全くのデタラメ「脅威」論が垂れ流されている!
そもそも国境紛争は
歴史的経過の検証・共存共栄論・向こう三軒両隣論を使って解決できる!
国境線の諍いは
国境線を挟む国同士の「警察力」を使って解決できる問題だ!
日本の国際貢献が「自衛隊」でなければならないという理由は
どこにもない!
憲法9条平和外交を駆使することこそが国際貢献だ!
繰り返して言おう!
自衛権=軍事という軍事依存症から大転換していく時だ!
自衛権は
非軍事=警察力=政治・外交・経済・文化力で解決できる!
そのことを示す事例は山ほどある!
これをメディア・政党が検証すべきだ!
これは「妄想」ではない!!

  • 顔アイコン

    安倍の憲法改正の本音の狙いは、現状の国民主権から、国家主権、国粋主義戦前回帰への改正を狙っているのである。9条自衛隊の明記は発表したいるが、国民には知らせていない。安倍による改憲は絶対許してはならないのである。

    roo*6ak*o

    2019/2/1(金) 午後 0:34

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事