拝啓 ワンニャン様 〜健康と幸せを願って〜

皆さんのコメントは1つ残らず拝見いたしております!お返事はできないことが多いのですが、応援よろしくお願いします★☆

全体表示

[ リスト ]

米ミネソタ州のメイヨー・クリニックの研究者らが、蛍光たんぱく質の遺伝子を組み込んだ「光る猫」を誕生させた。

学術誌「ネイチャー・メソッズ」電子版で発表した。

研究チームは、猫の後天性免疫不全症候群(AIDS)を遺伝子レベルで予防する研究の過程で、猫の卵母細胞に、ウイルスを使って緑色蛍光たんぱく質(GFP)の遺伝子を挿入した。3匹の子猫が無事に成長し、暗闇で特定の波長の光を当てると、GFPが発現している全身が緑色に光った。

GFPは、ノーベル化学賞を受賞した下村脩博士が光るクラゲから抽出するのに初めて成功。生命科学では、狙った物質を追跡しやすくするためGFP遺伝子を組み込むことが多く、すでに光るハエやマウス、豚などが生まれている。

9月13日(火) 読売新聞






これには驚きました!

この研究では、クローン羊のドリーを生みだした体細胞核移植という技術を利用したそうです。
遺伝子の研究は非常に速いスピードで進んでいます。
以前は、遺伝子検査や遺伝子治療と言われると高度医療機関でしか行えないようなイメージがありましたが、今や検査機関も発達してきましたので、一般の動物病院でも遺伝子検査を行われることが普通になってきました。
研究目的として緑色に光る猫を誕生させるためではなく、元々は猫エイズウイルスへの免疫力を持たせるために研究を始めたとのこと。
クラゲの持つ緑色に光る遺伝子を組み込んだのは遺伝子操作していないコとの判別をしやすくするためであったそうです。
今後は人のエイズ患者への遺伝子治療に役立てたいとのことですが、必然的にニャンコへの治療の応用が期待されますね。

人と同様、ニャンコにもエイズという病気があります。
AIDSとは、Acquired immunodeficiency syndromeの略語で、後天性免疫不全症候群と言われますが、主にエイズウイルスの感染によってリンパ球(CD4+T細胞)が壊されることによって免疫機能の低下が生じます。

人ではHIV(Human immunodeficiency syndrome)と略されますが、ニャンコではFIV(Feline immunodeficiency syndrome)と言われています。

両者とも、レトロウイルスという同じ仲間のウイルスですが、細かい構造は異なるので、ニャンコがエイズウイルスに感染しているからといって、飼い主さんに移ることは基本的にはありません。

外で飼われているニャンコの感染が多く、主に喧嘩で傷を負ってしまうと移されてしまうリスクが上がると言われています。
ウイルス検査は動物病院で簡単に行えますので、気になる方は検査したら良いと思います。
動物病院ではエイズウイルス陽性のニャンコを比較的よく見ます。
(10頭検査して1〜2頭くらいの割合)

症状は非常にゆっくり進行するのが特徴なので、ウイルス検査で陽性だったからといってすぐに深刻な状態になるわけではありません。
免疫系の異常により、下痢などの消化器症状や口内炎、鼻炎や結膜炎、皮膚病を何度も悪化させたりします。
その後、さらに進行すると慢性腎不全や難治性の口内炎を起こして徐々に痩せて亡くなってしまうパターンが多い印象を受けています。
この病気を防ぐ方法としてワクチンが開発されていますが、効果がまだ不十分ですのでよっぽど感染のリスクが高いと思われた場合にしか飼い主さんにはおススメしていません。
発症したら治療法にも進行を食い止める有効な手段がないので、症状に応じて薬を使う方法しか今のところありません。
新たな治療法が確立されるまでにはまだまだ数十年くらい?時間がかかると思われますので、まずは感染しないようにニャンコを外には出さないようにするなどの工夫が必要だと思われますネ。

一言いっていただければ転載可能です。


ご質問に対しては記事を通してお答えさせていただいております。
少しでもお役に立てれば幸いです!

=== ご訪問ありがとうございます ===
日本ブログ村ランキング 代替療法部門 現在9位!!

https://health.blogmura.com/daitai/
'''↑
確認してみてください(^^)y-.o○ ランキング見れるョ=★★'''
そして、できたら毎回クリックお願いしますmm 
励みになりますmm

ブログ村のページに飛ぶことでカウントされますmm






閉じる コメント(3)

顔アイコン

こんばんは、
我が家のマロ(女の子)も生後3カ月の頃、検査しました
結果は陰性でホットしました、以降、基本家の中で遊んでいます、時々窓、ドアを開けた時、出てしまう事が、有りますが、すぐに家に入ってきます、他の猫と接触は無いと思いますが、定期的に検査が必要ですか?。

2011/9/15(木) 午後 11:35 [ るふらん ] 返信する

顔アイコン

るふらんさん

結果が陰性であって他のニャンコと接触がないのであれば、定期的に検査をする必要性はないと思います。
ただし、外に出て他のニャンコと接触する可能性があれば行った方が良いと思います。

2011/9/17(土) 午前 3:13 ros**eaf10* 返信する

ありがとうございました家から出ても、大体、隣の部屋の窓からすぐ入って来るので大丈夫かなありがとうございます。

2011/9/17(土) 午後 6:22 [ るふらん ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事