拝啓 ワンニャン様 〜健康と幸せを願って〜

皆さんのコメントは1つ残らず拝見いたしております!お返事はできないことが多いのですが、応援よろしくお願いします★☆

ワン・ニャンQ&A♪

[ リスト | 詳細 ]

♪現場で受けた患者さんからの質問集♪
記事検索
検索

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]

Q.
ニャンコにも血液型があると聞きました。
どんな血液型があるのでしょうか?


A.
ヒトの血液型はA型、B型、AB型、O型の4種類がありますよね。
ニャンコの血液型にはそこからO型をはずした、A・B・AB型の3種類があります。


また、ニャンコにも品種がたくさんがありますから、種類によって血液型がおおかた決まる場合もあります。

例えば、シャム猫、アメリカン・ショートヘア、日本にいるMIXニャンコでは殆どA型と言われています。

B型のニャンコもたまにいると言われていて、AB型が一番少ないそうなのですが、実際に血液型を調べてみると、B型よりもAB型の方が多いような印象を受けています(たまたまなのかもしれませんが)。


近年、日本でも輸血を行う機会というのは増えてきています。
獣医療が発達してきて輸血の必要な病気を発見できるようになりましたし、輸血の方法についても確立されてきたからだと言えます。


しかし、実際には輸血するために必要な血液が得られにくいという問題点はまだ残っています。

以前は輸血用の血液バンク施設があったのですが、残念ながら倒産してしまいました。
(その後、動物が不衛生な環境で飼われていたことが判明し問題になりましたね)
http://www.geocities.jp/la_cioccolato/blue_cross.htm


輸血するために動物を施設に収容しておくというのも、倫理的に問題が発生しやすいのであまり好ましい方法とは言えません。
そんな背景もあり、今では輸血が必要になった場合には、動物病院で飼っているワンニャンから血液を採取するという方法が多いと思います。
また、一部の動物病院では日ごろから来院している飼い主さんにご協力を得て、献血を行うというケースもあるようです。
(献血プログラム☞http://www.vm.a.u-tokyo.ac.jp/vmc/sub5.html


アリスどうぶつクリニックでも、飼い主さんに献血を呼びかけています。
動物病院にいるワンニャンだけでは、やはり血液型が合わない場合もあるので、対応には限界があるからです。
AB型のニャンコに輸血をしたくてもAB型の血液がない場合、A型の血液で代用できますが、A型ニャンコに輸血したい場合はA型の血液しか輸血できませんし、B型ニャンコの場合も同様です。

献血にご協力いただいたワンニャンにはサービスもしております。
血液検査・健康チェックもできるので、献血する側の飼い主さんにもメリットはたくさんあります。


また、人では血液型によって性格を判断できるなんて言われますね。
例えば、
A型は几帳面
B型は自由奔放
O型は大ざっぱ
AB型は二重人格

なんてよく言われ、とくに男性よりも女性の間で話題になります。
(こういった話題には、なぜか男性はあまり興味を示しませんネ・・)


ニャンコにも当てはまるのでしょうか?
そんな研究があれば論文でも読んでみたいところですが・・・


なさそうですネ(~_~;)


ちなみに、うちのニャンコはふたりともB型。ちょっと珍しい。

B型ニャンコの場合は、貧血になると大変です。
適合する血液自体が少ないし、まだまだ献血してくれる飼い主さんも少ないので、B型血液は手に入りにくいのです。

しかしうちのニャンコの場合は二人とも同じ血液型なので、どちらかが輸血が必要な事態になった時は、相方ニャンコに助けてもらえそうです。



イメージ 1

↑今現在、こちらの画像がPCの壁紙になっています♪

でも、性格は正反対です(笑)
同じB型でも・・。
ちーちゃんはKY(空気読めないコ)、まーちゃんは空気を読むコです(*^_^*)




ご質問に対しては記事を通してお答えさせていただいております。
少しでもお役に立てれば幸いです!

