拝啓 ワンニャン様 〜健康と幸せを願って〜

皆さんのコメントは1つ残らず拝見いたしております!お返事はできないことが多いのですが、応援よろしくお願いします★☆

フィラリアについて♪

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

福島県と環境省が、東京電力福島第一原発事故で立ち入りが制限されている原発から20キロ圏の警戒区域内で、飼い主が避難したため放浪している犬の本格的な保護に乗り出した。


専門家によると、野生化した犬は感染症にかかりやすく、区域外に出て病気を人にうつす恐れもあるという。しかし、放浪犬は人を見ると逃げてしまい、餌を仕掛けたワナにも掛かりにくく、保護は難航している。


「きょうも空っぽか」。9月9日、楢葉町の警戒区域内に仕掛けた数か所のワナを確認し、県職員がつぶやいた。


区域内の飼い犬登録数は約5800匹。県は5月10日から8月下旬にかけ、家でつながれていた犬などペット計323匹を保護した。
今月5日からは放浪犬の保護に乗り出し、3匹を捕らえたが、ワナの捕獲箱に入ったのはゼロ。
ボランティアが保護したり、津波や衰弱などで死んだ犬を引いても、数百匹が区域内にいるとみられる。


3月の原発事故から半年が過ぎ、区域内では飼い主が避難した後に生まれた子犬が走り回る。
県職員は「その子犬が出産すれば、孫犬は人を全く知らない野生犬。
何とか子犬世代で捕まえたい」と話す。

国や県の許可を受け、放浪犬を保護してきた獣医師馬場国敏さん(63)(川崎市)は8月中旬、区域内で子猫の死骸を見つけた。
手足には犬に襲われ肉を食いちぎられた痕があった。
約10キロ離れた場所では、馬場さんの姿を見た犬2匹が、山の方に逃げて行った。
馬場さんは「既に野生になっている。
感染症にかかった犬が区域外に出て、人を襲えば病気が流行する危険もある」と危惧する。


:9月16日(金)読売新聞 



警戒区域のワンニャンたちが野放しになって野生化していることは大問題となっています。
本当はもっと早急に対応すべきことだったと思われるのですが、行政がなかなか動きださなかったようです・・。


確かにワンニャンの命よりも人命の方が大事ということは分かるのですが、人は動物と関わり合って生きているという側面もあるので、動物のことを放置しておけばそのうち、それは動物だけの問題ではなく人の生活に直接かかわる問題に発展することは容易に想像できます。


震災や原発事故があってからもう半年がたっていますから、人に飼われていた動物が野生化して増えることによって、その地域の生態系もかなり崩れてきていることでしょう。
生態系の中にはウイルスや細菌などの微生物も本来は含まれます。


人に飼われていた動物が野放しになっているのと、野生動物が秩序を保って生活をしているのとはわけが違いますから、警戒区域では寄生虫やウイルスなどの微生物による感染症も増えていることが予想されます。

そのなかに、フィラリアという寄生虫も含まれます。


人に飼われていたワンニャンの場合、飼い主さんによってフィラリア予防をしていたために感染しなかったのですが、野生化したワンニャンの場合では、誰も薬を投与してくれませんのでフィラリアに感染するリスクが上がります。
ましてや今年は猛暑が連日続き熱中症が相次ぐ事態となっていますから、蚊も同時に大量発生しています。

フィラリアという寄生虫は蚊の体内で増えて、その翌年にその蚊がワンニャンの血を吸ったときに体内へ入る感染力を持つようになりますから、来年以降はフィラリアに感染するワンニャンが増えると予想されます。警戒区域付近に住んでいる方でワンニャンを飼っている場合は、例年以上にしっかりと予防しなければなりません。

また、フィラリアについてワンコだけではなくニャンコについても同様に書かせていただきましたが、実はニャンコにも移ります。
日本ではニャンコでの発生が殆ど見られないために、ニャンコで予防をするという認識がまだ広まっていませんが、アメリカでは報告されていますから、フィラリアが多発するような地域にお住まいの方にはニャンコにも予防をされることをお勧めします。


一言いっていただければ転載可能です。 



ご質問に対しては記事を通してお答えさせていただいております。
少しでもお役に立てれば幸いです!

