ここから本文です
「仕方がない」!「やむをえない」!だけでは、政治は動かない、一人でも発言していくことだ!真実 を本音の言葉でずばりと言うブログ!

書庫過去の投稿日別表示

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

甘利大臣が細川氏が脱原発を掲げて、都知事選に立候補を決意したことに対して
テレビ番組で、殿乱心と言ってたとえたそうであるが、たとえ方があまりにも侮辱
した例えからではなかろうか、乱心の意味は心が狂い乱れることであり、気が違う
ことでもあり、狂気、発狂者との意味である。このような意味をわかって言ったので
あればまさに問題である。又だ大臣たる人物がわからないで、発言したとしたら、
大臣としての資質が問われることになるであろう。下記の文面は「政治」ブログの
引用掲載である。
 
朝日放送スクランブル番組が東京都知事選挙の候補者予定者の放送されていました、注目して見ていましたが注目候補の名前をみていましたが画面に自民党の甘利経済財政大臣が細川さんに対して殿乱心と言って比喩していたようでした、これを見ていたコメンテータの方がこれでは名誉棄損になりはしないかと言っていましたが私も同感してみていました自民党支援の対抗として強力候補でもあると思われる人物に対する非難がこれからもあるのではと思はれますが甘利大臣の行為は見逃す事はできないのではと思いますね。安倍総理の側近といわれている者がテレビ報道の中で名誉棄損は勿論人権侵害的な言動は見過ごしできないのみでなく大臣失格ではないでしょうか。引用おわり。
 
https://news.blogmura.com/ ←にほんブログ村 政治ブログにクリックして下さい。
小出裕章先生2014年02月講演日程

2014年2月2日(日) 

大阪府 大阪市 ラジオフォーラム主催の学習講演会

◎ラジオフォーラムイベント第4弾

『戦争と原発はつながっている』

同時報告会:番組パーソナリティー西谷文和 『シリア・アフガン報告』

月 日 : 2014年2月2日(日) 13:00 開場 13:30 開演
場 所 : エル大阪 エルシアター(大阪市中央区北浜東3−14)

アクセス:
●京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m
●京阪・地下鉄堺筋線「北浜駅」より東へ500m
●地下鉄御堂筋線「淀屋橋駅」より東へ1,200m
●JR東西線「大阪天満宮駅」より南へ850m

入場料:1000円

主催・お問合せ:
一般社団法人 ラジオ・アクセス・フォーラム
http://www.rafjp.org / TEL 090-8447-218 / FAX 06-6224-3226 / E-mail : info@rafjp.org


2014年2月15日(土) 

青森県 弘前市


◎AFTER311 第2回脱原発弘前映画祭

講演・トーク:あの日からもうすぐ3年〜福島の現実と青森のこれからは〜

月 日 : 2014年2月15日(土)
場 所 : 弘前文化センターホール(弘前市下白銀町19−4)
※駐車場が混み合います。公共交通機関をご利用ください。

アクセス:JR弘前駅より徒歩約20分
料 金 : 成人 1000円 ・ 大学生 500円 ・ 高校生以下 無料

【スケジュール】
12:30〜 福島生きものの記録 シリーズ1〜被曝〜
13:55〜 脱原発ミニライブ&トーク
14:40〜 小出裕章 講演・トーク
16:50〜 福島生きものの記録 シリーズ1〜被曝〜

【イベント】: 脱原発ミニライブ&トーク(矢澤アイサ、山下知徳)
小出裕章ブックフェア

主 催 : after311脱原発弘前映画祭実行委員会(代表 仁平醤油
協 力 : npo harappa
協 賛 : なくそう原発・核燃、あおもりネットワーク
お問合せ:070-6952-2614(竹浪純)



http://blog-imgs-1.fc2.com/emoji/2011-05-19/610574.gif 小出裕章先生2014年03月講演日程

2014年3月2日(日) 