=== ご訪問ありがとうございます ===
日本ブログ村ランキング 代替療法部門 現在17位!!

https://health.blogmura.com/daitai/
'''↑
確認してみてください(^^)y-.o○ ランキング見れるョ=★★'''
そして、できたら毎回クリックお願いしますmm 
励みになりますmm

ブログ村のページに飛ぶことでカウントされますmm



Q.
ワンコとニャンコを同時に飼いたいと思っています。
できれば一緒に遊ばせてあげたいと考えているのですが、万が一喧嘩をしてしまったらそれも困ってしまうので、どうしようか悩んでいます。
一緒に仲良くできるものなのでしょうか?


A.
ワンコ同士でも、ニャンコ同士でも、相性が合えば仲良くできますし、悪ければ喧嘩をしてしまう場合があり、様々です。
ワンコとニャンコだから、ということではなく、結局は同じ生き物であっても相性によって仲の良さが決まります。
相性は飼ってみなければ分からないことですが、それでも一緒に遊んでくれる可能性を高める方法はあります。
それは同じ年齢のコ同時に飼うことです。


どちらかが先に家で暮らしていると縄張り意識ができますので、後に家に連れてこられたコの方が最初は居心地が悪くて大変な思いをすることがあります。
(先に家に住んでいるコが温和なコならまだ良いのですが・・)

また、年齢が離れていると一緒に遊ぶことが難しいケースがあります。
1歳未満の若いコと10歳以上の高齢のコでは運動量や新しいものへの好奇心もかなり異なりますから。


人でも、年が離れすぎていると話が合わない・・という意見が聞かれますよネ。

例えば、70歳の大人が本気でおままごとを楽しんでいたら、それは完全に頭がおかしいのではないかと常識的に思われますね。
年齢が変われば興味の方向性が変わるのはワンニャンでも同じことです。
ですから、年が離れすぎていると一緒に遊ぶことは難しくなります。
(絶対にできない訳ではありませんが)


このように、ワンニャンでも年齢によって遊び方が異なりますので、できれば年齢の近いコどうしで飼われた方が一緒に遊んでくれます。
年齢の離れたワンニャンを飼われている場合では、喧嘩をしないまでもお互いに興味なしという関係が多いのではないでしょうか。


顔を合わせるたびにワンニャンが怒ってばかりというご家庭もあるようですので、慎重に選びたいところですね。

☟ワンコとニャンコが楽しく遊んでいます。



一言いっていただければ転載可能です。



=== ご訪問ありがとうございます ===

ご質問に対しては記事を通してお答えさせていただいております。
少しでもお役に立てれば幸いです!

日本ブログ村ランキング 代替療法部門 現在5位!!

https://health.blogmura.com/daitai/
'''↑
確認してみてください(^^)y-.o○ ランキング見れるョ=★★'''
そして、できたら毎回クリックお願いしますmm 
励みになりますmm

ブログ村のページに飛ぶことでカウントされますmm

Q.
ワンコとニャンコにも血液型ってあるのでしょうか?
また、輸血を行うこともあるのでしょうか?



A.
血液型はもちろんあります。
ご存知の方も多いかもしれませんが、ワンコには13種類、ニャンコには3種類の血液型があることが分かっています。



ワンニャンでも輸血を行うことはあります。


●交通事故などで大量の出血があった場合、
●腫瘍などが原因の出血
●血が止まらなくなる病気
●さまざまな貧血 など・・


きちんと血液を作れる場合は行わないケースも多いのですが、やはり出血の量が多すぎて血液を作っていてもその量が間に合わない場合や、どんどん赤血球や血小板が壊されたり血液が減ったりして貧血が命にかかわるほどひどい状態まで落ち込んだ場合には、輸血を行うことを選択します。


この際、血液型があるのですから、もちろん輸血をしてはいけない組み合わせというものがあります。



人でも、以前は「O型の人は全ての血液型の人に輸血をしてもよい」なんて、言われていました。
しかし、何年か前にO型でもA型、B型に対する抗体を持っていることが分かったので、それ以降はなるべくO型の人の血液はA型、B型、AB型の人に輸血しない方が良いと言われるようになりました。


