姫路カクタスのサボテンブログ

兵庫県姫路市のサボテン園です。園内で栽培するサボテンと多肉植物。サボテンおじさんの日常を紹介します。090-8886-9100

全体表示

[ リスト ]

ようやく 疲れがとれました。

今日は もって帰った サボテン・多肉を もとの場所に整頓。

植え替えを少し。

今日の花です。

マミラリア・ルエッティー。

かなり 咲いてきました。

イメージ 1

マミラリア・新満月。 (しんまんげつ)

イメージ 2

ハチマキ状にぎっしり咲いた マミラリア・景清。 (かげきよ)

イメージ 3

名前もかわいいが 花もかわいい エピテランサ・かぐや姫。

イメージ 4

白刺 紅鷹の花がそろったので 交配しました。

イメージ 5

ホマロケファラ・綾波 (あやなみ) 群開。

イメージ 6

フェロカクタス・王冠竜。 (おうかんりゅう)

イメージ 7

刺が黄色いと 花も黄色い。

黄刺綾波。 (きとげ あやなみ)

イメージ 8

花じゃないけど 新種。

アズデキウム・バルデツイ。

5稜の形がきれい。 袖ヶ浦に接木です。

イメージ 9

続いて 土の話。


以前のサボテンブームの時は、鉢は素焼き鉢、培養土は砂でした。
砂は、排水は良いものの、保水力はありません。
その後、赤玉土・軽石などが出回って、サボテンにも使われだして、サボテン栽培は一変しました。
粒状で排水がよく、かつ、粒そのものに水分を含めるので、保水力・保肥力ともに画期的に良くなりました。
かつ、空気をたくさん含むことができます。

サボテンに水遣りをすると、最初に鉢内の空気が押出され、鉢が水で満たされます。
この、空気が押出されることが大事なのです。
サボテン・多肉の根は呼吸しています。酸素を必要としているのです。
空気が押出されることにより、古い空気が押し出され、水が抜け出るときに新鮮な空気が入ります。
これで、根は活発に呼吸でき、良い根張りになります。

サボテン・多肉に限らず、植物の栽培は、いかに根をよくするかです。
目に見えない、土の中の根をよくすれば、地上部分の植物体は、おのずと、よくできるようになります。

水遣り直後の話に戻って、水遣り直後は水分いっぱいの過湿状態です。
時間がたつとともに、鉢底から水が抜けて、やがて適湿状態になります。
この状態がしばらく続き、やがて乾燥状態になります。
この、適湿状態をいかに、長く続けるかが土作りの基本です。

これらを考慮して、適した土をいく種類か配合します。
使用するのは、赤玉土・日向土・鹿沼土などです。
これに、補助として、肥料分の堆肥・腐葉土・根を元気にする、薫炭などを加えます。
最近では、アイリスオーヤマの、ゴールデン粒状培養土(花・野菜用)なども使われています。

かつては、サボテン用土は、アルカリ性にせよと言われていました。
しかし、強酸性の鹿沼土を使う人が現れ、かえってよく出来ることがわかりました。
いろいろな用土のpHを測定してみましたが、pH6〜6.3の弱酸性が出来がよいようです。

その他、殺虫剤も入れるべきです。これは浸透移行性(しんとういこうせい)でないとだめです。
入手できるものとしては、オルトラン粒剤がよいと思います。
浸透移行性の殺虫剤は、まず、土中の害虫を直接殺します。(ネジラミ)
さらに、根から水分と一緒に吸われて植物の体内にとどまり、害虫を殺します。
これで、カイガラムシ・ワタムシ・アカダニの三大害虫は寄り付かなくなります。

ゴールデン粒状培養土について。
少し、補足が必要なので、ここに書きます。
商品名は、アイリスオーヤマのゴールデン粒状培養土(花・野菜用)です。
このほかに、サボテン・多肉用・球根用など各種ありますが、花・野菜用が入手しやすく、
成分が適しています。
赤玉土の小粒:2に対して、ゴールデンを1、(3割)の比率がよく使われています。