=== ご訪問ありがとうございます ===
日本ブログ村ランキング 代替療法部門 現在10位!!

https://health.blogmura.com/daitai/
'''↑
確認してみてください(^^)y-.o○ ランキング見れるョ=★★'''
そして、できたら毎回クリックお願いしますmm 
励みになりますmm

ブログ村のページに飛ぶことでカウントされますmm



開く コメント(3)

蚊が増えてきましたネ〜
この前、蚊に刺されて夜に起こされました。


さて、もうこの時期になると、皆さんはフィラリアのお薬を飲ませていると思います。
(まだ飲ませていない方はお早めに!)

フィラリアのお薬については、同じ書庫内で説明をしましたので割愛させていただきます。
今日は、フィラリアのお薬を確実に飲ませることが非常に大事であるにも関わらず、意外に軽視されやすいというお話をします。


フィラリアのお薬の飲ませ方は色々です。


多くの方は錠剤で飲ませていると思いますが、その飲ませ方も千差万別。

●そのまま手で飲ませる
●肉やパンやソーセージに包む
●そのままご飯に混ぜる
●潰してごはんに混ぜる

など。

粉のタイプであれば、殆どの方はご飯に混ぜて与えていると思いますし、おやつタイプであればそのまま与えていらっしゃると思います。

でも、みなさん、

ワンコが
きちんと飲んでいるか、食べられているか、確認していますか?


意外に、「飲めているだろう」と思っていても 「 きちんと飲めていない 」 場合があります。


ここで、注意が必要です。
フィラリアのお薬は基本的に1カ月に1回飲ませるものです。
ですから、その1回1回の投薬を確実に行ったかどうか非常に重要なのです。
(1回飲ませ忘れると、1カ月間あいてしまいます)

アリスどうぶつクリニックでは、5月からフィラリアの検査を行ってお薬をお出ししているのですが、検査を行った時点でフィラリアに既にかかってしまっているワンコが毎年必ずいます。

殆どの場合、飼い主さんがしっかりと予防をしていないケースで見られるのですが、中にはしっかりと予防しているのにも関わらず、フィラリアにかかってしまっているワンコがいます。

こんなことを言ってしまうと、
「えっ?しっかりと予防していてもフィラリアにかかってしまうことがあるの?」
と思われますよね?


しっかりと予防していればフィラリアにはかかりません!


・・・ということは、予防をきちんとしている飼い主さんのワンコがフィラリアにかかってしまうとしたら、「しっかり予防していた」と飼い主さんが思っていても「それはしっかりと予防しているつもりであって、実は予防できていない月があった」ということになります。



お薬をご飯に混ぜてあげる場合は、ワンコがきちんとお薬も一緒に食べてくれたかどうか、確認した方が良いと思います。


結構な頻度で、ワンコはお薬だけよけて食べていたり、一度口に入れてから薬だけペロッとはきだしていたりすることがありますからネ(^0_0^)

イメージ 1




病院の看板犬は、なんでも食べてくれるコなので助かっています★
苦いお薬の錠剤も直接食べてしまいます(笑)









ご質問に対しては記事を通してお答えさせていただいております。
少しでもお役に立てれば幸いです!

=== ご訪問ありがとうございます ===
日本ブログ村ランキング 代替療法部門 現在4位!!

https://health.blogmura.com/daitai/
'''↑
確認してみてください(^^)y-.o○ ランキング見れるョ=★★'''
そして、できたら毎回クリックお願いしますmm 
励みになりますmm

ブログ村のページに飛ぶことでカウントされますmm








開く コメント(8)

もうフィラリアシーズン到来ですね!
月日が経つのは早いものです〜
この時期、動物病院はとても忙しい!!><!!

