ここから本文です
「仕方がない」!「やむをえない」!だけでは、政治は動かない、一人でも発言していくことだ!真実 を本音の言葉でずばりと言うブログ!

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

2450 ・安倍政権の民主主義嫌いとファシズムへの急傾斜

2015-09-08 08:17:22 | 政治
おはようございます。
生き生き箕面通信2450(150908)をお届けします。
・安倍政権の民主主義嫌いとファシズムへの急傾斜
 野田聖子氏は今朝、自民党総裁選への立候補を断念せざるを得なかったようです。安倍晋三という男とその周りを取り巻く連中が、「あやしい人リスト」を作って徹底的に監視の目を光らせ、野田氏への推薦人つぶしに精を出した“成果”です。
 総裁選の行方は、自民党の全派閥が「安倍総裁支持」を表明しているので、たとえ野田氏側が立候補できたとしても、結果はすでに決まっていたといえます。
 それにもかかわらず、安倍氏側が野田氏の立候補を執拗に“妨害”したのは、ひとえに「戦争法案」を成立させるためです。総裁選への立候補を阻止するために、立候補したり、安倍氏以外を支持した人間は、選挙の時に党からの選挙資金を補助しない、あるいは「お前には対立候補を立てて落選させるぞ」などの脅しもばらまいたそうです。ファシズムは、汚い手をいとわないのが特徴です。
 安倍氏が無投票再選となれば、それは自民党内の民主主義が息の根を止められたことを象徴します。そして、全員一致で再選決定となれば、ファシズムが全党を支配したことを意味します。
 安倍政権は、辺野古での米軍基地を作るため、近く作業を再開する予定です。沖縄の人たちがこれほど強く反対をしているにもかかわらず、それを一顧だにせずにアメリカにこびる基地づくりに励む。この一連のやり方も、安倍という男の反民主主義・ファシズム傾倒をあらわに示しています。
 安倍政治の根幹は、アメリカの“要請”という名の「指示」を忠実に実行することです。そのアメリカの「指示」は、ワシントンの中枢ではなく、極めて偏ったジャパン・ハンドラーズと称される連中からの“要請”です。要請とはいうものの、これまでの実績からみれば、強制力をともなった「命令」と言えるものですよね。
 アメリカ自体が、「9.11」のあと、極めつけの悪法である「愛国者法」などを制定して、盗聴はもちろん、市民の民主主義的な権利をやすやすと踏みにじるファシズムの傾向を強めてきました。
 こうした状況のもとで、経済が停滞を続けるなら、さらにファシズムの傾向を強め、ついには本当に戦争に突入する事態になりかねません。
 必要なことは、10年先、30年先、50年先を見据えた「日本の改革」です。生き方を変える。地球という星と仲良く暮らせる生き方を編み出す。そのために懸命に努力する。
 安倍政権では無理です。私たち自身がみずから変わり、政治を主導する。そして、人類の未来の在り方を先取りする生き方を生きることにしましょう。そのために、まずは安倍政権をつぶしましょう。できる。絶対にできます。



https://news.blogmura.com/ ←にほんブログ村 政治ブログ
_(._.)_(^_-)-☆にクリックよろしく、お願いします。
                  「植草一秀の『知られざる真実』」
 

                              2015/09/08
                           

ペテン師政治屋を排除する政界浄化運動

               第1240号

   ウェブで読む:http://foomii.com/00050/2015090815102728576
   EPUBダウンロード:http://foomii.com/00050-29204.epub
────────────────────────────────────
9月7日(月)午後1時30分より、

東京地方裁判所101号法廷で、

「TPP交渉差止・違憲訴訟」

の第1回口頭弁論が開かれた。

TPP交渉を差し止めること

TPP交渉の違憲確認

損害賠償

の三つを求める訴えが提起され、裁判が開かれている。

本ブログ、メルマガ、ツイッターでの呼びかけに多くの主権者が呼応してくだ
さった。

「誰かが変えてくれる」から「自分たちで変える」

に主権者が意識を大変革しつつある。

88席の傍聴席の傍聴を確保するために、250名の主権者が参集くださっ
た。

この主権者の熱意、TPPに対する怒りが、東京地裁に対する大きなプレッ
シャーになることは間違いない。

日本の権力の腐敗、権力の暴走に対しては、主権者が立ち上がり、主権者が具
体的な行動を示してゆくことが何よりも大事である。

暴政のおかげで、眠れる主権者が、ついに目を覚ましたと言うべきなのかもし
れない。



TPP交渉は、日本の国家主権を奪うものであるだけでなく、国民の知る権利
をも侵害するものである。

さらに、何よりも問題なのは、TPP交渉が国民生活に与える多大な不利益で
ある。

安倍政権は2012年12月の総選挙で、

ウソつかない!