さらに、花・野菜用が、現在 3種類あるので注意してください。
①従来の14ℓ・25ℓ・40ℓのパッケージのもの。
②去年3月に出た、「エクセレント」というもの。
③最近出た、10ℓ+1ℓのもの。

これらは、それぞれ成分が違うので、注意が必要です。
①の従来のものを使ってください。
②③は、ココバーク(繊維質)が多く、使えません。

土の再利用について。
サボテンに使った古い土は、サボテンには再利用できません。連作障害のような現象で出来が悪くなります。
多肉には流用できますが、肥料分・微量要素が吸い尽くされているので、ブレンドしなおす必要があります。
また、害虫などがいる可能性があるので、注意が必要です。

再利用しない方が無難ですね。

長文になりました。
おつきあい ありがとうございました。



ブログ村ランキングに参加しています。
下の アドレスか 「サボテン」 バナーをクリックしていただければ うれしいです。

イメージ 10
にほんブログ村

この記事に

閉じる コメント(11)

顔アイコン

Aさん
例の件
今日、預けてきました。
前日のお手伝いは行けませんが、よろしくお願いします 削除

2015/4/21(火) 午後 11:24 [ 極楽鳥花 ] 返信する

勉強させていただいております(*^^*)
ゴールデン粒状培養土、愛用しています(о´∀`о)
いつもふるいをかけて粒だけにしてボラ土等と混ぜて使ってます
アイリスオーヤマが粒状土だけ出してくれると僕としては有り難いんですがね
毎回ふるいにかけるのが面倒です

2015/4/22(水) 午前 1:55 [ ヒロ ] 返信する

サボテンというのはツンデレですね(о´∀`о)
いつもはトゲトゲしてるのにこんな綺麗な花を咲かせるんですから
ハオルチアももう少し花が綺麗だといいんですけどね

2015/4/22(水) 午前 1:58 [ ヒロ ] 返信する

顔アイコン

初めてコメントさせて頂きます
毎回楽しみに拝見しております
今回も花の写真と土のお話大変参考になりました
主にサボテンを育てているのですがまだ日が浅いので
姫路カクタスさんのブログは非常に勉強になります
これからも拝読させていただきます

2015/4/22(水) 午前 7:00 [ hai*na*t*_0509 ] 返信する

顔アイコン

> ヒロさん
同感です。
「ゴールデン粒」を発売してほしいですね。

2015/4/22(水) 午前 9:00 [ ros**ante0*20 ] 返信する

顔アイコン

> ヒロさん
赤花ハオルチアを作りましょう。

2015/4/22(水) 午前 9:00 [ ros**ante0*20 ] 返信する

顔アイコン

> hai*na*t*_0509さん
ありがとうございます。
つたないブログですが、これからも よろしくおねがいします。

2015/4/22(水) 午前 9:02 [ ros**ante0*20 ] 返信する

> ros**ante0*20さん
ハオルチアは葉の模様や姿ばかり追求してるので花の色というのは新しいですね
赤い花…面白いですね(о´∀`о)
ハオルチア、種子が収穫できました
実生を楽しみたいと思います

2015/4/23(木) 午前 1:20 [ ヒロ ] 返信する

顔アイコン

プログ拝見しています。
ゴールデン粒状培養土をふるいにかけて粒だけにしてとありますが、そのままでの使用では問題あるのでしょうか教えてください。

2015/4/23(木) 午後 9:13 [ ge-muba- ] 返信する

顔アイコン

> ge-muba-さん
こんばんは。
特に問題ありません。
私はそのまま混ぜています。
中にはゴールデンだけでサボテンを植えている人も。
よくできていました。
私はなんでも試して見ます。
結果、今の配合に落ち着いています。
考える・やってみる・がいいのではないでしょうか?

2015/4/23(木) 午後 9:55 [ ros**ante0*20 ] 返信する

顔アイコン

> ヒロさん
実生で赤花が出ることを期待しています。

2015/4/23(木) 午後 9:56 [ ros**ante0*20 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事