拝啓 ワンニャン様 〜健康と幸せを願って〜

皆さんのコメントは1つ残らず拝見いたしております!お返事はできないことが多いのですが、応援よろしくお願いします★☆

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]


米国で著名ブロガーの死亡が相次ぎ、「デジタル時代の労働搾取」と話題になっている。
ブログがメディアに匹敵する存在に成長、24時間労働を強いられているケースも多い。
日本国内でも「ドクターストップ」が出た著名ブロガーもいる。
今やブログ運営はハードワークなのだ。

*****************************************

著名ブロガーの相次ぐ死亡を挙げて、「デジタル時代の労働搾取」
と報じたのは2008年4月6日のニューヨークタイムズ。

記事によれば、Russell Shaw、Marc Orchant、Om Malikといった著名ブロガーが
心臓発作や血栓症などで相次いで死亡。

公式な診断書では「ブログ」が死因とはされないものの、
周囲でブロガーの劣悪な労働環境の危険性がささやかれているというのである。

米Digital Media Strategiesの織田浩一代表はJ-CASTニュースに対し、
「多くの日本のブロガーはブログで食べているというわけではないですが、
米国では主たる収入源にしているブロガーが多いんです。

『24時間戦えますか』の世界で、既存メディアや他のブログに対抗するために
スピード感が求められています」
と米国のブログの現状を説明する。

米国ではすでにブログが通信社に匹敵する存在にまで成長している。
そこで、収入を稼ぐためにブログ同士や既存メディアとの激しい競争が
繰り広げられているというわけだ。

国内では、米国並みの激しい競争が繰り広げられているわけではないが、
「アジャイルメディア・ネットワーク(AMN)」がメディアとしての
価値の高いブログを集めたブログネットワークを作るなど、日本でも
ブログの価値をメディア並みに高めようとする動きがあるという。

「ドクターストップ」がかかった著名ブロガーが国内にもいた。
自身のブログのページビューが年間950万ほどにまで成長した
経済学者の池田信夫さんは、
「プレッシャーはありますよ。月間100万アクセスを超えた辺りから、
寝られない日が続き、医者にブログをやめろと言われて…。

もう、どうしようもないコメントやスパムとかノイズが凄く飛んでくるんですよ。
私はこういったものについて気にしない方なんですが、
さすがにストレスになってきています」
と明かす。

池田さんは、ストレスを抱えながらも、雑誌に掲載されるよりも
社会的に影響力のある情報をいち早く掲載できるメリットがあるとして、
ブログの運営は続けていく意向だ。

2008.4.10 J-CASTニュースより


皆さんもブロガーですよね!!(*^_^*)
ブログを楽しむだけなら良いのですが、逆に更新などの作業に縛られて
疲れてしまうことってありませんか〜?

この前、ランキング上位のとあるブロガーの記事で、「ネタがなくて
ちょっとつらいなぁ〜」と書いてありました…(^_^;)

情報を得るのにはとっても便利なツールですが、毎日毎日パソコンと向き合って
いる生活を送っていると、やはりどこかで生活のゆがみが出てきてしまうようです><

電磁波の影響も馬鹿にできないと聞きます><
ネットばかりやっていると、運動不足にもなりますし(;_;)/~~~
(↑私のことかぁ〜?笑)

ブロガーの方、体調管理には気をつけてくださいネ!!

***************************************

ブログランキングのクリックを宜しくお願いします!!
クリックはコチラ代替療法

いつもクリックしてくださる方、ありがとうございます☆★
なかなかご訪問できていなくてごめんなさいmm



 

開く コメント(11)

この前セミナーでお知り合いになった方から、
ある映画をご紹介されました★★

その方は、動物愛護に関してとても関心のある方で、
そういった方面に関しては私なんて足元にも及びませんから、
一緒にお話させていただいて、大変勉強になりました(●^o^●)

そこでお勧めされた映画の予告編です!!
(屠畜現場が含まれますので、そういう映像が苦手な方は
ご覧にならないでください…><)

「いのちの食べかた」約2分


私はこの映画を拝見し、改めて考えさせられました。


今の世の中、物質的に豊かであるがために不要に殺傷される動物たちが
後を絶ちません・・・
それは、皆さんご存知の殺処分されるペットの他に、
スーパーやコンビニなどで売れ残り捨てられる命の数々があります・・・

食べ残して簡単に捨てられる命たち・・・
戦前ではもっと大事に食べられていたはずです。

皆さんは、食卓に毎日並べられている穀物・野菜・肉・魚・卵などが、

どのようにして運ばれてきているか、ご存知でしょうか?


肉食禁止!などと言うつもりはありません…。
けれども、現代日本人には、命をいただく有り難味をもっと感じる必要が
あるのではないかなぁと思いました。
(それは、自分自身にも当てはまることなのですけれど…><)

「いただきます!」という言葉の意味が分かります


この映画は、お勧めです★

ご興味の持たれた方はコチラ⇒いのちの食べかた
(公開している映画館を知りたい方は、牛の腰の部分「theater」をクリックしてください)

******************************************

ためになった!という方へ♪♪
ブログランキングのクリックを押してくださいmm
宜しくお願いします!!
代替療法

いつもクリックしてくださる方へ♪♪
ありがとうございます☆★
なかなかご訪問できなくてごめんなさいmm
時間のある時にまたお伺いしますので、これからも応援を宜しくお願いします(*^_^*)

開く コメント(10)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事