ここから本文です
おおだての街と鉄道日記
東日本大震災・熊本地震で被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。

書庫奥羽本線

記事検索
検索

なかなか

アメッコ市も終わりかなり暖かくなりました。春も近づいてきましたが
依然として連日の仕事と除雪作業に追われブログも更新できず訪問のみの毎日。

先日は雪の重さで近所の建物が崩壊、あわてて倉庫の屋根の雪下ろしをしましたが
足場を気にして変な格好で投げ飛ばしたため体のあちこちが痛いです。
まだあちこちに雪が残っているので完全消滅までもう少しの辛抱でしょうか。

今年は各地に大雪被害が出た冬でしたが寝台特急も運休やおくれが多く撮影も気合いが入りません。

イメージ 1

貨物列車も時間があいまいで701系と751系特急つがるが頼もしい存在でした。

ここ数日は天気がいいようなので平日はチャンスかもしれません。
休日は全国からファンが来ているようなので撮影しにくい状況かな・・・。

19日には鷹巣駅で下り特急日本海を特急あけぼのが追い越しで奇跡の並び合わせ。
携帯を忘れて帰ったため情報をもらいながらも逃がしてしまいました。

知人のファンが正面からのダブルブルトレの撮影に成功したようで羨ましかったです。
もう二度とあのようなシーンはないかもしれないですね。

秋になりました

いろいろ忙しくて更新ができない日々が続いています。
他にもブログやサイトがありますが放置プレイの常習犯になってしまいました。

明日から寒波がくるようですでに外気温は8℃しかありません。

雪が降る前にやらなければならない工事関係もたくさん残っており間に合わない予感もしてきました。
また毎日雪下ろしや除雪作業に追われるかと思うといまから憂鬱です。

さて、稲刈りも終わり秋の色気づいてきましたがそろそろピークかもしれないです。

イメージ 1

イメージ 2

陣場方面もいい感じになってるようですが日曜に限って天気が悪くあまり気合いが入りません。
その上いつも愛用のレンズが1本故障してしまい病院送りになりました。
無事に帰ってくることを願ってますが・・・。

稲はやや不良

イメージ 1

今年の稲の状態は秋田県が日射量が少なく「やや不良」と発表されました。
9月下旬には新米が販売されるようですが大丈夫でしょうか?

いつものスーパーの売り場から秋田産の米が全くなく焦ってしまいましたが
別のスーパーや近所のお店ではまだ在庫がありやっと購入しました。
どうやら放射能問題で昨年産のお米を買い占めしてる人が多いとか。

スロー台風が日本に滞在してるため昨日からまた雨模様で蒸してます。
なかなかキレイな青空に恵まれない夏でした。

能代商応援列車の帰還

イメージ 1

昨日の14年ぶりの夏の甲子園初戦突破で祝賀ムードでしたが
すぐに2回戦にむけての期待を乗せて応援列車が帰還しました。

月曜から仕事がずっと忙しくさらに電力逼迫で日中の仕事にも影響が・・・
撮影が厳しくなってますがなんとか24系応援列車の返しを捕獲しました。
大館からは回送扱いですがなぜかヘッドマークなし?でした。

反対側についているのか東能代で外したのか車内にあるのか盗まれたのかは
よくわかりませんがいつもの天臨みたいでちょっと残念でした。

前にも記事にしましたが10〜12日発の特急あけぼのは北上線迂回で運転予定です。
残念ながら明日午前には予定が入っているので撮影は不可能ですが
秋田〜青森の機関車にいつものEF81ではなくED75-777が充当しないかとか
ヘッドマークはつくのかとか想像してると何か気になります。

今年の甲子園応援列車

今年の甲子園応援列車はEF81+24系7両が充当され青森から運転されました。
能代が出場校なのに大館から乗車可能なので恐らく青森24系かなと思いましたが的中・・・

今日は朝から仕事が忙しくわずかの撮影タイムをとるのがやっとでしたが出撃しました。

やはり大館からはほとんど乗客はないようで駅には案内すらありませんでした。
鷹ノ巣や二ツ井あたりからは選手関係者が乗車するかもしれませんね。

イメージ 1

イメージ 2

久々の丸形の応援列車ヘッドマークに感激です。

イメージ 3

沼館ストレートではトイボネンさん達ともお会いして再度捕獲をしました。

どうしても進行方向に「空き」ができ最後部が切れる悪いクセがありますが
なんとかギリギリ入っていたようで良かったです。

最近は甲子園応援列車にほとんど連続で秋田の583系が充当されてきましたので
24系が走るのは何年ぶりではないかと思います。

過去に秋田商業の時は24系で準々決勝まで行ったことがあるので
今年こそ好成績を上げて何回も運転されてほしいものですね。

応援列車は初戦を終えて明後日8/10の11:11分頃に大館に帰ってくる予定です。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事