拝啓 ワンニャン様 〜健康と幸せを願って〜

皆さんのコメントは1つ残らず拝見いたしております!お返事はできないことが多いのですが、応援よろしくお願いします★☆

全体表示

[ リスト ]

犬の嗅覚について♪

イメージ 1

少しずつ、ペットアロマ講座を行っていきます♪
初心者でも分かりやすいページにしていけたらと思っていますので、もし興味持っていただけたらコメント宜しくお願いします(●^o^●)

まず、「嗅覚の鋭い犬にアロマを使っても大丈夫なの?」という疑問の持つ方って結構いらっしゃると思うので、「嗅覚って何?」というところから入っていきたいと思います。


(嗅覚って?)

鼻の中の鼻粘膜にある嗅細胞が臭いの分子(芳香分子といいます)をキャッチし、そこにつながる嗅神経が興奮して刺激を電気信号によって脳に伝えて、脳が臭いを感知します。

鼻の中の鼻粘膜→嗅細胞→嗅神経→脳(大脳辺縁系)→大脳嗅覚野→臭いを認識

嗅覚は、鼻粘膜の広さと嗅細胞の数によって決まります。
例えば嗅細胞の数について、人では約500万個なのに対し、犬では約2億個と言われています。

犬は人より鼻粘膜の広さと嗅細胞の数両方とも多いため、嗅覚に優れているのです。
(臭いを嗅ぎとる能力は人の100万〜場合によっては1億倍とも言われていますが、文献によって異なります)

何倍かきちんと特定できない理由としては、犬の犬種、年齢、体調、臭い分子の細かさ、性質(きつい、やわらかい等)によって嗅覚の感度が変わってくるためではないかと考えられます。

例えば、人で嗅ぎとれるコップ1杯分の臭い分子を100万倍に薄めても嗅ぎとれる、との話もあります。

100万倍といったら、私たち人間の想像を遙かに超える感覚でしょうね・・。


(犬の臭いの嗅ぎ方)

犬の臭いの嗅ぎ方は、大きく分けて2つあります。

間接タイプ→地面に残った獲物の臭いを嗅ぐ
直接タイプ→空気中に漂う獲物の臭いを嗅ぐ

例えば、ポインター等は、鳥を撃ち落とした後の居場所を知らせるのが仕事ですから、空気中に漂う臭い分子を感知しなければなりません。

逆に、ビーグル等、キツネやウサギを追う犬種の場合、地面についた足跡を嗅いで獲物を追います。

また、シェパードも、犯人の足跡の臭いを嗅いで追い詰めていくという訳ですネ☆


まとめるとこうなります・・

・間接タイプ・・・ビーグル、シェパードなど
・直接タイプ・・・ポインター、セッターなど

どちらにしても、嗅覚というものは犬にとって主に「狩りを行うための手段」として重要な感覚となっています。


・・・次号へつづく・・・(猫の嗅覚について説明します)

ブログランキング参加中!!
下のアドレスを是非是非、クリックしてくださいネ(●^o^●)
https://www.blogmura.com/ ←にほんブログ村

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事