過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

先日の話

先日、循環器・内科のいつもの先生が
 
「青魚沢山食べないと、中性脂肪が
 
高すぎるから、いわし、さば、さんま、などを
 
沢山食べるように」
 
と言われた。
 
「サバ大好きだったけど、突然アレルギー
 
になってしまって、食べれないのですよ」
 
この話から、例の茶のしずくと言う
 
石鹸のお話をしてくれた
 
ある種のたんぱく質が口から入るのではなく、肌(皮膚)から入ると、拒絶反応を
 
起こして、ある一定の量になると
 
アレルゲン物質が攻撃を始めたのが
 
アレルギー症状で様々な、症状を
 
引き起こした事が判明したって話です
 
小児のアトピーも同じ原理で、第一子より
第2子からの方が発症率が多かった。
 
しかし、それがどうして?原因が判らなかった。しかし、この度の症例で
 
ある種のたんぱく質が、小さな離乳食の
 
時期に、口の周りなどや手などの皮膚に
 
付いたまま、これを繰り返すことで
 
アレルギー発症の原因だと判ったのだそうです。
 
「お孫さんいる?気をつけてね」
 
そう言われてみれば、確かに私の
 
第2子は1年で保育園へ入れた
 
確かに少しのアレルギー反応がある
 
私自身も第1子ですが、父が長男で
 
一番下の弟は私と7歳違うだけ、14人家族の頃、大事な時期を過ごした
 
しかも、大家族で父方祖母が、今で言う
 
脳溢血?なのか?半身不随でベットで
 
自宅での看病状態だったので、母は
 
2人の子供に対して手が回らない状態の
 
時があった。
 
「そうだったのか?」
 
確かに、周りを見ても第2子、離乳食時代
 
もしくは小学校へ行く前に、保育園育ち
 
子沢山、などが多い
 
泡立ちが良い石鹸が今、もてはやされて
 
泡で洗う!っていうタイプが多く出回って
 
居るのですが、必ず泡を潰さない為には
 
ある種のたんぱく質物質を加えて
 
泡が長持ちさせる効果があるのだそうです。網目の専用スポンジで泡立てて
 
使うタイプを使わないでください!と、
 
言われた。皮膚から吸収する!って
 
少なくても、毎日蓄積されると危険だと
 
症状は様々で、特に小麦粉アレルギー
 
頭痛、耳鳴り、など色んな人が居るそうです
 
茶のしずく石鹸で、そんな症状が出るなんて、最初は判らなかった。どんどん、
 
製造番号でその時期の石鹸を使っていた人を詳しく調べたら、出てきて、研究機関も、驚いた!
 
けれど、小児科、皮膚科の先生には
 
今まで判らなかった事が一気に判明して
 
対処の仕方も、事前に気をつける事が
 
大事だと、事件?で、本気に調べた事が
 
多くの人に知ってもらう事で、ならなくても良いアレルギーに対処出来れば
 
いいよね。
 
お孫さんのいる方、乳児の頃から
 
口の周り、手の汚れは、すみやかに
 
綺麗にしてください
 
私のように、なってからでは・・・
 
大変なんです
 
そして、青魚の成分のお薬を試しながら
 
飲んだら?
 
大丈夫でした
イメージ 1

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事