全体表示

[ リスト ]

原発の発表って?

大前けんいちさんが 最初の回で言っていた事が
事実である事が 1ヶ月たって やっと公表された
経済だけではなく 大前さんは前職が原発の設計に
携わっていて しかも 世界的な研究会での見解も
良く知っている
なぜ?浜岡の1、2号機が停止させたのか?
寿命より 安全性に問題があって 設計図が無く
運転されていた事実も隠されている
しかもアメリカから導入されたのだが その会社は
とうの昔に潰れて 設計図や配管図 などが無く
それでも 動いていたのです
さて、今回は?
設計図はあるのですが さて?緊急時の電源に
火力発電所の小さい物を設置してあれば・・・
動力源になったかもしれない
提案していたのは 大前氏なんですが すべての
原発事業者はそれをしなかった!!
外部電源?それと、ワット数の違いなど 判っていたはずなのに 日本対応にしなかった などなど・・・・
さて?東電と、中電では 転勤での経験で中電より
電気料が東電の方が 明らかに安いのです
1キロワットの使用料金が大きく違うのです
それは、今回の原発の建屋を1箇所に幾つも作ると
安上がりなのですね
でも、これから・・・時間は情け容赦なく過ぎていきますが 人間の出来る範囲を超えている
本当は軍部処理班とか軍部車両での片付けでないと
追いつかないのではないだろうか?
訓練を積んでいるエキスパート(国際協力)を
もっと 受け入れて欲しいのです
当然、交代でしなければ 体が持ちません
現場の方のご苦労には言葉にならない敬意の念と
感謝しています
すべての原発を近くに持つ地域は今、他人事では
ありません
早くから、退避地域の設定など 風向きによる範囲など
大前氏は言っていた。すべては 当たっている!!
残念だが すべて判っていたのですね
毎週1回の放映ですが、それをユーチューブでも
流しています
さて 専門家はどうしたらいいのか?
判りやすく 私でも判るような解説をしています
次の放映の中身をもっと 現場の人達に知らせて
欲しいです
あまりにも東電その他の発表がいい加減で
しかも嘘ばかりで 真実に近いのは?
大前氏の解説ではなかろうか?と、私は思っています

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事