風の彼方へ

若者もすなるブログといふものをアラカンのヲバサンもしてみむとてするなり

うつうつ記録

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全127ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

自分だけじゃどうにもできないことに直面している。
助けてほしいけれど、誰も助けてくれない。
人間関係を構築してこなかった自分が悪い。
で、苦しくて苦しくて苦しくて…毎日息苦しい。


日曜日なのを忘れて郵便物を取りに行った。
当然、ポストは空っぽ。
ありやりゃ…と思いながらエントランスを抜けようとしたら、そうね、60代くらいのご夫婦が買い物帰りの様子で玄関を入ってきた。
ごあいさつして、エレベーターに同乗して、聞くとはなしに聞こえてくるさりげない会話。

ああ…私、全然人としゃべってない。

仕事していたときは、おひとりさまが苦になったことはなかった。
でも、休職して、毎日毎日ひとり。
モナナに話しかける、映画にツッこむ、ひとりごと。
それだけ。

ともだちがいなくても、つれあいがいなくても、別に苦だと思っていなかった。
でも、今日、エレベーターの中で、すごくひとりで生きていくことがつらく感じた。
さりげない会話、思いついたこと、感じたことをしゃべる相手がいない。
そういうことなんだ。

毎日、毎日続く曇天。
連日の80%前後の湿度。
こころにカビが生えてきている感じ。
じめじめと、カビ臭を放つこころ。










大丈夫、こんなみじめな気持ちはいつかは乗り越える。
…と思うけど、今は消えたいくらいつらい。

イメージ 1

扶養家族がいてよかった。




https://dog.blogmura.com/dachs_smooth/img/dachs_smooth125_41_z_tulip.gif

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

体調不良

昨日の面接の疲れなのか、昨夜は久々に眠れなかった。
頓服の眠剤を飲んでも寝付けずに、かなり夜中になってようやく眠れた。
そのせいか、今日、起きたら13時。
一日が半分終わっている。

なにもやる気が起きず、だらだらと映画を観て過ごした。

転職サイトは様々あるけれど、いろいろ登録しても希望に沿わない情報を送ってくる。
メールでのやり取りを希望しているのに電話をしてくる。
一度お会いして…って言われるけど、転職サイトの人に会う意味が分からない。
職探しはやっぱり大変。
連休になって、企業との連絡も中断。
16日にならないと問い合わせの返事も来ない。



なんか、疲れた。


https://dog.blogmura.com/dachs_smooth/img/dachs_smooth125_41_z_tulip.gif

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

107〜119

映画狂の日々は継続しています。
好きな俳優、
ジョン・キューザック
キアヌ・リーブス
トム・クルーズ
ハリソン・フォード
ニコラス・ケイジ
他々…
これらの俳優の出る映画を観ると、こんなのもあるよってプライムが教えてくれるので、ついついとね。
基本的に無料のものから観ていますが、どうしても観たいのはレンタル。



107、コン・エアー(再見)
キューザックとニコラス・ケイジ、二人ともかっこよい。脇の役者さんたちも個性派ぞろいだし、観ていて飽きない。

108、世界遺産(オーストラリア・ニュージーランド編)
まあまあ…

109、刑事ジョン・ブック(目撃者)
ハリソン・フォードが若くてかっこいい。アーミッシュの生活ってローラ・インガルス・ワイルダーの生活をほうふつさせるものがあって、別の意味でも興味深く面白かった。こういう映画のほうが時代を超えてここに残る気がする。ちなみに30年ほど前の映画。

110、ハイ・フィデリティ
キューザックのダメ男?ぶりが、本人の告白も交えて展開される。でも、いろんな表情のキューザックがみられてファンとしてはひたすらうれしい。もう、ストーリーはどうでもいい感じ。しかし、服のダサさはどうにかならないのか?ってくらい…知らないBGMばっかりだけど、「伝説のチャンピオン」でよっしゃー!!とはしゃぐシーンがチョ〜カワユス。

111、Street Kings (再見)
二度目だと、ツッコミどころもちらほらだけど、キアヌがかっこいいからすべてどうでもいい〜!

112、隣人は静かに笑う
怖すぎる〜!ってか、子どもを助けてあげたのに家庭崩壊(自分も妻も死亡、子どもは親戚に引き取られる)で、爆発は予定通り行われて、まったく報われない最後にやるせない気分になる。

113、The Client
少年のハラハラドキドキシーンの連続。1ドルで弁護士を請け負ったスーザン・サランドンがいい味出してます。

114、COP CAR
このクソガキめら〜!!につきますが、どんな悪いことしたんだ?ケビン・ベーコン、それにしても情けない役。口ひげがあまりにも似合ってなくて、こんなケビンは…と、寂しくなった。

115、狼の死刑宣告
復讐ってやっぱり際限ないメビウスの輪になるんだ。でも気持ちとしてはわかる。前回のケビンのカッコ悪さにがっかりしていたのですが、こっちはいい。普通のおとうさん役で、息子を殺されても司法が裁いてくれないことで…うっかり?復讐してしまってからは、悪い奴らと戦争状態突入。

