ここから本文です
「仕方がない」!「やむをえない」!だけでは、政治は動かない、一人でも発言していくことだ!真実 を本音の言葉でずばりと言うブログ!

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

                  「植草一秀の『知られざる真実』」

                             2015/09/09

日本政治刷新本丸は衆参選挙での勝利だ

               第1241号

   ウェブで読む:http://foomii.com/00050/2015090915390628596
   EPUBダウンロード:http://foomii.com/00050-29224.epub
────────────────────────────────────
95日もの大幅会期延長を行った第189通常国会が9月27日に会期末を迎
える。

暴政を繰り広げる安倍晋三政権は、この国会で安保法案=戦争法案を強行制定
しようとしている。

日本国憲法は国権の最高機関として国会を位置付けているから、国会の決定に
は重みがある。

国会が決定することを否定することは容易でない。

国会は基本的に数の論理で動く。

安倍政権与党は衆院の3分の2、参院の過半数を占有しているから、

暴政

が可能になる。

暴政を阻止するためには、最終的には、国会の議席構成を変えるしかない。

来年夏の参院選、そして、いつあるか分からない次の総選挙に向けて、戦略、
戦術を練ることが何よりも重要になる。



国会は国権の最高機関であるから、強い権能を持つ。

しかしながら、国会の多数議席を占有していれば、何をやってもよいというわ
けではない。

日本国憲法は国民主権を明記している。

日本国憲法前文には、

「主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する」

と明記されている。

安倍政権の政治を

「暴政」

と呼ぶのは、安倍政権が強行に推進する政策に、

主権者の多数が反対の意思を表明している

からである。

国会の多数議席を占有していれば、何をやっても構わない、

憲法解釈だって変えて構わない

というのは、大きな間違いである。



安倍政権はこの国会で、

憲法が禁止している集団的自衛権行使を容認する法律を強行制定しようとして
いる。

8月30日には、12万人もの主権者が国会を包囲して、戦争法案阻止を訴え
た。

デモに参加したのは、この法案に反対する主権者のごく一部である。

氷山の一角だ。

目に見える12万人の下に、巨大な主権者の塊がある。

これを軽視する、蔑視する者は、民主政治の基本さえ理解していない馬鹿者で
ある。

主権者がなぜ自発的に立ち上がっているのか。その意味さえ理解できないの
だ。

安倍政権は参議院審議が十分に行われていないのに、審議を打ち切り、

9月15日(火)に中央公聴会を開催し、

9月16日(水)にも、参院委員会で強行採決する構えを示している。

15日に中央公聴会を開くことに賛成したのは、自公の与党だけでない。

日本を元気にする会、次世代の党、新党改革

も賛成に回っている。

戦争法案可決を支援している政党が、自公両党以外にも存在することを、私た
ちは明確に認識しておかねばならない。



この緊迫する国会情勢のなかで、

明日、9月10日(木)午後6時から、

衆議院第一議員会館多目的ホールにおいて、

オールジャパン平和と共生=AJPaC(エイジェイパック)

https://www.alljapan25.com/

主催

テーマ別勉強会vol.2「戦争法案を許さない!」

が開催される。

講師は

伊藤 真 氏(弁護士・伊藤塾塾長)
小林 節 氏(慶應義塾大学名誉教授)
(50音順)