静岡県 静岡市

◎「見えない恐怖〜放射能汚染の真実〜」

月 日 : 2014年3月2日(日) 14:00〜15:45 (講演と質問)
場 所 : 静岡市民文化会館(静岡市葵区駿府町2−90)
アクセス:JR静岡駅北口より静鉄バス利用して10分 ・ 日吉町駅より徒歩10分

対 象 : 聴覚障害者・手話・要約筆記関係者・一般県民


2014年3月8日(土) 

京都府 京都市 ヘレン・カルディコット財団講演会

◎『未来を担う子どもたちの為に、今、私たちにできること〜フクシマ惨事から3年、現状と課題〜』

講演者:Dr Helen Caldicott 、京都大学原子炉実験所・小出裕章助教

月 日 : 2014年3月8日(土) 13:00 開場 14:00 開演
場 所 : KBSカルチャー(KBSホール)(京都市上京区烏丸上長者町 KBS京都放送会館3F
tel : 075-431-1132  fax : 075-441-4169)

入場料:1500円


2014年3月21日(金) 

福島県 いわき市


◎いわき市まち・未来創造支援事業
『子どもたちの未来のために . . . 大人たちが抱える責任と未来予想図』
〜被曝後のこれからを考える〜


情報元 : http://tarachineiwaki.blogspot.jp/2013/11/new2014321.html
月 日 : 2014年3月21日(金) 13:30〜16:30 (13:00 開場)
場 所 : いわき市文化センター 1F 大ホール(いわき市平字堂根町1-4 TEL 0246-22-5431)
アクセス:
JR常磐線・磐越東線いわき駅より徒歩15分 平中町バス停より徒歩1分
常磐自動車道いわき中央ICより車で10分 無料駐車場69台あり。
参加費 : 500円 (チケット販売あり)

チケット販売&問合せ:
NPO法人 いわき放射能市民測定室 たらちね http://www.iwakisokuteishitu.com/
電話&FAX 0246-92-2526
Email  tarachine@bz04.plala.or.jp

☆チケットは前売りが販売がございます。

会場が定員になり次第、販売を終了させていただきます。
お振込みで購入される方は、電話・FAX・Eメールにてお申込みをお願い致します。
☆託児あり 2歳以上からお預かりいたします。
託児申込み:TEL/FAX 0246-92-2526  Email tarachine@bz04.plala.or.jp
FAX・Eメールでのお申込みの場合、子どもの氏名、年齢、性別、保護者氏名、携帯電話番号を明記してください。
託児の申込みは人数が定員になり次第、締め切らせて頂きます。


調整中:9日(日) 大阪府 大阪市 大阪市北区民センター 市民グループ
21日(金、祝日) 福島県 いわき市 いわき放射能市民測定室たらちね


http://blog-imgs-1.fc2.com/emoji/2011-05-19/610574.gif 小出裕章先生2014年04月講演日程

調整中:12日(土)午後 東京都 日本生物地理学会 立教大学タッカーホール
19日(土)午後 栃木県 那須塩原市 市民グループ
20日(日)午後 東京都 日本旅行医学会 〔都民公開講座・学会員外(一般)の参加可能〕 国立オリンピック記念青少年総合センター



http://blog-imgs-1.fc2.com/emoji/2013-02-03/699891.gifhttp://blog-imgs-1.fc2.com/emoji/2013-02-03/699891.gifhttp://blog-imgs-1.fc2.com/emoji/2013-02-03/699891.gifhttp://blog-imgs-1.fc2.com/emoji/2013-02-03/699891.gifhttp://blog-imgs-1.fc2.com/emoji/2013-02-03/699891.gifhttp://blog-imgs-1.fc2.com/emoji/2013-02-03/699891.gifhttp://blog-imgs-1.fc2.com/emoji/2013-02-03/699891.gif
京都・国際シンポジウム:『グローバル資本主義を超えて 〜 Beyond Global Capitalism 〜

