ここから本文です
ろずぶろぐ
既製品に不満足な方のブログ。
チーム井上が座間から、いざイギリスへ殴り込み。
イギリス(スコットランド)、グラスゴー空港。

イメージ 1
左から、
拓真君(WBCバンタム級暫定王者)、尚弥君(WBAバンタム級王者)、
真吾さん(父&大橋ジムトレーナー)、弘樹君(日本スーパーライト級王者)。
6年前のRos座間時代、当時は皆で日本チャンプになったらいいねぇ〜・・。
でしたね。

ところが、今やとんでもないコトに!

で、既にご存知の方も多いかと思いますが、
5/19に近代ボクシング発祥の地、英国グラスゴーで行われた尚弥君の試合。
イメージ 2
井上尚弥(WBA) vs エマヌエル・ロドリゲス(IBF) 戦。
バンタム級世界王者統一戦&WBSS準決勝。 結果:2R79秒 井上尚弥TKO勝利。

まぁ〜毎度のことですが、この勝ち方はハンパじゃないです。
ロドリゲスも技巧派で19戦無敗の凄いチャンプですがネ。

世界では、Monster INOUEって称される尚弥君ですが、
普段は、爽やかな好青年で優しい顔。一見とてもボクサーとは思えませんよ。

↓ で、ボクシングには全く興味無しって方はコチラをご覧くださいませ。

それで、次ぎはいよいよWBSS決勝戦。
イメージ 3
相手は、5階級制覇のあのノニト・ドネア。
パッキャオと並ぶ、フィリピンの英雄です。

試合後リング上での、尚弥君とノニトですが・・・。
イメージ 4
なんか・・和気あいあい・・・って感じですがネ。

↓一応、恒例のフェイスオフ。 ですがねぇ〜。
イメージ 5
お互い、何かにこやかな雰囲気しませんか?。
コレって、ボクシングのフェイスオフ・?  じゃ〜ないですよネ!

まあ、尚弥君とノニト・ドネアは親密?・・な関係とのことで、
過去に、世界戦百戦錬磨のドネアが色々と尚弥君の試合協力をしてくれたそうです。

ともあれ、まさか井上尚弥 VS ノニト・ドネアの試合がWBSSで実現するとは・・。
多くのボクシングファンが予想してなかったでしょうね。

試合は、今年後半に日本で実現するかも!?・・です。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事