拝啓 ワンニャン様 〜健康と幸せを願って〜

皆さんのコメントは1つ残らず拝見いたしております!お返事はできないことが多いのですが、応援よろしくお願いします★☆

プライベートルーム♪

[ リスト | 詳細 ]

♪ふぁん以外の方でも閲覧できるプライベート記事♪
記事検索
検索

趣味のススメ♪

日本人はアメリカ人と比べて、趣味を持っている人が少ないと言われています。
何故か?といいますと・・・

勤勉家が多いから(・o・)

良い意味でも、悪い意味でも、日本人はいつも仕事に追われているのですよね。
家庭よりも仕事が大事?
な〜んて、お話も聞かれますが・・・。

私はアメリカへ研修に行ったことがあるのですが、日本との差を感じたのは

●残業をする人が少ない
●休みを大切にしている

ということでした〜☆★

お店も、夜になるとすぐに閉まってしまいます。
24時間営業のコンビニなんて、ありませんでした。

お仕事のために頑張るのは必要なことですが、頑張り過ぎないために
息抜きも大事ですよね!!
そして、趣味や友達との関わりなどは人間を大きく成長させる
ものだと思っています♪♪

音楽を通じて、分かることがあります。

皆さんは、「音楽」と「スポーツ」と「医療」に共通することって、何だと思いますか?(^−^)/







答えは・・・




全て、チームプレーだということです!!!
(1人で競技する場合も、その陰で支えている方々がいます)

チームの団結力が大切なのです☆★

その根底にあるのは・・・
信頼関係です!!!

いくら知識や技術を磨いても、信頼関係の成立しない医療では、
飼い主さんにとって良い医療とは言えないと思っています。

しかし、
こんなことを言っている私が、いつもいつも飼い主さんと信頼関係をもって
診療ができているかと言えば、そうとは限りません><

私も、まだまだ未熟ものなのです。
そういうことで…

もっと器の大きい人間に成長するためにも、音楽を続けています♪♪
好きだから!というのが1番にありますが〜(^_^;)

☟今の課題曲!ビヨンセの曲「listen」
映画「ドリームガールズ」で歌っていた曲です♪


今の私の課題は「表現力」です(^0_0^)
私の歌は直線的すぎると、いつもトレーナーから言われます〜><

でも、この曲で少し分かってきた気がします♪
幸せで穏やかな曲よりも、怒りや悲しみの曲の方が表現しやすい
んだなぁって。

やっぱり、soul(ソウル)を感じる歌が好きです!
見た目が華奢なので、歌うと「意外な声」と言われます☆★

**************************************

いつもブログへのご訪問をありがとうございますmm
今日も、ランキングの応援クリックを押していただけると嬉しい限りです(^−^)/


ちょっと仕事が立て込んでおりますので、なかなか皆さんのブログへ
ご訪問することが難しくなっています。
ご理解いただけると助かります!

開く コメント(12)

先日、TV番組「奇跡体験アンビリバボー」で、名犬チロリのセラピー活動の
様子を拝見しました!!

セラピードッグとは・・・
ワンコが医療現場に介入して、人の治療を助けるもの。
主に、人の「心のケア」が中心になるようです。

ですから、患者さんの傷ついた心を察知して、癒していく能力のある
ワンコが必要になります。

今回の名犬チロリは、その能力が犬一倍に長けていて、
訓練を始めたのが他のワンコよりも遅かったにも関わらず、
そのワンコたちを追い越して「日本初のセラピー犬」と
なりました(^。^)

どうして、チロリが人の傷ついた心を理解することができたのでしょうか?