ご挨拶

世界経済の発展を導き、世界中の人々の幸福の増進に資するであろうと多くの人々が素朴に信じていた「グローバル資本主義 Global Capitalism」は、その本質的問題を徐々に露呈し始めています。とりわけ、2008年のリーマンショックはその本質的問題を誰の目にも明らかな形で顕在化させ、今日では、ギリシャ問題を抱えたEUにおいても、巨大な所得格差や地域間格差によって不安定化しつつある中国においても、巨大なデフレギャップを抱えるに至ったアメリカにおいても、そして20年にも渡る長いデフレ不況にあえぐ日本においても、大多数の人々が安定した仕事と暮らしを営むことができない状況へとたたき落とされるに至っています。
この状況に至ってもなお「グローバル資本主義」の有効性を信じて疑わぬ人々は未だ至る所で相も変わらぬ言説を述べ、それに基づく政策的実践を続けてはいるものの、この状況を前に、グローバル資本主義の終焉を冷静に理解し、それが本質的に抱えていた問題を把握し、これから何をすべきであるのかを政策的実践の形を構想しはじめた心ある人々が、世界各地に確実に現れはじめています。
本シンポジウムでは、そうした1929年の大恐慌後の世界に大いなる相違を為す巨大な混乱の淵にある今日の世界において、20世紀から21世紀初頭にかけて世界を席巻した「グローバル資本主義」を乗り越える方途を探ります。そのために、「グローバル資本主義」に対してそれぞれの立場でそれぞれの地で疑義を呈し続けてきた論者達が、グローバリゼーションが進行した21世紀の今日に於いてもなお日本の古い歴史と伝統が未だに息づく地である京都に論者達が集い、共に考えます。
主  催 : 京都大学レジリエンス研究ユニット(ユニット長:京都大学教授藤井聡)
後  援 : 株式会社文藝春秋
※上記のシンポジュムは昨年12月行われ終了しています。挨拶文の掲載です。
 
(・_・)上記、小出裕章先生の講演日程は、FC2、YOKO' 人生=旅 on this Blue Planet
     ブログより「転載」 大いに拡散してしてもらいたいとのことです。
 
https://news.blogmura.com/ ←にほんブログ村 政治ブログにクリックして下さい。

安倍首相は必死に牽制 都知事選の争点「脱原発」の明白

http://gendai.net/img/common/infoseek.gif
2014年1月15日 掲載
http://gendai.net/img/article/000/147/227/a825bf1e51fe15d2b2e05cb7843f85f4.jpg
汚染された土嚢が1500も埋められた/(C)武本泰
「課題がバランスよく議論されるべきだし、エネルギー政策は東京都だけではなく国民みんなの課題だ」――。安倍首相はこう言って、都知事選の争点が「脱原発」に集中しないよう早い段階から牽制してきた。しかし、脱原発は都民にも大いに関係のある重要課題だ。

 元大阪市立大学大学院教授(環境政策論)の畑明郎氏がこう言う。
「マスコミは最近すっかり報じなくなりましたが、福島第1原発の状況はますます悪化しています。今月10日、福島県沖でとれたクロダイから高線量の放射性セシウムを検出したと発表され、12日には、新たに地上タンク群のせきから汚染水が大量に漏れた。溶けた核燃料もどこにあるか、いまだに分からない。それなのに、原発再稼働を進めていいのか。この国で最も電力を使う東京に住む都民が脱原発を真剣に論じるのは当然です」

