拝啓 ワンニャン様 〜健康と幸せを願って〜

皆さんのコメントは1つ残らず拝見いたしております!お返事はできないことが多いのですが、応援よろしくお願いします★☆

ワンニャンNEWS♪

[ リスト | 詳細 ]

♪犬猫に関するニュース、里親情報♪
記事検索
検索

全17ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

ギネス認定の長寿犬がこの世を去る

生存する世界最長寿の犬としてギネス世界記録に認定されていた栃木県さくら市葛城の主婦、篠原由美子さん(42)が飼う雄の雑種犬「プースケ」が5日、自宅で息を引き取った。

26歳8か月だった。老衰とみられる。人間に換算すると125歳を超えるという。

プースケは1985年3月、篠原さんの親戚宅で生まれ、4月1日に飼い犬登録された。
2008年、車の下敷きになって重傷を負い、獣医師から「ダメかもしれない」と言われたが、手術で命を取り留めた。昨年12月、21歳3か月の記録を破り、ギネスワールドレコーズ社から最長寿犬として認定された。

篠原さんによると、5日に体調が急変。毎日欠かさなかった朝ご飯を食べず、午後1時半頃、篠原さんら家族が見守る中、静かに息を引き取った。
4日までは変わった様子はなく、元気だったという。
篠原さんは「26年一緒にいて、自分の子どもみたいな存在だった。今まで生きてくれてありがとう」と話していた。

読売新聞 12月6日(火)より
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111206-00000086-yom-soci



とうとうプースケくんが亡くなってしまいましたね・・。
亡くなる前日までとくに変わった様子がなかったとのことです。
やはり、亡くなる瞬間は苦しいかもしれないけれど、殆ど老衰に近いような状況で亡くなるのが理想ですよね。
これは人であってもワンニャンであっても同じだと思います。

遺伝学を勉強されている先生のお話をお伺いすると、寿命というのはある程度遺伝子の中に情報が組み込まれていて決まっているとのことです。
そう言われてしまうと、ではもう何をやってもダメなのかと言いたくなるかもしれませんが、そうではない面もあります。

例えば、ガンになるような遺伝子を持っていたとしても、それが必ずしも発現されるわけではなくて、どのような環境で生活しているか、どのような食べ物を食べているか、など様々な他の要因も含めて悪い条件が重なってきたときに、ガンになってしまう場合があるということのようです。

・・ということは、生活環境も大切だということなのですね。

ただし、私が最近感じているのは「ある程度のストレスも重要である」ということです。
あまりにも大事に過保護に飼いすぎると、ちょっとした環境の変化にも耐えられずに病気になりやすくなる印象を受けています。

例えば、寒くなるとすぐに下痢をしてしまうとか、引っ越しをしたり飼い主さんが不在になっただけで食欲がなくなってしまうとか・・。

だからといって、急に寒いところで運動させたりすると足の関節や腰を悪くするかもしれません。
急に過酷な環境で生活させるのも病気になりそうですから、何事も適度が良いのだと考えています(^0_0^)

バランスが重要なのですね。
日ごろからの生活習慣を見直してみましょう!
プースケくんを目指して!



ご質問に対しては記事を通してお答えさせていただいております。
少しでもお役に立てれば幸いです!

=== ご訪問ありがとうございます ===
日本ブログ村ランキング 代替療法部門 現在32位!!

https://health.blogmura.com/daitai/
'''↑
確認してみてください(^^)y-.o○ ランキング見れるョ=★★'''
そして、できたら毎回クリックお願いしますmm 
励みになりますmm

ブログ村のページに飛ぶことでカウントされますmm

開く コメント(4)

ギネス認定ワンコが話題になっていますネ(*^_^*)

☞世界一耳の長いワンコがギネス認定!!
http://www.guinnessworldrecords.com/news/video-meet-harbor-the-new-dog-with-the-longest-ears-in-the-world/

http://gigazine.net/news/20110908_dog_with_the_longest_ears/(日本語版)

新世界一耳の長いワンコに認定されたのは、米コロラド州ボルダーに在住の8歳、ブラック・アンド・タン・クーンハウンドのボルダーちゃん。
さすが、アメリカのワンコ。
日本では聞きなれない犬種ですね・・。

耳の長さはなんと右耳が約31cm、左耳が約34.3cmだそうです!

飼い主さんは、あまりにも耳が長いので頭の上に乗せて遊んでいるようです。

飼い主さんとお話していると、よく「ギネス記録を目指して長生きさせます。」と言われることが多いのですが、確かになにかしらの項目でワンニャンが世界一になったら、とても嬉しいことですよね!

みなさんも目指してみてはいかがでしょうか!?