それは、チロリ自身が虐待され、辛い思いをした経験があったからだと
私も思います。

自分が乳癌であるにも関わらず、チロリを育てた大木さんがセラピー活動に
参加しようとすると、重い体を持ち上げ、何度もついていこうとしたそうです><

動物病院でも、虐待されただろうと疑われるワンニャンが連れてこられる

ことがあります。


人にもなかなか慣れず、極度に怯えていて顔のこわばっている様子は、
見ているだけで私も辛くなります。

どうしたら、このコを癒せるのだろうか?と、

時には、どう対応したらそのコが精神的に楽になれるのかが、
分からなくなることもあります。
(人との信頼関係が成立していない場合は、治療によってワンニャンを
苦しめている場合もありますので><)

私は、心まで癒したいのです。
(まさに、ホリスティック医療の真髄です)

そして、一生懸命に接していて、心を開くようになってくれた瞬間、
ワンニャンと会話しているような気分になるのです。

今回の番組を通じて、
「ワンニャンは犬猫なんだから、人とは違う生き物。擬人化するべきではない。」と
思われた方がいらっしゃるかもしれません。

しかし、

相手を思いやる気持ちって、相手の立場に立ってみることから始まるのだと思います。


それは、人だからとか、ワンニャンだからとか、区別をつけるのではなく、

痛みを感じる心や
誰かのそばにいたいと思う心や、
思い通りにならない時の怒りの心など、

「感じる心は同じ」だと思うのです・・・

ぜひ、こちらもご覧ください〜♪♪
↓「アメリカ障害犬、初のセラピー犬!」




*************************************

いつもご訪問&応援メッセージを、ありがとうございます!(^。^)
これからも、応援をよろしくお願いします♪♪
↓コチラをクリックしてください↓

代替療法


現在、日本ブログ村ランキング☆☆
「代替療法」部門第2位!!
「健康ブログ」部門第5位!!
皆さんのおかげです(^。^)

なかなかご訪問できなくて、ごめんなさいネ><
コメントをくださった方には、少しずつご訪問させていただいておりますmm

開く コメント(5)

イメージ 1

皆さんのおかげでブログ設立1周年を迎えました♪

いつも応援してくださり、本当にありがとうございます☆☆

始めは自分の身の周りに起こった何気ないことを掲載することから始まりました。

しかし、やり方も分からず挫折しかけたことも…。
ブログの先輩方に質問したり、お世話になったこともありましたネmm

あの時は、毎日更新するのもそれほど続かないだろうなぁと思っていたのです。

しかし、ブログランキングが代替療法部門2位に!!

皆さんの応援があっての上位ランキングでした☆


そのうち、私自身の中に「皆さんの力になりたい!」
「応援してくださる方に恩返しがしたい!」という気持ちが芽生えて…。


そこから、私の中でブログを続けていく原動力が生まれたのです♪


獣医師として、獣医学の知識を身につけることは大切だけれども、
「飼い主さんの求めているものが何なのか?」
この問いの答えを履き違えた診察はしたくないなぁと思っています。

医療は本来、「治療を施す側」ではなく、「施される側」が主体であるべき
考えているからです。

良い動物医療を行うためにはどうしたら良いか?


今現在も模索中です(^−^)/
知識や技術を身につけるだけではなく、飼い主さんの心のケアも
できるような獣医師として成長するために。


そのためには、飼い主さんの率直な気持ちをもっと知る必要があると思っています。

普段の動物医療現場では、飼い主さんの本音を聴ける機会が非常に少ないのです><
(やはり、獣医師相手に本音は言いづらいという飼い主さんが多いようで…)

ブログでは、獣医師としては決して聴くことができないような、飼い主さんの
本音を聴かせていただくことが可能です♪♪
この場で、皆さんの貴重なお話を聴けることを有難く思っています♪

これからも、皆さんのご意見・ご感想を遠慮なくお聞かせくださいネ♪
応援も宜しくお願いしま〜す!!(●^o^●)

1頭でも多くのワンニャンが、健康的で幸せに生きられるために。
飼い主さんが納得できる動物医療を行えるように。
これからも、活動を続けていくつもりです=☆☆

************************************

今日も、ランキングの応援クリックを押していただけると幸いです♪♪
宜しくお願いします(*^_^*)
↓コチラ↓

代替療法

開く コメント(15)