TPP断固反対!

ブレない!

日本を耕す!!自民党

と大書きしたポスターで選挙戦を戦った。

その安倍自民党が選挙から3ヵ月後の、2013年3月15日に、TPP交渉
への参加を表明した。

ペテン師としか言いようがない。

近年日本政治の最大の特徴は、この手のペテン師が横行していることだ。

見るに堪えない惨状だ。

大阪では、この秋で政治家を辞めると宣言した市長が、新党を結成することを
表明した。

新党創設と「政治家をやめる」ことは根本的に矛盾するが、この矛盾、ペテン
をメディアが叩かない。

叩かないどころか、この市長の政治活動を積極支援している。

メディアの堕落が日本政治の転落、暴走をもたらす大きな要因になっている。

国民生活の根幹を破壊するTPP差し止めを求める訴訟に、250人もの主権
者が傍聴券を求めて列をなしても、メディアが一切報道しない。



メディアがメディアとしての責務を放棄して、単なる御用機関に堕してしまっ
ている。

メディアが堕落したペテン師政治屋を批判するどころか、逆に持ち上げる。

開いた口が塞がらない。

このメディアが、2012年12月の総選挙に向けて創り出したのが、

「第三極」

という虚構だった。

当時の政界は、

第一極=民主党

第二極=自民党

第三極=国民の生活が第一

だった。

本家民主党の公約を破壊し、政権を乗っ取ったクーデター勢力が当時の民主党
を占拠した。

民主党を割って出た「国民の生活が第一」が、本家民主党の政権公約を堅持し
た正統勢力であった。

この「国民の生活が第一」が数の上で第三極の地位にあった。

民主党と自民党との間に政策上の相違はあまりなく、「国民の生活が第一」が
対峙する明確な政権公約を示していた。

この正統派主権者勢力だった「国民の生活が第一」が順当に再躍進していれ
ば、その後の日本政治はまったく異なる道をたどったはずだ。

しかし、それは、取りも直さず、日本の既得権勢力の没落、危機を意味した。

だからこそ、「国民の生活が第一」は既得権勢力の総攻撃を受けた。

ここから、日本の転落が加速した。

そして、安倍暴政の狂気が日本を覆い尽くし、いまの惨状がもたらされてい
る。

この危機を打破して、もう一度、主権者による権力掌握を実現しなければなら
ない。



2012年12月の総選挙に際して、日本のメディアは史上空前の暴挙に突き
進んだ。

それが、虚構の「第三極」捏造である。

当時の真実の第三極は「国民の生活が第一」だったが、メディアはこの正統勢
力を破壊し、虚構の第三極をねつ造した。

この巨大犯罪とでも言うべき暴走がいまも継続されている。

「国民の生活が第一」

勢力が順当に拡大していれば、菅直人政権、野田佳彦政権によって汚濁された
日本政治には清流がよみがえったはずだ。

しかし、メディアは、この正統派勢力をせん滅するために総力を注いだのであ
る。

理由は単純明快だ。

日本政治を「既得権のための政治」から、「主権者のための政治」に転換させ
ることを目指す「国民の生活が第一」こそ、汚濁した日本の既得権勢力にとっ
ての最大の脅威だったのだ。