ちなみに、世界一の長寿ワンコはなんと日本の栃木県在住のMIX犬プーすけくんです(1985年4月生まれ)。
世界一の長寿ニャンコはアメリカのカンザス州在住のピンキーちゃんだそう(1989年10月生まれ)。

これを超える長寿ワンニャンがいたら、ギネス登録を申請してみてください。



ご質問に対しては記事を通してお答えさせていただいております。
少しでもお役に立てれば幸いです!

=== ご訪問ありがとうございます ===
日本ブログ村ランキング 代替療法部門 現在10位!!

https://health.blogmura.com/daitai/
'''↑
確認してみてください(^^)y-.o○ ランキング見れるョ=★★'''
そして、できたら毎回クリックお願いしますmm 
励みになりますmm

ブログ村のページに飛ぶことでカウントされますmm




開く コメント(0)

こんなゲームがあるようです(*^_^*)

子供のなりたい職業として、獣医師というのもよく聞かれます。
(女の子に多いようですネ)

お子様にいかがでしょうか〜?




一言いっていただければ転載可能です。



ご質問に対しては記事を通してお答えさせていただいております。
少しでもお役に立てれば幸いです!

=== ご訪問ありがとうございます ===
日本ブログ村ランキング 代替療法部門 現在7位!!

https://health.blogmura.com/daitai/
'''↑
確認してみてください(^^)y-.o○ ランキング見れるョ=★★'''
そして、できたら毎回クリックお願いしますmm 
励みになりますmm

ブログ村のページに飛ぶことでカウントされますmm


開く コメント(0)


ブラジルにある、とある動物病院の紹介です。
人以上に良い医療を受けられる施設として紹介されています。






医療にかかる金額的には、日本とさほど変わらないようです。

生き物を飼うということはお金がかかるということ。
ワンニャンにも、いつかは病気になる時がきますから積立貯金でもしておくと良いのかもしれませんネ。





ご質問に対しては記事を通してお答えさせていただいております。
少しでもお役に立てれば幸いです!

=== ご訪問ありがとうございます ===
日本ブログ村ランキング 代替療法部門 現在9位!!

https://health.blogmura.com/daitai/
'''↑
確認してみてください(^^)y-.o○ ランキング見れるョ=★★'''
そして、できたら毎回クリックお願いしますmm 
励みになりますmm

ブログ村のページに飛ぶことでカウントされますmm



開く コメント(3)

アニコム損害保険株式会社より、こんなプレスリリースがありました!

8月3日は「はさみの日」!!
<ワンコのトリミングに関するアンケートを実施>

ワンコと飼い主さんのカットの頻度は?



ワンコのカットは1カ月に1度(50.8%)。

飼い主さんのカットは2カ月に1度。

飼い主さんよりも、ワンコのカットの頻度の方が多いのですネ〜〜
http://www.anicom-sompo.co.jp/company/news/news_0110729.html



1回の費用について・・

ワンコは5000円以上が45.8%
人(男性)では5000円以上が15.6%

トリミングと合わせてシャンプーを行う飼い主さん・・9割

おしゃれ犬種No.1 は トイ・プードルです!!



また、こんなアンケート結果もありました(*^_^*)



施設を利用する理由は?


スタッフが優しいから・・48.8%
自宅から近いから・・
トリミングが上手いから・・
価格が良心的だから・・
ワンコがなついているから・・
病院なので安心できる・・

などなど。


たいていの動物病院ではホテルやシャンプー・トリミングも扱っていますが、やはり動物病院で行う方が安心できると思います。

意外に、動物病院でただのホテルのつもりだったのが大きな病気が発見されて治療して一命をとりとめた、なんてことが過去にもありました(@_@;)


皮膚病のワンニャンについても、専門的な知識と技術をもつ動物病院で働くトリマーにお任せすることをお勧めします。
シャンプーって、結構技術がいるものです。
とくに皮膚病のコにたいしては、シャンプーすることによって逆に悪化してしまうケースもあります。
ですから、飼い主さんご自身でシャンプーをされることはおススメしておりません。


適切なシャンプー剤を選ぶ際にも皮膚の状態を診て、それぞれのコに合ったものを選択させていただきますので、当院(アリスどうぶつクリニック☞http://www.alice-ac.com/)のシャンプー療法は大変好評を得ています(*^_^*)



よくシャンプーとマッサージをしに来院されている、とてもキュートで甘えん坊なワンコ(♀)です。

イメージ 1







ご質問に対しては記事を通してお答えさせていただいております。
少しでもお役に立てれば幸いです!

=== ご訪問ありがとうございます ===
日本ブログ村ランキング 代替療法部門 現在7位!!


https://health.blogmura.com/daitai/
'''↑
確認してみてください(^^)y-.o○ ランキング見れるョ=★★'''
そして、できたら毎回クリックお願いしますmm 
励みになりますmm

ブログ村のページに飛ぶことでカウントされますmm


開く コメント(1)

全17ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事