先生は鶏肉を年に3回ほどしか食べません
乳製品全面否定(35万人の腸を見てきての結論だそうです)

基本は「玄米菜食」

「シンヤ・ビオジマ」とは胃腸内視鏡分野の世界的権威である新谷弘実博士が、35万症例の胃腸検診と10万例の食歴・生活習慣の調査から導き出した健康長寿法です。
膨大な臨床結果から「シンヤ・ビオジマ」が生まれました。

酵素を摂取する
Point1 シンヤ食事健康法の実践
・酵素・補酵素を含んだ生の食材の摂取
できるだけ新鮮で生のものをたくさんとること。酵素が体内で充分の働くためには16種類のビタミンと60種類のミネラルがこれらを豊富に含む穀物や果物、野菜、海藻などをできるだけ多くとりましょう。納豆やぬか漬けなどの植物性の発酵食品も必要です。

・植物食85〜90%動物食10〜15%の配分
できるだけ無農薬、有機栽培の植物食が全体の85〜90%、動物食が10〜15%程度というのが理想的な配分です。特に動物食は獣肉類を避け魚を中心としましょう。

酵素の生成を促す
Point2 よい水の摂取
・よい水の条件を満たした水を正しく飲む
よい水は体内酵素や腸内細菌の活性化を促すので、よい水を正く飲むことを習慣づけましょう。

酵素の補給、活性化
Point3 酵素サプリメント・ビタミン・ミネラルサプリメントの補給
・食事で不足する酵素や補酵素をサプリメントにより補う
現代の日本の野菜はビタミンやミネラルの含有量が大幅に減少しているので、サプリメントでの補給が必要不可欠です。

酵素のムダ使いをカット
Point4 コーヒーエネマ、デトックスと乳酸菌生成物質を摂取し腸内細菌を活性化する
・毎日、コーヒーエネマを使って正しい排泄を行いましょう。
コーヒーエネマにより停滞便や有害物質などを排泄することにより、腸内環境をきれいに保ち、腸内細菌の住みやすい環境を整えましょう。

・デトックスサプリメントで有害物質などを排泄
酵素は有害物質を解毒(デトックス)するために、大量に消耗されます。有害物質を排泄することにより酵素の無駄使いを減らす事ができます。

・乳酸菌生成物質で腸内細菌に栄養を与える
乳酸菌生成物質で善玉菌に栄養を与え活性化させましょう。

酵素の活性化
Point5 抗酸化物質、免疫調整物質の摂取
・抗酸化物質・免疫調整物質で免疫力・抵抗力・治癒力を高める
抗酸化物質、免疫調整物質は体内酵素の消耗を減少させることを抑制し、免疫力・抵抗力・治癒力を高めるといわれています。

酵素が働きやすい環境を整える
Point6 適切な運動と遠赤外線器具により適切な体温を保つ
・適切な運動を行う
適切な運動は、基礎代謝、免疫力、抵抗力を高め、体内酵素を活性化させます。

・酵素が活性化する体温の維持
遠赤外線器具などを使用し適切な体温を保ち下がらないように工夫する事が大切です。

酵素の生成・活性化を促す
Point7 乳酸菌生産促進物質で腸内の善玉菌を活性化させる
・乳酸菌生成エキスのサプリメントで補う
腸内環境を良くするには、自らが生まれながらに持っている常在乳酸菌を増やすことが最も効果的な方法です。
これまでの研究によると、常在乳酸菌を増やす効果があるのは、乳酸菌の分泌液と菌体物質そのものだといいます。そこでシンヤビオジマでは、何種類かの乳酸菌から抽出された乳酸菌菌体物質液と菌体をサプリメントとして摂取することが、腸内環境を良くするために有効だと考えています。

転載元転載元: ドクトルかっちゃん[健康にKiss]KissFM89,9MHz

開く コメント(3)

