ここから本文です
おおだての街と鉄道日記
東日本大震災・熊本地震で被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。

書庫奥羽本線

記事検索
検索

全21ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

イメージ 1
つがるも秋田へ・・・

昨日、JR東日本から新青森開業時のダイヤが発表になりました。

奥羽北線の関連では特急かもしか・いなほ廃止、特急つがるに置き換え
特急あけぼの、日本海は存続でした。

すでに在来線の新青森駅上り新線は先日から運用を開始したようですが
ここで特急白鳥はすべて折り返し。大館入りはないようです。

特急つがるは751系4両、多客時は6両に増結予定とか
秋田〜青森に4往復、大館〜青森に2往復(一部浅虫温泉から)

■大館発下り
日本海    7:18
あけぼの   8:37
つがる1号 10:16
つがる51号 13:08
つがる3号 14:39
つがる53号 16:57
つがる5号 18:59
つがる7号 20:56


■大館着上り
つがる2号  6:56
つがる4号 11:22
つがる52号 12:47
つがる6号 14:48
つがる54号 16:02
つがる8号 17:22
あけぼの  19:44
日本海   20:54


特急つがる51〜54号は季節運転扱いで3番線での折り返しと推測
上りあけぼのが20分ほど遅くなるのが夏場の撮影上ネックです。

大館延伸のつがる2往復は青森県内のために回送的な運用に思えます。
「要望に応えてくれて感謝する」と大館市長はコメントしてますが
3月改正時にこれの定期化と引き換えにあけぼの・日本海が廃止されないか
注意して見守る必要がありそうです。

※追記
陸奥新報によると特急つがるの車両は当面の間、特急白鳥の485系が使用されるとのこと。
E751系は3月改正からなのか?まさかクモハ改造で3両編成化するのでしょうか??
http://www.mutusinpou.co.jp/news/2010/09/13295.html

新青森開業100日前

イメージ 1

盆からは非常に忙しくて更新しない間に8月が終わりそうです。

ついに本日、新幹線の新青森開業が100日に迫りました。

各地でカウントダウンが始まったようでいよいよ現実味を帯びてきました。

いずれ来月あたり、JRから正式なダイヤの公式発表があると思いますが
秋田県北地区の状況も劇的な変化があるかと期待と不安が。

鉄道・街づくり・観光・・・・。

特に大館地区は五能線や十和田湖との関係でプラス・マイナス
いろいろな影響が大きい地区でもあります。

内陸線の奥羽線乗り入れや小坂鉄道のサイクリング活用なども
検討課題として出ていますがいろいろ難しいようです。

株価や景気が低迷する中で今後どうなるのか気になるところです。

団体24系

イメージ 1

8月に入りましたが今日も雨でどんよりの天気です。

久々に長走で団体帰りの24系狙いましたが夕方でかなり暗くて難儀しました。

カマは137号機が担当でした。

先日の団体583系帰りも間もなくやって来ますが今日はもう撮る気なし・・・。

団体列車

イメージ 1

今日はあまりいい天気ではありませんでしたが夕方から雨になりました。
各地で大雨の被害も出ており今後が心配です。

奥羽本線では信号故障でダイヤが少し乱れていましたが回復。

青森に向かった583系団体列車の返しがあって夕方寄りましたが
現場に着いたらすぐに来てしまいあわてて撮影、

ところがMFになったままで望遠側はボケボケで失敗に・・・
一応、最近2度逃がした583系をやっと記録した証拠写真程度です。

もともと右目に乱視が入っていましたが最近悪化しているようで
MFではピントが合わせられなくなってしまったようです。

近視、乱視、少し老眼も進んでいるようで憂鬱です。。

在来線の新青森駅

今年12月4日に全線開業する東北新幹線の新青森駅

大館から一番近い新幹線の駅、高速道だと約1時間でここに来れます。

試運転で話題の新幹線駅の下にひっそりと改築された在来線。
新幹線よりこちらの方に興味があったのでちょっと立ち寄りました・・・。

前回はまだレールの設置工事でしたが、軌道はすべて完成し
駅前駐車場の整備や、ホームの設備を残すだけとなりました。

イメージ 1

南側より北側に広い敷地、まだほとんど空き地で建物がありません。

イメージ 2

青森方の分岐器、安全測線も設置され場内・出発信号機は両線に完備。
特急白鳥の折り返しに活躍することと思います。

イメージ 3

現在は単線扱いのため、現行線から上り列車が発車します。

イメージ 4

ホームは下り線側のみ10両まで対応可能に延伸。

上り新線はまだ工事中で使用できません。

イメージ 5

弘前方、やはり場内・出発信号機は2セット設置のようです。

特急かもしか3号が徐行せず高速で通過。開業後はすべての特急が停車予定とか。

イメージ 6

新設された新上り線はまだ架線が張られておらず、柱のみでした。

信号の軌道回路やATS回路などは完成していました。
ただ、上下方向とも構内に踏切があるため配線が複雑です。

長大貨物の停車時は踏切に引っ掛かるようですがどうなるのでしょう?

場内信号機の位置から推測すると、本線と待避線ではなく
上り線と下り線の使い方になるのではと思います。

小さな無人駅がここまで躍進するのはすごいですが
今後の新駅前の活性化が期待されます。

全21ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事