皆さんはお薬をもらいましたか〜?(^。^)y-.。o○


今日は、フィラリアに関する事件を1つ★★

犬の感染症予防薬を無許可でインターネット販売したとして、
県警生活環境2課と浦和署などは17日、
さいたま市浦和区の会社員の男(50)、
栗橋町の自営業の男(38)、
上里町の無職の女(36)の3人を薬事法違反の疑いでさいたま地検に書類送検した。

 発表によると、浦和区の男は2005年7月、
農林水産省の許可を得ず、インターネットオークションで
フィラリア予防薬18錠を1万1400円で販売。

栗橋町の男は05年7月〜07年9月、5回にわたり
計48錠を計2万6200円で、
上里町の女は05年9月〜06年4月、3回にわたり
計14錠を計8600円で売った疑い。

3人はオーストラリアや米国からインターネットの
通信販売などで薬を購入。
04年ごろから仕入れ値の倍の価格で販売し、
1〜4年間で約15万〜60万円の利益を得ていたとみられる。

日本小動物獣医師会が07年11月、3人を県警に告発していた。

(2008年4月18日 読売新聞より)

フィラリアのお薬は、すぐに誰でも使用できるものではありません><

ワンコを飼っている皆さんは既にご存知だと思いますが、
投薬前に事前の検査が必要になってきます☆

その検査とは、フィラリアに感染していないかどうかを
チェックするものです。

何故検査が必要なのか?

それは、
フィラリアにすでに感染しているにもかかわらずお薬を飲ませて
しまうと、ショックを起こしてしまう可能性があるからです…(;_;)/~~~

きちんと検査して、大丈夫と先生に言われてから投薬したのにもかかわらず、
副作用を示すワンコだっているのです…。
(嘔吐、下痢などの軽い副作用はたまに見かけます。)
(ひどい場合、痙攣や震え、倒れてしまったコも見たことがあります><)

フィラリアのお薬は、誰にでも大丈夫とは言えません。
ネットで購入なさることは危険だと考えます><

きちんと動物病院で診察を受けてから、お薬をもらいましょうね!!(●^o^●)

*******************************************

ブログランキングのクリックを、いつもありがとうございますmm
今日も押していただけると嬉しいです★★
クリックはコチラ

代替療法

開く コメント(16)

もうそろそろ、フィラリアシーズンも終わり間近ですね!

なんだか、今年は秋といっても秋らしくないように感じるのは私だけですか?(@_@;)
だって、超寒がりな私が、まだストーブもつけずにいられるなんて…。

気温自体も、例年より高いような気が…
気のせいかな?


さてさて、
毎年飲ませているフィラリア薬ですが、みなさん副作用があることをご存じですか?

もちろん、スポットタイプでも副作用はあります…(^_^;)

注意しないと、亡くなってしまうこともあるんですョ〜><
確率としては、低いですけどネ。

起こりやすい症状としては、こんな症状☆

食事を食べない
元気がない
吐く
下痢
痙攣
倒れる
息が苦しそうになる
お漏らし

などなど・・・


そこで、お薬を与える際の5つのポイントをお知らせしま〜すmm


‘以病院からお薬をもらう際には、必ずフィラリアの検査を受けてから、貰うこと。

狂犬病などのワクチン注射と同じ日には与えないこと。

8亀い如⊃欲のある時に与えること。

い覆襪戮午前中に与えること。

イ薬を与えた後は、しばらく(最低2〜3時間)様子を見ること。


多くの飼い主さんは、動物病院からお薬を頂く際には、検査をお勧めされると思います。

しかし、色々な諸事情のある飼い主さんは、お薬だけを希望することもあるようです。
例えば、ワンコが暴れて病院に行きたがらない。
大型犬で連れてくるのが大変な場合など…。


何故、検査が必要なのかと言いますと、万が一、既にフィラリアにかかっている状態で
お薬を飲ませた場合、ショックを起こして亡くなってしまう可能性があるからなのです。

ですから、フィラリアに感染していないことを確認してから、お薬を使用するのが原則
となっています(・o・)


ただし、その検査をして大丈夫ということでお薬を処方しても、副作用で具合の悪くな
ってしまったワンコを見たことがあります。


毎年与えていたお薬と同じタイプのものを使っていて、前の月にも飲ませて平気だった
のに、その時に限って症状を急に起こしました。


飲ませてから1時間以内のこと。
足が震え出して痙攣が止まらなくなったそうです。
すぐに動物病院に連れてきてもらい、入院しました。
幸い、命に別状はありませんでした。


