スミレ号が往く

ブログ移行はFC2に移行した後、提供の移行ツールでアメブロへ その後どちらかを主力にするか・・

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

宮島 五重塔、千畳閣

宮島ロープウェーから 弥山山頂へ  宮島の街歩きに戻ってきました・・

厳島神社参拝時の背景に映った五重塔を訪れています・・
≪転載資料≫
千畳閣の隣に建つ五重塔は、和様と唐様を巧みに調和させた建築様式で、桧皮葺の屋根と朱塗りの柱や垂木のコントラストが美しい塔です。高さは27.6m。応永14年(1407年)に建立されたものと伝えられています。内部は完全な唐様で、一般の見学はできませんが、内陣天井に龍、外陣天井には葡萄唐草、来迎壁の表には蓮池、裏には白衣観音像などが極彩色で描かれています。塔内にあった仏像は、明治元年の神仏分離令により、大願寺に遷されました。またこの五重塔が建つ塔の岡は、厳島合戦で陶軍が陣を構えたと伝えられています。
イメージ 1
朱色がなんとも存在感があります。残念ながら入りことはできませんが、古来の建築技術に心打たれる思いでした 
イメージ 2

そしてその敷地にあるのが豊国神社
≪転載資料≫
通称:千畳閣[せんじょうかく]
桁行13間約24m 梁間8間約15m 単層本瓦葺入母屋 木造の大経堂
豊臣秀吉公が、千部経の転読供養をするため天正15年(1587)発願し、安国寺恵瓊[あんこくじえけい]に建立を命じましたが、秀吉の死により未完成のまま現在にいたっています。 明治時代に秀吉公と加藤清正公が祀られ、豊国神社となっています。
入母屋造りの大伽藍で857畳の畳を敷くことができ、軒瓦には金箔が押してあることから完成していれば、さぞや豪華な桃山文化を取り入れた大経堂になっていたと思われます。
また堂内には、大鳥居が明治8年に建替えられた時に使った尺定規があります。
イメージ 3

宮島の神社仏閣の歴史の中では 比較的新しい 豊臣秀吉が安国寺恵瓊に命じて造らせたとか・・太い柱に秀吉の時代を想っていました!
イメージ 4
イメージ 5
歴史が漂うような空間でした・・
イメージ 6

縁側に腰掛けると・・
イメージ 7
眼下に厳島神社を眺めては 宮島の歴史の奥深さを再認識していました 
イメージ 8

暫し休息した後は 町家通り、表参道商店街に向かいます

宮島日帰りの旅も 最後の街歩きとなります・・

開く コメント(10)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事