日本の既得権勢力は、既得権勢力を打破しかねない

「国民の生活が第一」

を破壊することを目標に動いた。

野田佳彦氏が、2012年11月に衆院解散を決めた最大の理由もここにあっ
た。

野田氏が目指した最優先課題は、

「国民の生活が第一」

のせん滅だった。

年を越すと、この新党が多額の政党交付金を受領する権利を獲得する。

その前に解散総選挙を実施して、この新党の財源を断つことが最優先目標に置
かれたのである。



メディアが実行したことは何であったか。

当時のテレビメディア報道の内容を精査すれば、事実が明瞭に浮かび上がる。

橋下徹維新を、日本の堕落メディアが総力を注いで誇大報道した。

NHKは、連日連夜、「第三極」のキャッチフレーズを冠して橋下維新を宣伝
し続けた。

他方で、「国民の生活が第一」報道を、全面的に画面から排除した。

ホテルニューオータニで開催された「国民の生活が第一」の結党記念パー
ティーには、「維新結党パーティー」を超す支援者が詰めかけた。

しかし、維新結党パーティーを大々的に誇大報道したメディアは、国民の生活
が第一の結党パーティーを一切報道しなかった。

さらに、各党の政権公約発表を大きく報道したメディアは、「国民の生活が第
一」の政権公約発表を一切報道しなかった。

生活の党結党記念パーティーに日程に合わせて、石原慎太郎東京都知事が知事
辞任を発表し、メディアは、石原辞任だけを報道した。

生活の党公約発表の日には、中央高速で笹子トンネル崩落事故が発生し、生活
の党公約発表を排除した。

トンネル事故は安倍自民党が提案した「国土強靭化政策」の恰好の材料として
使われた。

こんなに都合よく事故が発生する確率は億分の一にも満たないだろう。

事故には人為的な匂いが濃厚に漂う。



こうしたメディアによる選挙介入、選挙妨害によって、生活の党は議席を大幅
に減少させ、虚構の橋下維新が多数議席を獲得した。

背後には、米国の策謀が見え隠れする。

米国は、鳩山由紀夫政権誕生のような「危機的状況」を二度と引き起こしては
ならぬ、との強い意志を確認していると思われる。

そのために目指しているのは、自公と第二自公による二大勢力体制の構築だ。

民主党から正統派主権者勢力を排除し、対米従属を鮮明にした悪徳民主党と、
米国が創設した捏造勢力であると言える維新を合流させて、第二自公勢力を創
設するのである。

この目標があるからこそ、捏造橋下維新勢力を、相も変わらず喧伝しなくては
ならないのだ。

後藤謙治という御用政治評論家がいるが、週刊ダイヤモンドに連載する政治コ
ラムで、懸命に橋下支援の文章を記述する。

住民投票で敗北し、年内に政治家を辞めると宣言した時点で、この人物の政治
的生命は終了している。

当たり前のことだ。

それを、いまなお、「劇場型政治」などと持ち上げて、影響力の維持に注力す
る。

背景に、米国の意向、安倍政権の意向があることは明らかだ。

汚物臭が蔓延する日本のメディア情報空間が広がっている。



主権者は日本の政界の表舞台からペテン師を排除するべきだ。

ペテン師の横行は、日本政治を汚濁し、腐敗させる重要な原因になり、百害
あって一利なしの結果をもたらす。

住民投票に負けて、政治家を引退すると宣言した人物の居座りを絶対に許して
はならない。

一筋の光明が見え始めたのは、主権者の一部がはっきりと覚醒し、積極的な行
動を始動させたことだ。

国会を12万人が包囲し、TPP交渉差止違憲訴訟に、多数の国民が足を運
ぶ。

このような草の根民主主義を否定する橋下徹氏に、主権者の本当の力を見せつ
けてやらねばならない。

この勢力を、二度と立ち上がれないように、主権者が正当な手段をもって意思
表示することが絶対に必要だ。

ペテン師の横行、メディアの汚濁、権力の暴走を、止めることができるのは、
主権者だけである。


■コメント、うそつき病がはんびこむアメリカという著書が出版されたのは、
2004年である。デービット・カラハン著である。その本の表紙にお「公平さも
なく誠実さもなくしてしまった。この国では正直者は生き残れない。」と記されていた。
今や、その流れが日本においてはびこっているのが実情のようである。

https://news.blogmura.com/ ←にほんブログ村 政治ブログ
_(._.)_(^_-)-☆にクリックよろしく、お願いします。



全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事