全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全483ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

遺品整理まだまだです

遺品整理!
まだまだです。そんな中、被爆手帳が
出てきました。昔、バケツで事故と言うのがありましたが、その時研修中に被爆していたのが判りました
時々、冗談のように僕被爆手帳持ってるから!なんて、いうから、本当に事故に
遭っていたなんて思わなかった。
それは、濃いエンジ色で簡単なカード
でした。国は保証はしてくれません
外部にも知らせません。公務員の守秘義務と言う言葉一つで片付けられます
原子力発電所の検査に入ると、何も鳴らないようにした器械を持たされ、排水口は全国どこの原発でも海に流されているから熱帯魚が住みついている。
日本は島国、なんの資源もありません
すべては外国から船で運ばれます
その外国船を長い間検査や航行など
管理仕事をしていたのです

昨年の台風23号、24号は名古屋港を
襲いました。自宅に帰った時に
いかに、今年の台風の対応が大変であったか!と、いつもは、弱音を吐かない
弟が定年早めようかな〜!
少しのんびりしたい!って話をしたのが
亡くなる1週間ほど前です
これって、労災なんじやないかと、私は
過度なストレスの連続、どうすればいいのだろう?裁判所に手続きをすればいいのか?ちなみに、当時の総務部長は
浜松方で、弟と付き合いがあったらしい。携帯電話の履歴を見たら、会社から帰った後も会議の後の話などを携帯で仕事していたようだ。だから、定刻帰宅にはなっている。 納得行かない!
公務員だって人権もあるし、過度のストレス続きは体に害がある!
どうしたら、いいのか?どこに、相談すればいいのか?私には判らない
心の隙間、納得のしようがないのが現状です

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

先日57歳の若さで実弟が
亡くなりました

心臓の不整脈での突然死で、官舎の布団の上での
突然の出来事でした
国交省の部下が、警察と消防を呼び、ガラスを割って部屋に入ってくれたのですが事切れていて・・・
私は連絡を受け名古屋の千種署に、一通りの
事件性が無いことと、画像診断をする事を
了解して、総務の方々が駆けつけてくださいました
怖いと言う部下と、配慮があったと言ってくれる方々に
通夜、葬式共沢山の見送り頂き、私は東大出の皆様
の前で、気丈にも泣きたくなかった。泣けなかった
ご挨拶もしっかり出来た
きっと、弟がおねいちゃん頼むよって言っている気が
して、で、私はあまりのショックに汗が出ない!
何故か心理的な物だと言われましたが
まだまだ、送るのには49日など忙しくしております

心の隙間、弟の仕事の判断の重要性、国の機関として
大阪の様な事故にもせず、鉄道を止め、船を沿岸から離し 空の便も止め無事やりきった事を褒めてあげたいと思います決定権を持つ立場の重責はかなりの負担だったと思います

幸い一緒に仕事をしてきた人達が、優しく心使いをしてくださいますのがありがたいです

我が家では冗談ばかりの弟の笑顔が忘れられません
きっと、時間が解決してくれるのでしょう

私の宿命と受け止めて地道に歩いて行こうと思います

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

どうにもならないこと

最近、私の生き方、判断、思うように進まなくて、それでも、手仕事をすることで、逃げているな!って、思っています

考えてもどうにもならないこと、すべきことはすべてやった!つもりですが
ままならなかった残念です
内容は申し上げれませんが
心残りは、事を知って助けてあげられなかった法律の壁
私自身、先日胃潰瘍、びらんなど、まだ大腸検査も残っています
色んな事が、言えない苦しみ懺悔後悔
至らなったけど、私の立場ではどうしようも無かった。でも、楽しかった日々、私の腕に飛び込んで来た時に、ハグした
感触暖かさは心に残っています
そして暖かく見守り応援していきたいと思っていますが、相手のある事ゆえ、それも
どうなるのか?話が判ってくれる感性のある人ならば現在に至らなかった
私の判断と言うより、生き方の判断が間違っていたのかも?良かれと思って
頑張って丸く収まるように笑顔でいたけど
今、泣き言ですね
反省するべきは、自己反省をしたいと思っています
あまり泣き言わない私ですがあえて
心を開きたいと思っています
どうにも出来ない辛さってあるものですね