そのワンコは、高齢で、皮膚病を抱えているゴールデンレトリバーでした。

副作用の報告を見ても、

やはり高齢で病気を抱えているワンコの投薬は、十分に注意したほうがよさそうです。


それから、フィラリアのお薬とワクチンを同じ日に行ってしまう飼い主さんがいらっ
しゃるようです。

これについては、獣医師によって考え方が様々なので、絶対にダメとはいいませんが、
基本的にはお勧めしません。

どちらも、一歩間違えば亡くなる危険性のあるものを、わざわざダブルで同じ日に行わ
なくても良いのではないかと思うのです。


そして、実際に、

狂犬病ワクチンとフィラリアのお薬を併用して、亡くなってしまった例が何件か報告されています(/_;)


ワクチンの副作用も、今まで大丈夫だったから今回も大丈夫とは限りません。
今までは大丈夫でも、その時の体調などによって急に副作用を起こしてくるワン・ニャ
ンをよく診ています。
ショックを起こして倒れてしまうワン・ニャンもいるのです。
もちろん、割合としては少ないですけれども。


ですから、副作用を引き起こす可能性のあるフィラリアの投薬の際には(ワクチン接種
の時も)、なるべく午前中に行い、しばらく様子を見ることをお勧めします。

そうすれば、万が一何かあった時にでも、動物病院の診療時間内に対応することができ
ます。

夕方飲ませて夜異変があった場合は、夜間救急病院になってしまいますからネ><

******************************************

読み終えた方へ♪
是非、いつものランキングクリックを宜しくお願いしま〜〜す!!
↓↓↓
代替療法

開く コメント(26)

今回はフィラリアシリーズ第3弾です!

皆さん、「ニャンコもフィラリアにかかることがある」ってご存知でしたか?
今回は、猫のフィラリアについて、少し触れたいと思います(^。^)y-.。o○

前回にもお話した「人のフィラリア症」にも通じるのですが、フィラリアの本来の寄生場所はワンコの心臓なので、ニャンコに寄生してしまう場合は、あまり成長することができません。

抵抗力の強いニャンコには寄生することもできず、すぐに死んでしまいます。
殆どがそうです。
しかし、弱っている時ではフィラリアの寄生を許してしまうケースもあり、その確率はワンコの10%程度と言われています><

しかし、フィラリアの寿命もニャンコに寄生した場合はとても短いし、数も少ないです。

ワンコに寄生した場合→5〜7年、殆ど10〜30匹前後
ニャンコに寄生した場合→2〜3年、殆ど1〜2匹

つまり、ニャンコの体内にフィラリアが入ってしまった場合、それはフィラリアとしても不運な訳で、ワンコの体内よりも過酷な環境で生き抜かなければならないことになります。

必死で生きようとする結果、本来の心臓や肺ではなく、眼や脳神経に入り込んでしまうことも。
その結果、感染したニャンコには、ワンコでは見られないような症状が出てきます。
それらはこんな症状です(症状として、多いもの順に並んでます)

呼吸困難・咳・嘔吐・失神・突然死・盲目・ひきつけ等・・・

特に、肺の血管でフィラリアが詰まりやすく、激しい炎症を起こしてショックで突然死してしまうこともあるようです。

また、ニャンコではフィラリアにかかっていても、検査して見つけるのが難しいと言われています。
検査でひっかからなくても感染している場合があるのです。
ですから、原因不明の呼吸困難や、神経症状を起こす病気を抱えているニャンコでは、潜在的にフィラリアに感染している可能性を疑ってもいいのではないか、との声もあります。

アメリカのある地域では、猫白血病よりもフィラリアの方が感染率としては高いようです。
そして、野生のトラやライオン・ヒョウなども感染しているらしい…(^_^:)
日本でのある地域(福岡や大阪など)も5〜7%くらいだそう。。

都会のおうちの中で飼っているニャンコでは、それほど気にしなくてもいいかもしれませんが、フィラリアに感染しているワンコがいるような地域で、お外に出ることのあるニャンコなら、予防しておいたほうが良いかもしれませんョ(●^o^●)
感染するリスクとしては、おうちの中にいる子よりもお外にいる子のようが2倍も高いそうです!

また、短毛のほうがかかりやすい??との話も…。

ニャンコも、かかってしまったら治療が難しいですからね(;_;)/~~~

「なるほど〜」と思われた方!!
是非、下のアドレスをワンクリックしてくださいネ♪♪ 励みになりますmm
https://www.blogmura.com/ ←にほんブログ村

開く コメント(10)

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事