スミレ号が往く

ブログ移行はFC2に移行した後、提供の移行ツールでアメブロへ その後どちらかを主力にするか・・

旅日記

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全65ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

八幡西区にあります 吉祥寺 境内を覆う ふじ棚 が見事で 4月27日〜29日は藤祭りで賑わっています。
今年は お祭りには行けなかったけど 5月2日 やや盛りを過ぎた ふじ棚を見ようと朝 10時ごろ 出かけています。

イメージ 1

仁王様の阿吽像でしょうか!
イメージ 2

先ずは 境内を上から眺めてみると・・ 一面を藤に覆われた 境内です・・
イメージ 3

≪転載資料≫
吉祥寺は、浄土宗第二祖鎮西上人の生誕の地であり、創建は建保から元和(1213〜1224)の頃と伝えられています。平成10年に開園した隣接の吉祥寺公園には芝生広場や展望台などがあります。
 4月下旬には、藤の花が寺の境内を天蓋のように覆い、白紫に染め上げます。
 特に野田藤3本は樹齢160年程で、市の保存樹に指定されています。
 「藤まつり」は、鎮西上人の開山忌と藤の花の見ごろに合わせて開催されます。期間中は多くの露店でにぎわい、近隣からだけでなく市外からも多くの人が訪れます。
イメージ 4

クマンバチさん 蜜を求めて飛び回っていました!
イメージ 5
イメージ 11

動いてる蜂さん撮るのは 難しい! ナックルさん 撮り方 教えて(笑)



盛りを過ぎても この日もふじ棚の境目のグラデーション 綺麗かったです!
イメージ 6

藤の香りは 春の香り これが終わると 初夏です
イメージ 7


藤につつまれて 暫し 癒されていました
イメージ 8

2年ぶりでした! 安産祈願でも地元では有名だそうですよ
イメージ 9

吉祥寺の境内 裏手から続く 吉祥寺公園に 徒歩2分 
イメージ 10
市が整備した公園の三重塔の前面には これも見事なふじ棚 
市内には 世界的に有名になった 有料@1500円の河内藤園がありますけど・・
ここは無料だし 藤祭りの期間を外すと混まないので・・ ノンビリ 藤の花に包まれますよ

北九州市八幡西区吉祥寺町13-11
車は吉祥寺公園の無料駐車場がよかよ!

開く コメント(10)

ブラタモリで見ました 「塚原温泉」火口乃泉 別府温泉の元湯とも言うべきでしょうか ここから 海側に流れた温泉は別府温泉 山側は湯布院温泉なんでしょうね
イメージ 1

ブラタモリの番組に終了後 タモリさんが入った 内湯
イメージ 3


この奥が 家族湯@2000円と 露天風呂@600円
イメージ 2
私とワイフは 男女別の露天風呂に 薄緑色でした!
撮影できないので 画像は借りてます・・http://www.tukaharaonsen.jp/image/kakou-41.jpg
≪転載資料≫酸性−含硫黄・鉄・アルミニウム−カルシウム−硫酸塩泉(60℃前後)
(旧称)酸性−含硫黄・緑礬・明礬−石膏泉
塚原温泉の湯は、その地底からにじみ出る雨量によって変化します。まさに自然まかせの天然温泉です。
pH(ペーハー)値約1.4という強い酸性の黄緑色を帯びたお湯は、浸かり・乾かしを繰り返しながらの入浴が体と心に深く、そして優しく染み渡ります。

強酸性の温泉なんです おんせん県大分でも 人気の秘湯
詳しくは 公式HP  http://www.tukaharaonsen.jp/

心身ともに 効いた〜 よか温泉です

温泉 湯上りに 敷地内を戻って 火口見学です@200円
イメージ 4

3分ほど坂道を歩くと 伽藍岳の中腹にある火口に到着!
下界を見ると 由布岳付近なんでしょうか・・
イメージ 7


火口から湯気が出てます!  硫黄の匂いも・・
イメージ 5

タモリさんも ここでロケしてましたね! 
イメージ 6

帰りに 温泉火口 蒸し卵 お土産に! 6個入り@500円
20時間じっくり 火口の湯気で蒸したようです!
お味も色も 温泉成分の風味です! 蒸し卵 燻製のようだった・・
別府にも 蒸し卵 温泉各所で 売られてますけど・・塚原温泉のが一番です
イメージ 8


また来よう そう思った 塚原温泉 でした。


開く コメント(10)


久しぶりに やってきました 四季庵http://www.gloria-g.com/sikian/
イメージ 1

何とも 風情溢れる 古民家 合掌造り 
イメージ 2

竹林から 望む母屋は 時代劇に出てきそうですよ(笑)
イメージ 3

200年の歴史そのものが存在しています
イメージ 4

御免ください(笑) そうやって お邪魔しました。
イメージ 5

白黒の世界のような情景でした・・ 
イメージ 6

さて ランチ いただきます! 
イメージ 7
イメージ 8


2階は 合掌造りの世界を見学できます
イメージ 9

屋根裏見上げると・・
イメージ 10
イメージ 11


階段降りながら やはりここは 映画の世界 時代劇の世界です! 
イメージ 12

2年前 皆さんと訪れてましたよ四季庵 湯布院 塚原 




おんせん県 別府から 湯布院方面に 走りますと 塚原高原と言う 由布岳を望む風光明媚なリゾートがあります・・ 温泉も名水も有名な塚原高原ですので・・

ここ 霧島神社に 名水を求めて 寄っています!
イメージ 1
見覚えがある方もいますよね・・ 思い出していますか?
イメージ 4

古い阿吽が見張っていらっしゃいます
イメージ 2
イメージ 3


温泉が良いと 何故か お水も 美味いです。
イメージ 5

お水 汲ませていただきました
イメージ 6

神社の賽銭箱の横には 水汲みの方は100円以上 お願いとあります

縁起の良い名水で よきこと ありますように


開く コメント(6)


小雨でしたけど・・この伸びやかな桜並木は おススメの桜の風景です
イメージ 1

どこまでも 立派な桜が続いているんです・・
イメージ 2

桜並木を降りた川には菜の花が アクセントとなっています!
イメージ 3

青空で見て見たかった! と思うのは 私だけではないでしょうけど・・
イメージ 4

見入ってしまう 日本の川岸の桜の風景です
イメージ 5

来年 青空でリベンジしたみたいですね! ねぇ ナックルさん(笑)
イメージ 6

曇天でも よか風景でしょ
イメージ 7

コウノトリも見れたし! 小雨のよか花見でした
イメージ 8
草場川
福岡県朝倉郡筑前町久光875

開く コメント(8)

全65ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事