ですので、動物医療の分野でも、もっと医療の研究が発達してくれば、今分かっている血液型以外のものが発見されたり、輸血法も変わるかもしれませんが、とりあえずは先ほどお伝えしたような数の血液型があって、それに基づいて輸血を行っています。


細かくお伝えしますと、
まずワンコの場合、本来は1つ1つ血液型を検査するべきなのでしょうが、日本では細かい血液型を一般の動物病院で検査することはなかなかできません。
ですので、かなり端折って検査をしています。


輸血をする際に要注意するべき血液型についてだけ、陽性か陰性かを調べているということです。



血液型にも、本当は

赤血球型、
赤血球酵素型、
白血球型、
白血球酵素型、
血小板型、
血清酵素型など・・



いろいろあるのですが、輸血で特に重要なのは赤血球型なので、ワンコでは赤血球型の最も重要な型っであるDEA1.1という血液型についてだけ検査しています。



ですから、血液型の表記としては、

DEA1.1(+)か、DEA1.1(−)となります。



皆さんのワンコの血液でDEA1.1型が陽性だったら、殆どのワンコは輸血してもらうことが可能です。
でも陰性だったら、要注意です。
(陰性の場合、1回目であれば大丈夫と言われていますが、2回目以降は危険と言われています)



DEA1.1陰性のワンコの場合、同じDEA1.1陰性のワンコから血液をもらわないといけません。
同じ血液型どうしであれば問題は生じません。



なんだか、細かく説明しても英文字・数字が入って訳わからなくなってしまうかもしれませんが・・・



DEA1.1陽性のワンコの血液をDEA1.1 陰性のワンコに輸血すると、輸血されたワンコの体の中で輸血反応をおこしてしまうことがあると言われています。
(人でも異なった血液型の血液を輸血してはいけないと言われていますネ。それと同じです)



輸血反応というのは、
輸血することによって、輸血された側の赤血球がどんどん壊れて貧血がひどくなってしまったり、血小板も減ってしまって出血が止まらなくなったり熱が出たり吐いたりするような反応のことです。



ワンコの場合、血液型全てをチェックしている訳ではないので、やはり検査をしても輸血反応を起こすことはあります。 


ですが、血液型をまずは簡単に検査してみないと話にならないので、まずは健康な時から検査を行うようおススメしています。


人でも、血液型は前もって検査をしていますものネ!

ニャンコの血液型については、また後日お話しま〜す(*^_^*)
ではまた!





ご質問に対しては記事を通してお答えさせていただいております。
少しでもお役に立てれば幸いです!

=== ご訪問ありがとうございます ===
日本ブログ村ランキング 代替療法部門 現在4位!!

https://health.blogmura.com/daitai/
'''↑
確認してみてください(^^)y-.o○ ランキング見れるョ=★★'''
そして、できたら毎回クリックお願いしますmm 
励みになりますmm

ブログ村のページに飛ぶことでカウントされますmm

「久しぶりのワンニャンQ&A」です(*^_^*)


Q.

ワンコが食物アレルギーと診断されました。
アレルギーの検査をして反応があった食材(アレルゲン)は、鶏肉、牛肉、大豆、牛乳、シシャモ・・でした。
現在、動物病院で療法食をいただいているのですが、市販のフードでもアレルゲンの入っていないものを選んで大丈夫であれば、そちらを与えてみようかと考えているのですが、どうでしょうか?




A.
結論からお伝えすると、あまりお勧めできません。

まず、市販フードの成分表示は当てにできません。
全成分を表示しなければならないという義務が法律上ないため、成分にかかれていない食材が使用されている可能性があります。
実際に、アレルゲンを測定された先生のお話を伺ったところ、牛肉が成分に表示されていないのに牛肉アレルゲンが高く検出されたりして、表示されている成分と実際の測定値が全然一致しないということもあったようです。

市販フードでも、最近では原材料にこだわって産地や防腐剤の表記をきちんとしているメーカーもありますから、そういうフードであれば良いだろうと思われるのですが、スーパーで販売されているような市販フードに関しては、個人的にはあまりお勧めできません。

