スミレ号が往く

ブログ移行はFC2に移行した後、提供の移行ツールでアメブロへ その後どちらかを主力にするか・・

旅日記

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
USA trip  で 宇佐市院内の鳥居橋を愛でた後は、 道の駅いんない
九州の道の駅もそれぞれ特色がありますが、ここは物販よりも サンショウウオ
日本一大きなサンショウウオ この日も水槽の中でお昼寝?中でした。
イメージ 1

道の駅いんないの駐車場の前の道路を渡り・・小道を下って直ぐ民家の先に
休息(見学)スペースが整備されています。
イメージ 2

荒瀬橋 大正2年の現役です 1913年ですから105年経過の 2連アーチの石橋
イメージ 3
橋高が18.3mと いんない石橋群の中では一番の高さがあります!
イメージ 4

アーチ橋のたもとの、巨石が 歴史の中で削られて こちらもアーチ状を見せてくれています。
イメージ 5

地元の生活の中に自然と溶け込む石橋ですが、キリリと締まった表情は現役を続ける橋の矜持にも見えてしまいました。
イメージ 6
石橋と河の流れ・・時が長閑に過ぎています




USA trip

思い立ってUSAへ
イメージ 1
トンネルを抜けると そこはUSA
イメージ 2
イメージ 3
宇佐インターを降りて 秋空の下 大分県宇佐市院内(いんない)方面に走ります
イメージ 7
いんない石橋を少し巡っています・・
イメージ 8
スミレ号もローバーミニ号も訪れています! いんない石橋群の中でも 貴婦人と呼ばれる 「鳥居橋」 大正時代から現役の5連アーチ橋
ここは 駐車場、トイレもありますので気軽に寄れます! 
イメージ 4

優雅な佇まいと歴史の風雨に耐えた強さを感じています!
イメージ 5

アーチの湾曲の美しさは 石橋ならではかもしれません・・
イメージ 6


長閑な川の流れと秋の晴天の青空の下
積まれた石から少しパワーをいただけるような気がしていました。

イメージ 9

いんない石橋 続きます・・



開く コメント(12)

苅田町にある山間のそば畑 続きです・・ BMW E46 318i 天空のそばの花

そばの花は 白い可憐な花でした・・ 
イメージ 1
天空のそば畑 
イメージ 2
棚田の一部に蕎麦を植えられているようです・・
イメージ 3
これから蕎麦の実がついて 晩秋には新蕎麦がいただけるようです!
イメージ 4

行かれる方は 
イメージ 5
左手の建物が「天空のカフェ」 営業前の時間で残念でした・・次回の楽しみに
11時から営業のようです。


イメージ 6
1992年に農林水産省から農村景観百選に選定されたようです・・
日本の田舎の棚田の趣を感じています。

長閑な時間が流れているようなそんな棚田の朝でした・・

イメージ 7


天空のカフェは営業前でしたけど特産品の売店が開いてました。
等覚寺特産品加工場 
イメージ 8
味噌やお漬物がお安く販売されています・・
イメージ 9


山間の天空のそばの花 癒されました!! 新蕎麦のシーズンに再訪しようと思います!
イメージ 10
これから 降りて 行橋方面に・・


開く コメント(10)

八女市街地の古い街並みを車窓から見て、今回の目的である八女茶を求めに・・・
先ずは市街地から15分ほど走って 八女中央大茶園
イメージ 1
小高い丘に一面の茶畑は爽快なグリーンです! この画面の左上に展望スペースがありまして・・車で行くことができます。
イメージ 2
平日でしたので我々がこの風景を独占(笑) 
八女市街地と有明海を背景にした茶園でした。
イメージ 3

八女中央大茶園 名前のままの大風景です・・
イメージ 4

お茶屋さん 大小の店舗が沢山あるんですけど・・馴染みのお茶屋さんもない
ので中央大茶園協同組合に! ここで お茶をいただき・・大茶園と星野の茶の違いなど色々とお話を聞かせていただき お茶を買わせていただきました。
イメージ 5
ここから 玉露茶の産地として有名な奥八女?の星野村に走っています。
エアコンも快調・・交換した足回りでスーッとコーナーをクリアする山間を抜けています・・
星野地区にも沢山のお茶屋さん見かけましたけど 馴染みもないので・・
農協の直売所で買わせていただきました! お茶のストックはこれで充分です(笑)
イメージ 6

長閑な星野村を走りながら・・棚田を見つけて小休止・・
イメージ 7
イメージ 8
長閑なドライブでした・・

帰路コースは
星野村から うきは市→朝倉市(小石原)→香春町経由で山々を見ながら・・・

zabyさんの地元八女は情緒溢れる良かとこでした・・ また来よう 


開く コメント(10)

八女へ 2018 夏

九州以外の皆さま八女(やめ)はご存知でしょうか、お茶の好きな方では玉露の生産日本一の八女茶の産地とか、歴史が好きな方は大和朝廷時代 この地方に栄えた筑紫君磐井と言う豪族が祀られる古墳など有名でもありますが・・

その八女に鳥栖久留米を経由してやってきました!
イメージ 1
318iのエアコンファイナルステージ、テンプセンサー交換しましたので・・暑い夏の1日エアコンテストも兼ねては走ってきました。

茶のくに観光案内所、八女観光物産館の駐車場に停めて、観光案内所で情報収取
イメージ 2
ワイフが菓子や味噌など買い求めていました・・
抹茶アイス@300円 流石八女茶の甘くて濃い茶の味でした!! 
イメージ 3
この駐車場から 八女市の福島の町並みを歩く予定でしたけど・・あまりの暑さに
涼しくなってまた来よう!! と言うことで 車で移動・・ 

風情溢れる町並みでした・・・
イメージ 4
江戸、明治、大正、昭和と それぞれの商家の佇まいが なんとも穏やかで良いとこです!
イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7
久しぶり見た 大きな柳
イメージ 8
今回は下見と言ううことで 次回の楽しみに 町歩きはとっておきます。
イメージ 9
さぁ これから 八女茶の産地へ・・続きます。



開く コメント(12)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事