よくこんなフレーズを耳にします。
犬猫の正しい飼い方とは…
犬猫の正しい治療法とは…
犬猫の正しい介護の仕方とは…

などなど

正しいという言葉って、とても分かりやすいものだけれど、
使うには非常に難しい言葉です。

なぜなら・・・

人によって「正しい」という認識が異なるから。

例えば、「ワンニャンにフィラリア予防やワクチン接種を行わないのは、
飼い主として失格だ!」との考え方があります。

これら「飼い主の義務」を怠る場合は、その飼い主の元で飼われている
ワンニャンが可哀想だ!との声までありますよね><

しかし、果たして本当にそうでしょうか?(・o・)


確かに、フィラリア予防やワクチン接種をしないで病気にかかった場合には、
ワンニャンそのコのみならず、他のワンニャンに迷惑をかける事態もありえる
かもしれません。

その場合は、非難されても仕方ないかもしれませんが・・・。

フィラリア予防やワクチン接種をしない飼い主さんにも、言い分があるようなのです。


●副作用が気になるから
●お金がかかるから
●薬を飲ませるのが大変だから
●病院へ連れていくのが大変だから
●面倒だから

等など・・・

きちんと予防を行っている飼い主さんからすれば、どの理由をとっても
正当化されるものではなく、このような理由により予防を行わないのは、
いわゆる「飼い主の怠慢」であると受け取れるかもしれません。

そして獣医師の立場としては、「間違った飼育法を行う飼い主さんは
指導しなければならない」という考え方も分かります。
(⇒私には、このような考え方が一種の押し付けや傲慢に思えてしまうのですが・・・><)

しかし、

「模範的な飼い主」の基準って、どこにあるのでしょうか?

線引きって、とても難しいと思うのです。


●副作用に過敏になっていて、何もしたくないとおっしゃる飼い主さんもいます。
●介護が大変だからという理由で、安楽死を求める飼い主さんもいます。
●お金がなくて治療を制限する飼い主さんも、たくさんいます。


飼い主さんにとっての「正しい飼い方」とは、その人の価値観によって大きく
変わるのではないでしょうか。

そう考えると、一慨に自分の判断基準だけで「この人の飼い方は間違っている!」
とか「この人の治療法は間違っている!」とは言えきれないのではないかなぁと
思う今日この頃です(・o・)

私自身は、飼い主さんとワンニャンが幸せであれば、どんな選択肢を選んでも
良いのではないかと考えています。

自然療法を中心に診察を行っていますが、診察を求めていらっしゃる飼い主さん
全てが、自然療法を求めているかと言いますと、それではありません。

飼い主さんによって、それぞれ求めている治療法が異なりますので、それに
応じて治療方針もオーダーメイドに変えていきます。

本来「正しい治療法」とは、必ずしも「獣医学的に正しい治療法」ではなくて、
「飼い主さんにとっての正しい治療法」、つまり「飼い主さんが満足できる
ような治療法」ではないでしょうか。

「獣医学的に正しい治療法」もある程度は必要ですが、あまりにもそればかりを
求めすぎますと、エビデンス(データ)を集めることに執着するようになり、
ワンニャンが実験台にされる機会が増えていくことにつながります・・・。

それでは、何のための獣医療なのか、分からなくなってしまいます><

人の医療でも、大学病院や癌センターなどでは、実験台にされてしまっている
患者さんが多いと聞きます…。

獣医療の世界では、今のところ医学界ほどそういう傾向は見られませんが、
そのうち変わってくるかもしれません…><

**************************************

いつもご訪問ありがとうございます〜♪♪
いつものように、下の「代替療法」の文字をクリックしていってくださいネ!
皆さんには、いつも感謝しています☆★

↓コチラ↓

代替療法


皆さんから、たくさんのご質問が寄せられています☆
順番にお答えさせていただいておりますので、まだお返事がきていないという方は
もうしばらくお待ちくださいネ(*^_^*)

開く コメント(3)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事