■原発汚染ゴミはこっそり東京に埋められる

 都民にとって、さらに身近なのは原発汚染ゴミの問題だ。いずれ国の主導で全国100カ所以上の場所に「高レベル放射性廃棄物」の最終処理場が建設される。「東京には原発がないから大丈夫」と思っている人も多いだろうが、タカをくくっていると、「いつの間にか近所に原発汚染ゴミが埋まっている」なんて事態が起きるかもしれない。
  1.  
  2. 金子勝が一本化を要請の発言。「社共党首も、小泉氏と脱原発の一点で協力すると言っていたはず。相互に話し合いを持つのは今では」「自分のことしか考えないのはダメ」と。正論だ。Good Job ! Good News ! 宇都宮健児は辞退を。
  3. 「宇都宮票を割り」って..( ゜Д゜)しかし、これが左翼の脳内だよね。ジコチューと言うか、お花畑と言うか。本当に当選すると妄想している。一体、何票取れると思っているんだよ。前回は96万票で大惨敗。今回は生活(前未来)が味方してないし、社民(30万票)も離れた。身内からも内部告発。
     
  4. 政治とは「可能なるもののアート」(ビスマルク)だ。ここでわれわれがアート(作品)すべきは、安倍晋三の暴走を止めることだ。安倍晋三を一敗地に塗れさせ、秘密保護法を廃止に追い込み、集団的自衛権の解釈改憲を断念へと追い込むことだ。都知事選はそのための機会だ。負けたら終わりだ。正念場だ.
金子勝認証済みアカウント@masaru_kaneko 1月14日
一本化は無理なんでしょうか。社共党首も、小泉氏(私も好きでない)と脱原発の一点で協力すると言っていたはず。相互に話し合いを持つのは今では?自分のことしか考えないのはダメ、人を傷つけていることに気づかず、支持を失う。ここで共倒れになれば、逆に原発OKになるのを私は恐れる
 

(・_・)世に倦む日日ブログの金子勝が一本化を要請、ツイターまさにその通りなのだが。選挙は何といっても
勝たねば何にもならない、闘争なのだから勝ったほうが正義になってしまうのだ。そのための戦略、戦術が
必要なのだ。
 
https://news.blogmura.com/ ←にほんブログ村 政治ブログにクリックして下さい。

転載元転載元: ぐう、ちゃんの一言!!

「桐一葉落ちて天下の秋を知る」

とは、

「落葉の早い青桐の葉が一枚落ちるのを見て秋の訪れを察するように、わずか
な前兆を見て、その後に起こるであろう大事をいち早く察知することをいう。

また、わずかな前兆から衰亡を予知するたとえとしても使う。」

(出典:「故事ことわざ辞典」)

http://kotowaza-allguide.com/i/ichiyouochite.html

安倍晋三氏は昨年年末の東証大納会に出席して、

「アベノミクスは来年も買いだ」

と述べた。

これを、

「2014年は株価が小休止したとしても日本経済は強い」

と述べていれば、状況はまったく異なるものになる。

2014年に安倍政権は史上空前の超緊縮財政を実行する。

このことを念頭に置けば、

「アベノミクスは来年も買いだ」

の言葉は出てこない。抑制の利いた発言を示すのが、勝負師である。
http://image.with2.net/img/banner/banner_22.gif



「欠く」ことを避けることは、「満つる」ことを防ぐことである。

「満つれば欠く」のが、この世のことわりである。

2013年は安倍首相にとって順風満帆の年、わが世の春を実感した年であっ
た。

しかし、冷静に考えれば、成果と言えるのは円安・株高が進行したくらいのも
のだった。

安倍首相はこれをアベノミクスの成功だとアピールするが、金融変動を詳細に
分析すれば、それも正しくない。

円安が進行した最大の背景は、米国長期金利の上昇にあった。

米国の10年国債の利回りは2012年7月に1.38%の最低水準を記録し
た。

これを起点に上昇トレンドに転換し、2013年9月、12月に3%台に乗せ
た。

この米国長期金利上昇がドル高・円安トレンドを生んだ。

日本株価は円ドルレートに完全連動しており、ドル高=円安トレンドの実現に
連動して日本株価の上昇トレンドが発生した。

アベノミクスの第一の矢、第二の矢である、日本の財政金融政策発動はこうし
て生じた円安・株高の流れを補強したに過ぎない。



翻って2014年には、大いなるリスクが潜む。

私はこのリスクを

『日本経済撃墜−恐怖の政策逆噴射−』(ビジネス)

