ここから本文です
ろずぶろぐ
既製品に不満足な方のブログ。

書庫News

記事検索
検索

全40ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

Xenomorph ”FIN.”

台湾のガレージキット工房 "S Project"から
発売されたレジンキットXenomorphのフィニッシュです。

イメージ 1
スケールは1/4〜1/5位。
S Projectのオリジナル♀ボディのAlienってことです。
まぁ〜、過去にもこのタイプに類似した作品はありましたがねぇ。

イメージ 2
1パーツキットです。・・ので接着剤は不要。

イメージ 3
ガレージキット初心者でも、
非常に作りやすいキットだと思います。
キットの状態もまずまず。・・悪くはありません。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6
このモデルの塗装は、モデラーさんのフリーでOKでしょう。
いかにもAlienっぽく・・でも善し、既成概念無視のカラーも面白いかもです。
ともかくモデラーさんの自由ですので、
色々と試し塗装してみるのも宜しいかと思います。

で、よく質問される
塗装で頭部フードの透明感&奥行感を表現するにはですが、

↓ 以下今回の作例での解説です。(ご参考までに)
イメージ 7
1.頭部の地紋を面相筆やパステルで描きます。(失敗しても消せる塗料や画材で)
2.地紋輪郭をエアブラシの細吹きでなぞります。(希釈薄めで)

イメージ 8
3.エアブラシはこんな感じで地紋輪郭を残します。
4.エアブラシでコントラストを強調(ハイライト&ダーク)
 地紋輪郭を消さないよう塗料にクリアを混ぜて希釈薄めに徐々に重ね吹き。

イメージ 9
5.この段階で、クリアホワイトを薄く重ね吹きします。
 白くなり過ぎるとマズいですので慎重に。
 これで、イイ感じの奥行感が出ます。
6.更に、4と同じ要領でコントラストを強調し、地紋輪郭も強調。

イメージ 10
7.ハイライト部分に軽くクリアブルーを吹きます。
8.頭部頂点とサイドにクリアダークイエローを吹きます。
何れも希釈薄めで、加減を見ながら少しづつ吹きます。
これで頭部は9割方完成です。

イメージ 11
ボディ塗装ですが、
一般的なウェットティッシュを引き伸ばして乾燥させたものを
ボディ柄塗装のテクスチャとして使ってます。

イメージ 12
最後にトップコートですが、
頭部はフィニッシャーズのエアブラシ用ウレタンを吹いてます。
※ラッカー系でも善しですが厚みのある透明感を出すならウレタンです。
ボディはラッカークリアで、凹モールド部分は多めに重ね吹きです。

以上ですが、
塗装に関しましては様々な手法がありますね。
各々モデラーさん十人十色って感じです。
是非、ガレージキットの塗装を楽しんでみてくださいませ!

この記事に

Narin's "Egg of the Emperor"

Narin氏の新作です。
今回は、Narin氏のオリジナルコンセプト作品です。
かなりアーティスティックな印象ですね。
しかも、ライフサイズモデル!

イメージ 1
タイトルは、"Egg of the Emperor"。
皇帝の卵です。

↓以下、Narin氏のオリジナルペイント画像です。
イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5
モノトーンのPREDATORの腕(多分)と台座に、
原色レッドの皇帝の卵といった配色です。
従来のNarin作品のイメージを払拭した作品ではないでしょうか!

イメージ 6
レジンキットのパーツ構成です。8パーツ。
組立はホイホイ・・楽そうですね。

Narin Studio製品でライフサイズモデルは初ではないでしょうか。

ペイントは、
モデラーさんの感性に委ねる作品ってことですので、
クリーチャーっぽく塗装するも善し、奇想天外なカラーも善しです。
ペイント次第で大きくイメージが変わる作品ですので、
モデラーの皆様、是非作ってくださいませ!

Egg of the Emperor
1/1 Scale Resin Kit
Sculpted by NARIN

この記事に

The Man from the Sky

MMシリーズが続いておりますが、
先月Kitが入荷した ”Gyro Captain” の完成です!

イメージ 1
何か、久々のアナログ(手原型)モデルって感じです。

イメージ 2
商品名は "The Man from the Sky"。
空から来た男。・・です。
MMファン待望のキットですね。
ガレージキットとしてはかなり稀少なアイテムです。

イメージ 3
1/4スケールのレジンキットで高さは約20cmです。
原型制作:Sean Kyleさん。

イメージ 4
背面のジャイロのプロペラのみ取り外し式です。
パーツ数は5個。

イメージ 5

イメージ 6
塗り分けがチョっと面倒かもですが、
組立〜塗装は比較的ラクなキットです。
意外に蛇の塗装が悩み・・・だったり・ですかネ!?。

イメージ 7
葉巻をくわえたニヤリ感が何ともいい表情です。

イメージ 8
劇中では、砂ボコリで、衣装が天ぷら粉まみれのような
シーンが多いのですが、今回控えめに仕上げてます。
※後からサンド色のパステルでウェザリングを施しても善しですね。

イメージ 9
最近は時代の流れか、3D原型が多くなってまして、
アナログ原型に久々にお目にかかる感じです。
何か、ホっとします。 歳のせいもあります。・・・かネ。

入荷中です。

この記事に

The Invisible Man

Black Heart Entarprisesの
透明人間(Invisible Man)360°バストのフィニッシュです。
ライフサイズ(h50cm)。

イメージ 1
めっちゃノスタルジックですね。
1933年公開の映画「The Invisible Man」のモデルです。
原型制作は、Joe Simonさん。

イメージ 2
このモデル透明人間だけに、
当然ですが人体のモールドがありませんねぇ。

イメージ 3
服と頭部包帯と手袋、そして眼鏡だけってコトですね。

イメージ 4
一応は、人物モデルってことなのですが・・・、
その人体がありません・・です。
透明人間恐るべしです。!

イメージ 5
眼鏡を取ると・・、
思わずドールアイを入れたくなっちゃいますがネ。
インビジブルですからNGですよ。

イメージ 6
何たって、レトロ感がMAXのこの眼鏡。
コレは最高ですね!

キットは7パーツで、状態も良く組立やすいキットです。
イメージ 7
手に付ける包帯パーツは、衝撃に弱そうなので、
ピン打ちして取り外し式に。

イメージ 8
眼鏡も取り外し式に。
何か、フレームが歪んでますがネ・・。

真直に修正したくなっちゃいますが・、ご安心ください!
イメージ 9
劇中でも実際にしっかり歪んでます。
それにせよ、この眼鏡ってカッコいいです・・!?。よネ。

まぁ、プレデターもインビジブルですがね、
やっぱり本家は "Invisible Man" です! ÷・・・ 結論。

この記事に

たいへん長らくお待たせいたしましたぁ〜!
Immortan Joeの1/6レジンキットが入荷しました。

イメージ 1
既に到着された方もいると思いますが・・。
海外生産のため、関空の影響で通関が遅れた次第です。

イメージ 2
↑ パッケージデザイン。

イメージ 3
キットの状態は非常に善しです。
気泡もパーティングラインも殆どありません。
合いも抜群で、とにかく作りやすいキットです!

この記事に

全40ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事