116、ア・フュー・グッドメン
トム・クルーズ&ケビン・ベーコンが出ているってだけでウハウハ。調子いいカル〜いあんちゃん?から、真実を追い求める立派な人物に変化していく過程が面白い。

117、フローズン・グラウンド
キューザックが変質者…ううう、悲しい。17人もレイプして殺害だなんて…ちなみに実話を基にした映画だそうです。

118、ブラッド・マネー
何らかの不正なお金を持って逃げるキューザック。落としたお金のバッグを見つけて奪う若者三人(といっても奪う気マンマンなのは女だけ、一人は反対し、一人は女の言いなり状態)と、取り返そうとするキューザック。またしてもなんだか間抜けでかっこ悪い役…結局お金は女が奪って逃げ去る…ようですが、拾ったお金を横領するその根性、そのために友人ふたりが死ぬのも厭わず殺人もやる…女は怖〜い…

119、ハングリー・ラビット
司法ってそんなに機能しないのか。でも、こんな市民組織があったら私ならいやだ。報復感情はわからなくはないけれど。代理殺人ってなあ…結局リスクもしょわされる。


https://dog.blogmura.com/dachs_smooth/img/dachs_smooth125_41_z_tulip.gif

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

映画記録

7月になって、朝から晩まで映画漬け…というのは減ったけど、でもまだ観ている。

92、ローグ・アサシン
ジョンは端役?でした。FBIにチャイニーズマフィアに日本のやくざも絡んでこれまた殺しまくり。ラストが予想外でした。

93、砂上の法廷
キアヌに惹かれて…最後のどんでん返しっぷりがハンパなくびっくりした。

94、ローンサバイパー
アフガニスタンでの実話を基にしたとのこと。

95、ニューオーリンズトライアル…再び
二回目なので、以前より細かく見られました。陪審員制度って日本にはないものだからよくわからないですが、何事もお金で動く、と言うのはこの後に観た映画にも。

96、ヴェンジェンス
警察官で、レイプ事件に無力なニコラスが法廷(弁護士がお金で買われた)に愛想を尽かし?犯人4人をあの世に送ってしまう。やり方はまずいけれど犯人たちが被害者を脅したりしてやりたい放題なのに憤激しながら観ていたので、ちょっと納得してしまった自分が怖い。アメリカの刑務所ではレイプが行われていると言うのはアメリカ映画を観ているとよく聞くセリフ。しかし、自分たちはレイプしておきながら刑務所でレイプされるのは嫌だって、勝手な男どもめ!

97、レフト・ビハインド
私は無宗教なので根本がよくわからない。飛行機は何とか無事に着陸できたけど、消えてしまった人はやっぱり二度と戻っては来ないのか。キリストが何をしたのか、したかったのか不明。



今日は通院日。
その後、お中元の手配や役所の雑用を片付ける予定なので、これから出かけます。
団体交渉が終わり、職場は退職することになりました。


https://dog.blogmura.com/dachs_smooth/img/dachs_smooth125_41_z_tulip.gif


開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

今日でおしまい

89、イヤー・オブ・ザ・ドラゴン
ジョン・ローン、かっけ〜♥上映当時(1985年とのこと)私も20代前半の乙女でした。ジョンのカッコよさにどきどきしたことと、中国産もやしが怖かったことを思い出した。主役はミッキー・ロークで、この方もカッコよいけれど私の好みではない。

90、13時間ヘンガジの秘密の兵士
実話を基にした映画。プライムで見かけたので鑑賞。戦争ものはやたら人が死にまくるので、こういうのを毎日見ていると精神衛生に良くないかも。なんか、もうやめて〜と思いながら観てて、もう観たくない。

91、ビッグ・ママズ・ハウス
↑上記映画で心が荒んだので気分直しにドタバタしたのを鑑賞。有料なら観ないけど時間つぶしにはいい。


こんな生活止めなくちゃ。
明日、7月からは規則正しい生活をして、映画は1日にできれば1本、2本までにする。
モナナの散歩に行く。


そういえば、ジョン・ローン、最近映画に出てないね。ネットは便利でこんな記事を読んだ。
ラストエンペラーより孤独な人生か…
<引用>
誰からも愛されず母の愛を知らずに育ったジョンは、精神的に不安定になりやすいと自己分析しており、一人でいることが「何よりもリラックスできる」そう。誰かが横に寝ているのも苦痛で、それが恋人であったとしても嫌なのだとか。自分が親になることにも自信が持てず、恐らく生涯独身だろうと過去のインタビューで何度か語り「死んだ後も墓はいらない」とまで言い放っています。
 仕事には貪欲ではないジョンですが、中国大洋网のインタビューで「私は作品を通して人々と会話をする。役に深くのめり込めれば、それだけ深くファンと繋がることができる」と、変わらず彼を愛してくれているファンと、今後、もっと深く繋がりたいとコメント。再び大ブレイクする日も、そう遠くはないかもしれません。

この記事から10年近く。私も今でもジョンのファンです。
ということで、本日の見納めは「ローグ・アサシン」92本目。
何故か悪役が多いジョン…



https://dog.blogmura.com/dachs_smooth/img/dachs_smooth125_41_z_tulip.gif

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全127ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事