である。

小林節氏は、政局の潮目を変えた、6月4日の衆議院憲法調査会での「安保法
案は違憲」の陳述を行った憲法学者の一人でもある。

伊藤真氏は、昨日9月8日の平和安全法制特別委員会で参考人として意見を後
述した憲法学者・弁護士の一人である。

伊藤氏は参考人質疑で

「安保法案が憲法上許されているのか否かの議論が十分なされているとは思わ
ない。

法案は国民主権、民主主義、憲法9条、平和主義、立憲主義に反する。

直ちに廃案にすべきだ。」

と述べた。

明確かつ説得力のある論陣を張っている。

9月10日(木)のテーマ別勉強会に、一人でも多くの主権者が参加し、主権
者の力で戦争法案を阻止してゆかねばならない。

日本政治を「戦争と弱肉強食」から「平和と共生」に変えるための市民連帯運


[オールジャパン平和と共生]は、

10月8日(木)午後6時から総決起集会を開催する。

一人でも多くの主権者の参集を広く呼びかけて欲しい。

10月8日(木)午後6時

東京永田町の憲政記念館

[オールジャパン平和と共生]総決起集会

https://goo.gl/1bSMvY

運動への賛同表明(ニックネームも可)は

https://www.alljapan25.com/approval/



安倍政権は国会多数議席を占有しているが、主権者多数の支持を得ていない。

片肺政権と言ってよい。

2014年12月14日の総選挙で、自公の与党が獲得した得票率は

24.7%に過ぎない

(比例代表、主権者全体を分母とした絶対得票率)。

自民党単独の得票率は、

17.4%に過ぎない。

自民単独では主権者全体の6分の1強、

自公の与党全体でも主権者全体の4分の1弱

の直接支持しか得ていない政権なのだ。

だから、政権運営においては、謙虚な姿勢が必要なのだ。

広く主権者の考えを吸収し、主権者の意思に沿う政治を実現することを目指す
べきだ。

それが、国民主権に根差す政治のあり方だ。

ところが、安倍政権は、国会の多数議席があれば、何をやっても構わないとい
う姿勢を示している。

たしかに、国会は国権の最高機関であるから、国会が強い権能を持つことは当
然である。

しかし、そのことだけを盾にして、主権者多数が反対する政策を強行すること
は、

「数の横暴」

である。

民主主義の原理を踏みにじる暴挙と言わざるを得ない。



安倍政権与党が国会議席の多くを占有している責任は、野党の側にもある。

野党の一部は政策公約がはっきりしない。

民主党などは、

「シロアリを退治しないで消費税を上げるのはおかしい」

と声を張り上げて選挙を戦った者が、

「シロアリを一匹も退治しないで消費税増税を強行決定した」

のである。

こんな政党が、主権者から見捨てられるのは当然のことである。



また、国会での議席数を確保するには、現行の選挙制度の特性を十分に踏まえ
る必要がある。

現行選挙制度では、一つの選挙区から一人の当選者しか出ない制度が広く採用
されている。

衆議院の小選挙区、参議院の1人区だ。

この選挙制度を踏まえると、選挙に際して、何よりも重要なことは、候補者を
絞り込むことだ。

政治で何よりも大事なのは、

政策

である。

主権者から見れば、良い政策が実行されるなら、それをどの政党がやっても変
わりはない。

どの政党が実施しても悪い政策は悪いし、良い政策は良いのだ。

問題は、主権者が「良い」と考える政策を主張する候補者が、一つの選挙区に
複数立候補することだ。

こうなると、必ず主権者の投票が割れる。



自公が多数議席を占有している最大の理由は、自公が選挙に際して、

「一選挙区一候補者」

の原則を徹底して実行していることにある。

これに対して、自公と対峙する政策を掲げる候補者が複数立候補すれば、ほと
んどの場合、自公が勝ってしまう。

このことに対する反省と、対策なしに、

「主権者の政治確立」

を唱えても、実現するわけがない。

どうすれば良いか。

答えは単純明快である。

主権者が求める政策を明示する候補者を、一つの選挙区でただ一人選定するの
だ。

そして、その候補者に主権者の投票を集中させる。

明示しなければならない政策公約は

原発阻止・集団的自衛権行使阻止・TPP阻止

そして、

格差是正(基地問題含む)