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

4センチもの大きな腫瘍がl背中に入っていたのです。上を向いて寝られらかったはずです。その後毎日、家のことを主人の定年と共に、もう、重い洗面器が持てる体ではなくなってしまいました。心臓も狭心症は見つかって、治療中です。
楽しかったランチュウの会を諦める事になりました。現在は、主人も肺がん検査を受けたのですが、肺がんではなくて良かったのですが肺気腫と、肝硬変などで聖隷浜松への同行や自分の病院めぐり、孫達囲まれて、毎日、忙しく過ごす中、和服を着ないので、解いて、太ってしまった私用の洋服を作っている。ボチボチとしています、最近はお友達にプレゼントしたり出来るほどに、なりました。でもらんちゅうが好きなので、家の前の大きな1条の水槽には、いいのはいませんが、飼っています。昨日はダウン症の書道家金沢翔子さんの、「日本一大きな般若心経の」見にってきました。浜松龍雲寺に大きなお経が常設されて、当日は本人とお母様が、サイン会を開いていたので、すかさずお願いしました、カレンダーを買って裏にサインを貰い。翔子さんの心の雑念のなさに素直な心を感じ取り、自分自身を恥ずかしく思いました
足も弱って運動不足の私は見る影もなく11号からj15号へ、エキゾの長毛種(ある意味チンチラか?)を、ブリーダーさんから求めて家族の一員として、私を母のようにしたい、餌をねだる、ねだられて(^O^)夫婦2人の生活の姫になっています

ガーデニングも草取りが精一杯です。畑には30本を主人の友人から頂いて植えました

これから寒くなりますので皆様もお気を付けください

今までは中々仕事d中で会えなかった友人達も退職の時期、近場の友人と親交をふかめております

そうそう、先日カインズの新装開店で、ゆびのこ。さんに出会いました。女の方でカメラウーマンと共に全国を回ってDIY。インテリア作りの作り方の初心者でも出来る用に本をだしたのです。  20年若かったら・・・・できたかも?

(^O^) ノー天気さは変わらない私です。ご心配おかけいたしましたが、現在の状況をご報告します。

着なくなった着物、買い取っても二束三文です。いらない物がございましたら、ローズエコにプレゼントしてくださいね(笑)

開く コメント(3)

開く トラックバック(0)

母の本籍地である広島の今回の
 
災害を見て、心よりお見舞い申し上げます
 
戦前、祖父の仕事の勤務地、警察関係で
 
東京にて産まれた母でしたが、その後
 
今の地域浜名湖に近い所に住みつくまで
 
東大阪など色んな所に転居致しましたが
 
広島には、祖父祖母の本籍地であり
 
親戚も多く居たと聞いております
 
都市部に居た親戚は、ほとんど
 
戦争時に他界・・・・
 
田舎に住まいをしていた方々が残り
 
旧苗字の方々は きっと、会った事の無い親戚?又はどこかで血縁関係が
 
あったのかもしれないと思うと
 
本当に、悲しい出来事です
 
元気であれば、ボランティア出来るのでしょうが・・・足手まいになるのが
 
目に見えて居るので、何も出来ないでいるのが、もどかしくもあります
 
特に「渡邊」姓の方々、元気でおられることを  願っております
 
渡邊綱 一門の方々が見ていたら
 
ご連絡ください
 
大阪南部地域にもおられると思います
 
本家は、現在、途絶えて居ますが
 
金太郎で童話に出てくる坂田金時を
 
足柄山から京都に連れ帰りましたのが
 
わたなべのつな です
 
母は最後の直系子孫でしたが
 
外戚の身分を戦争時、隠し、その後
 
復帰を拒否致しました
 
戦争時、アメリカ兵から守るため、
 
天皇家の外戚でもっと過去の血筋維持のため、当時の軍部が、隠したそうですが
 
私が30歳頃、1代だけの復帰手続きをしてくださいました
 
それは、戦争時、学徒動員にて新居の
 
軍、将校だったかたのお陰でした
 
途絶えたとされた、渡邊姓の本筋が
 
見つかった事は、隠した本人が、調査し
 
私を守ってくださいました
 
父も他界していた為、父代わりをしてくださいました。
 
女系ではありますが、天皇家の姫様を
 
何代か迎えた家系だそうです
 
父代わりをしてくださった方の名は
 
ご迷惑かけてはいけないので、伏せますが、色々調査出来るものですね
 
東京の仕事から、広島の実家の旧地名
 
まで、しかし、今では地図にも載っていません
 
ただし、本籍簿はとってあります
 
同門の方が 被害にあっていませんように・・・
 
また、被害に遭われた方々へ
 
まだ、眠れない日々があるかと思いますが、国などの手厚い支援を 
 
 
心よりお願い申し上げたいと思います

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

全483ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事