http://goo.gl/lgZ9ky

にまとめた。

安倍首相にも、その骨子は伝わっているはずであるから、安倍首相は2014
年の見通しを語る際には、用心深さが必要である。

単純に

「アベノミクスは2014年も買い」

ということにはならない。



この安倍政権の2014年を占う、重要なイベントが1月19日と2月9日に
実施される。

沖縄県名護市長選と東京都知事選だ。

いずれの選挙も、安倍政権としては、絶対に取りこぼすことのできない選挙で
ある。

沖縄には札束をばらまく算段を整えた。

東京都では、「絶対勝てる候補」の擁立を支持した。

これで安倍首相は勝てると思っているのかも知れない。

しかし、現実はそれほど甘いものではないように思われる。



名護市では直近4回の市長選で、辺野古基地建設推進派が3度勝利している。

前回の2010年選挙だけ、辺野古基地建設反対派が勝利した。

いまの稲嶺進市長が勝利したのである。このときは、鳩山由紀夫政権が普天間
の県外・国外移設を推進していたときだ。

政権が変わり、安倍政権が辺野古基地建設を推進しているのだから、金の力で
名護市長選も勝てると安倍首相は考えているのだろう。

東京都も、世論調査でナンバーワンの舛添要一氏を擁立すれば勝てると思って
いることだろう。

しかし、安倍首相の想いと現実との間に、微妙なすれ違いが生まれ始めてい
る。

安倍政権の「終わりの始まり」がどうやら動き始めたのではないか。
http://image.with2.net/img/banner/banner_22.gif


本土ではほとんど報じられないが、仲井真弘多氏の辺野古埋め立て申請承認を
沖縄県民は極めて厳しく受け止めている。

仲井真氏の行動は沖縄県民への裏切りであり、仲井真氏は知事として在職する
資格がないというのが、沖縄県民多数の判断である。

琉球新報社などが実施する沖縄県民の意識調査では、公約違反であるとする県
民の判断が過半数を超えている。

そして、1月11日付メルマガ第762号で紹介したように、海外識者29名
が、

「辺野古移設中止を」

求める声明を発表した。

1月8日、9日の琉球新報は、1面全紙扱いでこの事実を大きく伝えた。

29人の識者には、

ノーム・チョムスキー氏、ジョン・ダワー氏、ノーマ・フィールド氏、ナオミ
・クライン氏、ピーター・カズニック氏、ガバン・マコーマック氏、マイケル
・ムーア氏、オリバー・ストーン氏などの