この4つの政策パッケージを確約する候補者

これが、オールジャパン候補者の絶対必要条件である。

これに該当する候補者を、一つの選挙区でただ一人選定する。

複数候補が存在したら、事前投票などをして、一人に絞る。

党派にはこだわらない。

共産党でも維新でも構わない。主権者にとって大事なのは「党派」ではなく
「政策」だからだ。



基本公約で合致しない候補者が複数立候補することは大歓迎だ。

この候補者は、必ず、自公候補者と票を食い合うことになるからだ。

政策基軸・超党派・主権者主導 で

主権者のための政権を

必ず樹立しよう。



https://news.blogmura.com/ ←にほんブログ村 政治ブログに
( ^)o(^ )(^^)/_(._.)_☆ミにクリックしてね。

2451 ・山本太郎氏の生命が狙われている⁉

2015-09-09 09:20:35 | 政治
おはようございます。
生き生き箕面通信2451(150909)をお届けします。
・山本太郎の生命が狙われている⁉
 安倍晋三という男が日本の総理大臣を続けることになったそうですね。日本の民主主義も大したものです。その安倍という男がひそかにながら最大の緊急課題に急浮上させたのが、「山本太郎は目障りだ。なんとかならんか作戦」とみられ、「ヤマタロ」の身が心配されています。
 「生活の党と山本太郎となかまたち党」の元からの代表は、小沢一郎氏だから抜かりはないでしょうが、貧乏世帯の小党であってみれば、「ヤマタロ」に専属セキュリティ隊を張り付けるのも大変です。まずは本人自身に、慎重の上にも慎重な行動を望みます。
 安倍晋三氏がもう一つ、ことのほか気にしているのが、山形市長選とみられています。今週末の9月13日が投開票日ですが、当初楽勝とみられていた自公推薦候補が野党4党(民衆、共産、生活、社民)の推薦候補に急追され、予断を許さない状態まで肉薄されてきた。
 日刊ゲンダイ(9月7日付け)によると、野党候補の梅津庸成氏(48)の出陣式には、国政選挙を含め山形始まって以来の3000人が集まったそうです。吉村美栄子・山形県知事、市川昭男・山形市長も駆けつけ、大いに盛り上がったとか。選挙戦の争点として、梅津候補は「山形から安倍首相の暴走を止める」と現在の安保法案を上げ、元防衛官僚としての専門知識を踏まえたうえで、「国連の軍縮会議を山形に誘致する」政策も掲げています。
 片や、自公候補の元経産官僚、佐藤孝弘氏(39)は、安保法案を争点とすることから徹底して逃げまくり、もっぱら「中央とのパイプ」をウリにしています。なんのことはない、山形を中央官庁の単なる下請けに差し出す「乞食(こじき)県政」を、これからの時代にもやろうというのです。中央官庁の役人だった輩(やから)を引っ張り出してくれば、所詮、中央にシッポを振る県政になり、これからの新しい時代に地元に優しい県政は無理です。
 その佐藤氏は前回も立候補しており、その分、名が売れているので、はじめは15ポイントほどリードしていたそうですが、最近ではほとんど横一線にまで追い詰められているという分析も。
 投開票日は13日(日)で、その週明けからいよいよ安保法案の採決の週です。山形の市長選は一地方の小さな選挙ですが、時期が時期だけに、安倍という男には気になる。
 日本でも謎の死は、いくらでも起きています。日本の優秀とされる検察陣も、政治がらみは隠してはばからない。小沢一郎氏ほどになれば時の権力側も容易には手を出せないでしょうが、ヤマタロ氏はどうでしょうか。危ない。虎視眈々と狙っています。隙あらば、「プシュッ!」です。そうでなければ、何かはずかしい事件をでっち上げて、社会的に葬る。小沢一郎氏は、検察と最高裁のでっち上げ事件と国策裁判で社会的に葬り去られかけました。いま、日本で一番危ないのはヤマタロ氏です。何もないことを祈るばかりです。


https://news.blogmura.com/ ←にほんブログ村 政治ブログに
( ^)o(^ )(^^)/_(._.)_☆ミにクリックしてね。
「末期的な感じがする」自民総裁の無投票再選で、小沢代表
小沢一郎代表、山本太郎代表は9月8日、国会内で定例記者会見を行い、統幕長発言問題、安保法案審議、安倍総裁無投票再選、岩手県議選などに関する質問に答えました。記者会見動画はこちらから。


YOU TUBE


https://news.blogmura.com/ ←にほんブログ村 政治ブログに
( ^)o(^ )(^^)/_(._.)_☆ミにクリックしてね。




全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事