もうろく爺ぃの悪あがき

手に取らで、枯れるの待ちゃいいレンゲ草。 か?

お隣んちの漢詩

すべて表示

悪ふざけにしてもお粗末だ。

  .
   
いづれ、難儀な状況がと思ってたところ、そいつ奴が意外に早々とやってきちまったんだ。
 
遂に片っぽの目が殆ど見えなくなっちまったんだ。そうさ。検眼の一番でっけぇ記号も見えねぇんだ。 見るもの全てが歪んだ上にボヤけちまってるから始末が悪いんだ。
タマげたねぇ。タマげた、駒下駄、日和下駄てぇぐれぇなもんだし、今更、いやじゃ有馬の水天宮つったところでどうにもなりゃしねぇんだ。 しかもだぜ、不便なことこの上もねぇにもかかわらずだ、お上のお定めときたひにゃつれねぇんだ。片っぽの目が不自由になったくれぇじゃ身障者てぇことにゃならねぇらしいんだ。
とまぁ。愚痴のひとつもこぼしたくなろうってもんだが、こいつばっかりゃ今更どうにかなるもんじゃねぇしと諦めちまった、てぇことさ。
 
ま、それはともかくとしてだ。その昔、爺ちゃんがご幼少の頃のことだと思いねぇ。
 
縁日とかお宮の祭礼なんかでさ、夜店の屋台なんかが並ぶとき、日が落ちても電灯なんぞ点けやしねぇんだ、カーバイドと水を反応させてアセチレンガスを発生させ、真鍮のトーチランプってもんで燃焼させて仄かな明かりを灯してたんだ。
あの独特の臭いが今じゃ懐かしい思い出だけど、暗いお宮の境内のあちこちにこの火が灯るとLEDなんかと違ってなんとも言えねぇ幻想的な趣きだったし、行き交う人が巻い上げる土埃だってあの場には欠かせねぇ情緒だったんだぜ。
 
なんでこんな話なんぞをしてるかてぇとだ、そんな屋台の中に、子供を騙くらかす手品師てぇモンがいてだ、数枚のカルタを繋げた束をパラパラっと開いて見せ、やおら閉じて再びそいつを広げると、あら不思議、絵の順序が瞬時にして逆に変わってるじゃねぇか。
と、まぁ。そんな不思議なワザを披露してたもんなんだ。 随分昔のことさ。
 
イメージ 1
 
 前置きが長くなっちまったが、このブログで南朝鮮のドラマに使われてた蘇東坡(蘇軾)の「前赤壁賦」が書かれた小道具の屏風が何故かトンチンカンな順序だって指摘したことがあるが、最近になって妙なことに気付いたって訳さ。
 
 あん時にゃ気が付かなかったけど、左の囲み部分を見ておくんねぇ。 よく見るてぇと、辛うじてだが、「壬戌□□七月既望蘇」 と読めるじゃねぇか。
 とするとだ、おんなじヘンにしてもだ、せんのようなヘンな状況じゃなくって、左の第六扇が詠い起しで、全体の順序てぇもんが左から右方へと順次展開されてるってことのようらしいがだ、早ぇ話がやっぱりデタラメてぇことさ。
 
 なんとも悪ふざけもここに極まれりって言いてぇところだが、善意に解釈するんならだ。夜店の手品のようにだ、一旦閉じたうえで再び広げたら、上図の第六扇が右へ移動して第一扇として収まり、以下それぞれが目出度く真っ当な順序に入れ替わるって寸法だと思いてぇが、皆の衆は如何。
 
 いずれにしてもだ。二度とお目にかかりたくねぇ代物ってことさ。
 
 
 事のついでに、この屏風てぇもんは、「陳舜臣」のドラマにも使い回しされていたことを書き添えておこうかい。(ただし、ドラマの製作年次からすると陳さんの方が先かもしれねぇ。)
    
    
 
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事