著名な学者、ジャーナリストが多数、名前を連ねている。

声明には、

1.沖縄県内の新基地建設に反対。普天間基地は即時返還すべきだ。

2.県民による平和と尊厳、人権、環境保護のための非暴力の闘いを支持

3.仲井真沖縄県知事の埋め立て承認は県民の民意を反映しておらず、裏切り
だ。

などの内容が盛り込まれた。



名護市民は、巨大な経済振興策という札束攻勢を受けているが、どれほどの市
民がこの札束攻勢でふらついてしまうことか。

名護市民の矜持が問われる選挙でもある。

仲井真弘多知事は普天間の県外移設を主張してきたはずだが、県民を裏切る辺
野古埋め立て申請承認の行動に動いた。

名護市長選で基地建設推進候補が敗れれば、仲井真知事への不信任という意味
が鮮明になる。仲井真氏にとっても負けられない選挙になるが、結果がどうな
るか。

2013年7月の参院選では、糸数慶子候補と安里晃政候補が一騎打ちの選挙
戦を展開した。

安倍政権は総力戦で臨み、安倍首相自ら何度も沖縄に足を運んだが、基地建設
反対を明示する糸数慶子候補が勝利した。

安倍政権にとって最大の試金石となる選挙である。



2月9日投開票の東京都知事選に、細川護煕(もりひろ)元首相が名乗りを挙
げた。

舛添勝利の方程式に誤算が生まれ始めたのだ。

細川氏は原発ゼロを掲げ、小泉純一郎氏の支援を受けるという。

メディアは一斉に、「原発ゼロの争点化」を回避するための情報工作を開始し
たが、動き始めた歯車を止めることはできないだろう。

原発推進派は慌てふためいている。

甘利明氏の「殿ご乱心」

菅義偉官房長官の「細川元首相は佐川急便からの、猪瀬さんの倍のお金の問題
で辞任した。都民がどう受け止めるかという感じだ」

森喜朗元首相の「原発を止めさせるかどうかを迫るというのは、卑怯だと私は
思う」

などの発言に、原発推進派の狼狽ぶりが鮮明に表れている。
http://image.with2.net/img/banner/banner_22.gif


小泉元首相が安倍政権に対して矢を向けているのは、些細なことが原因である
のかも知れない。

『月刊FACTA』が2013年12月号に興味深い記事を掲載した。

「吠える小泉「脱原発」の裏」

である。

小泉純一郎氏は2006年9月に首相を辞任したのち、2007年にシンクタ
ンク「国際公共政策研究センター」顧問に就任した。

隠居後の居場所と小遣いを確保したわけだ。

トヨタ自動車の元会長で経団連会長を務めた奥田碩氏が小泉氏のためにこのシ
ンクタンクを設立したと見られている。

「月刊FACTA」によると、このシンクタンクの解散が2014年3月に
迫っているのだという。

それにもかかわらず、安倍晋三氏が小泉氏のために、何も動かないことに対し
て小泉氏が立腹しているというのだ。

中曽根康弘首相から首相の地位を禅譲された竹下登元首相は、中曽根氏のため
に巨額の基金を有する公益財団法人「世界平和研究所」を用意した。

中曽根氏はいまもこの会長室に陣取っていることを「月刊FACTA」は伝え
ている。



思えば、当選回数の少ない安倍晋三氏が永田町の寵児に躍り出たのは、小泉政
権の下であった。

官房副長官、幹事長、官房長官と出世の階段を上り、首相の地位に就いた。

この意味では、安倍晋三氏は小泉氏に足を向けて眠ることができない。

その安倍晋三氏が小泉純一郎氏に対する気配りを欠いているということにな
る。

小泉氏の原発ゼロ提案に対して、安倍晋三氏は「原発ゼロ提案は無責任だ」と
述べた。

この経緯から小泉氏が安倍政権の揺さぶりに動いていると考えられる。



ものごとが壊れるというのは、こうした些細なことがきっかけになるのかも知
れない。

「上手の手から水が漏れる」

と言うが、順風満帆に見えるときほど、細心の注意が求められるものである。

安倍政権にとっては、都知事選に敗北し、原発推進が否定されることは、決定
的なダメージになるだろう。
http://image.with2.net/img/banner/banner_22.gif


主権者の側に政界の内輪話、裏話は関係ない。

状況の変化を取り逃がさない、機敏で柔軟な対応が求められるだけだ。

都知事選を「原発ゼロ」の是非を問う選挙にして、「ストップ安倍政権」の第
一歩を確実に記すことが重要だ。

白いネコでも黒いネコでもよい。

ネコの手でも借りて、安倍政権の暴走に歯止めをかけることが大切である。

原発ゼロ陣営は候補者一本化を実現して、都知事選必勝の体制で臨むべきであ
る。
 


※有料メルマガ版第766号植草一秀の『知られざる真実』2014年1月16日より「転載」
 
https://news.blogmura.com/ ←にほんブログ村 政治ブログにクリックして下さい。

転載元転載元: ぐう、ちゃんの一言!!

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事