そういう意味では、手作りごはんが最も信頼できる療法食ということになるのだと思います。

お母さんの愛情もたっぷり!
防腐剤もなしですし、人が食べる食材と同じ質のフードを食べることが可能ですからネ。



食物アレルギーのワンコって、結構多いようです。
そういうコたちは、やはり食事を変更するだけで症状がピタッとおさまります。


以前は、真のアレルギーは少ないと言われていましたが、近年は増えてきているとのこと。
しかし、増えているというか、検査技術が発達してきたおかげではっきりと病気の状態が分かるようになってきたということなのかもしれません。





ご質問に対しては記事を通してお答えさせていただいております。
少しでもお役に立てれば幸いです!

=== ご訪問ありがとうございます ===
日本ブログ村ランキング 代替療法部門 現在4位!!

https://health.blogmura.com/daitai/
'''↑
確認してみてください(^^)y-.o○ ランキング見れるョ=★★'''
そして、できたら毎回クリックお願いしますmm 
励みになりますmm

ブログ村のページに飛ぶことでカウントされますmm



Q.夏になると、いつもワンコの皮膚の状態が悪くなります。
ふけが出たり、赤くなって痒がるので、見ているのも可哀想になります。
どうしたら良いでしょうか?

A.
以前にもお話ししたように、夏は皮膚病が悪化しやすい季節です。
その理由の1つとして、夏では、細菌などの微生物が皮膚で繁殖しやすい環境(高温多湿)
になることが挙げられます。


★以下の対策法を参考にしてみてください(^−^)/


.錺鵐海里い覺超を、なるべく涼しくしてあげましょう!



扇風機や除湿器を使用するのも効果的です。


皮膚を清潔に保つことがとても大事!



毎日、ブラッシングを行いましょう。
そして、フケの程度に応じて、シャンプーをこまめにしましょう!
(シャンプーは洗い残しがないように、よくすすいで下さいネ)

臭いやフケがなければ、3〜4週間に1度のシャンプー。
ある場合は、1〜2週間おきにシャンプーすると良いと思います。

フケが酷い場合は、1週間に2回ほどシャンプーをお勧めすることもありますが、
あまりやりすぎると、皮膚が乾燥してしまい、それによってさらに痒みが
悪化することもありますので、注意しましょう!

そして、

シャンプーよりも洗浄力のソフトな、ナチュラル石鹸をお勧めします☆


合成界面活性剤の含まれるシャンプーは、皮膚に浸透し、バリア機能を壊します。
皮膚の健康なワンニャンでは、それでもバリア機能を回復していきますが、
皮膚病のワンニャンでは、知らず知らずのうちに悪化の要因となっていることがあります。
普通の石鹸でも、十分きれいに洗えるのですョ=☆☆


N票舛平事を心がける


⇒これについては、日頃からお話ししていますね♪
左側の書庫「気になる食事」を参考に・・・!


た紊鬚靴辰りとり、適度な運動(お散歩)を行う



新陳代謝が悪いと皮膚に様々なトラブルを引き起こすと言われています。
ワンコは本来、毎日運動する生き物☆
毎日のお散歩が不可欠です♪
お散歩することによって、精神的なストレスも軽減されるので一石二鳥〜!


ゥ汽廛螢瓮鵐箸効果的な場合も!



治りづらい皮膚病でも、サプリメントによって改善するケースを多く見ています。
(皮膚に栄養が足りていない場合もあるのです)

初心者には、ビタミン・ミネラル・脂肪酸などが総合的に含まれているものを
お勧めします♪
(かかりつけの先生に聞いてみてください♪ 
多くの一般的な動物病院で取り扱っていると思います)


Δ修譴任皀瀬瓩幣豺隋⊆然療法が合うことも!



ワンコによって、合う対処法は異なります。
とにかく、あきらめないこと!
色々と試してみれば、必ず今よりは良くなるはず!(●^o^●)


******************************************

いつもご訪問&コメントをありがとうございますmm
今日も、ランキングのクリックを押して頂けると励みになります♪
宜しくお願いします☆☆

↓コチラ↓

代替療法

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事