ここから本文です
だいくのみなもとのブログ
家から、住み手のポリシーがうかがえます。

書庫全体表示

悲しいウラジロ採り

イメージ 1

 いよいよ寒くなってきました。
画像は一週間前のものですが、今は雪が5センチくらいはあります。
年末は仕事柄慌ただしく、ブログを投稿するのもままなりません。
一週間前のもので辛抱ください。

年末恒例、裏山に注連縄に飾るウラジロを採りに散歩がてら登ってきました。
買ってもしれたものですが、年に一度の山の散歩も楽しいものです。
気候はどんどん寒くなる頃でして、この日も雪はないものの冷たい雨が時折ばらばらと降る寒い一日でしたが、雲の晴れ間を見てどんどん里山を登って行きます。
 階段はなんとか整備されているものの、のっけからの急勾配でして暫く登ると体も暖まってきます。

里山は大きく育ったアカマツや黒松はほぼ100パーセント枯れてしまい画像のような悲しい姿で佇んでおります。
もう少し時が経ちますと、朽ちて強い風などに耐えきれなくなって幹が折れて
地面に帰っていきます。
暫く登ると、いつものウラジロが生い茂っている所です。
イメージ 2

ところが・・・。マー、なんということでしょう。
ウラジロの群生がほぼ枯れているではありませんか。
山の瀬の両端にこういう群生が幾つかありますが、どこの群生も全てこのように枯れて悲しい姿をさらしております。
最近はシカが増えすぎて、山々を荒らしていると聞きます。植林の木の皮を剥いで食べたり、貴重な野生の草も食べてしまうそうです。
雪が積もらなくなって、彼らの行動範囲はどんどん広がっているらしいですね。
ウラジロも彼らが食べるのか、唾液で丈夫そうに見えるウラジロですがやられるみたいです。
この夏は特に気温が高い日が続いて、暑く乾燥した日々も影響したのでしょうか。

とにかく酷い状態で、こんな中からウラジロを採っていくには忍びなく写真にだけ収めて山を下りました。
イメージ 3
充実したドングリの木(コナラかな?)ですが、このように根元から崩れて倒壊していく木も多くあります。
これは台風の影響か、はたまた大雨の影響か??
少し悲しいでですが、確実にに山は荒れているようです。

今年はそんな少し重苦しい寂しい思いで、山を下りていきました。
イメージ 4
帰り道は木々の間から小浜湾や、街並みが望めます。重く湿った気持ちも眼下に望む綺麗な景色に多少は癒されます。

今年は最後の投稿になりそうです。
今日は氏神様の大掃除と、お正月の飾りに行ってまいりました。
昨日より雪が5センチくらい積もり、寒い年末となりましたが宮事はキリリと心も引き締まります。(でも寒いのはチョー、苦手であります。指先もちめてーし。)


今年最後の句になりそうだ。

 ウラジロの 数採れなくて 山下りる
                       ド凡人 みなもと

どうも最後にしては湿った句だな。
よーし もう一丁。

 神々の うれし顔見る 大掃除    
                     やっぱド凡人でした。(笑)   


 

     皆様良いお年をお迎えくださいね。

  • 夫の父も山に行き、お正月のゆずりは、ウラジロ、等揃えていました。枝ぶりが猛々しくて扱い難いのですが。
    今となつてはいい思い出に。日本海側は雪が大変そうですね。でも蟹が美味しい。

    [ 夏子 ]

    2018/12/30(日) 午後 11:17

  • 夏子さん、こんばんは。
    地元の山でちょこっと頂いてくるようなものが一番でしょう。
    最近はそれもままならなくなってしまいました。
    今年お金出して、ウラジロを買うなんて初めてしましたよ。(笑)

    ズワイガニも年々減少して(要するに採りすぎなのだろうけど。)私らはいい時代を生きさせてもらいました。

    雪は30センチまではマーしょうがない。ってな感じですね。それ以上積もるとウンザリしてしまいます。(笑)
    雪国の人は、耐え忍ぶ心ができている人が多いです。
    私は、部外者かも・・・。
    東京の10センチの積雪で大雪なんて、笑ってしまいます。

    [ だいくのみなもと ]

    2018/12/30(日) 午後 11:46

  • 顔アイコン

    裏日本の雪〜一夜でドカンと降りますので吃驚しますね。
    富山の出張中遅くなりまして、帰るかどうか迷ったんですが一泊したら、あくる日の朝〜なんと大雪で大変な事になっていました。旅館から道に出るまでに雪かきで大汗かきました。
    シダの群生が枯れたのを初めてみました。
    何が有ったんでしょうかね?

    [ pada ]

    2018/12/31(月) 午前 7:56

  • 顔アイコン

    おはようございます。

    近くにシダがあるんですね。 でも枯れて居たんですね。
    画像から寒さが伝わって来ます。
    年末何となく気ぜわしくして居りましたが、
    それは幸せに感じます。 良いお年をお迎えください。

    と記ど記に記

    2018/12/31(月) 午前 8:11

  • アアイアウさん、おはようございます。

    毎年恒例のウラジロ採りですが今年は残念でした。
    今年も沢山コメントをもらって。ありがとうございました

    [ だいくのみなもと ]

    2018/12/31(月) 午前 8:35

  • padaさん、おはようございます。

    北陸の冬をご存じなので大体の感じは掴めてもらえると思います。
    雪は降らなくてもこれから少しの間は重苦しく寒い空模様の中で過ごさなくてはなりません。

    でも雪も積もらなければ積もらないで、また少し寂しい気持ちになったりする私たちです。

    雪かきはしないで済むには越したことはありませんが、車社会なのでドカッとくると、除雪は逃れられません。

    重労働ですが 雪かきの後は身体がポカポカして
    達成感がありますね。(笑)

    [ だいくのみなもと ]

    2018/12/31(月) 午前 8:46

  • 顔アイコン

    おはようございます

    原生種のようなウラジロの枯れたようすが
    淋しい限りですね。
    台風 酷暑の影響でしょうか。?

    ウラジロ枯れて手ぶらで下りる裏の里山

    [ つや姫日記 ]

    2018/12/31(月) 午前 9:24

  • つや姫さん、こんにちは。

    毎年里山から少しだけ形のいいウラジロを頂いて家に飾りますが、無残な姿に心が折れました。
    鹿も食べるみたいで、彼らの唾液も枯れる元のようです。
    しかもシカは数多く増えているようで、深夜に道まで群れで下りてくることもしばしばあります。

    枯れた原因は何でしょうね。酷暑か鹿か・・・。
    また時折山に上がって見ていきたいと思います。
    再生してくれるといいのですがね。

    ウラジロ枯れて 手ぶらで帰る裏の里山

    しょんぼり感がにじみ出ておりますね。(笑)

    いつも前向きのコメントをもらいまして、ありがとうございます。

    [ だいくのみなもと ]

    2018/12/31(月) 午前 11:36

  • あれまぁ、大きく育った黒松や赤松が枯れ、ウラジロの群生までも枯れてしまっていますか。何が原因なのでしょうね。里山が荒れ放題になると、いろいろと弊害が出てきますよね。

    屋島狸

    2018/12/31(月) 午後 6:08

  • 屋島狸さん、明けましておめでとうございます。

    本年も よろしくお願いします。

    古く大きな日本松は温暖化や酸性雨、また、松くい虫などの影響かどんなのかはよく分かりませんが、ほぼ枯れてしまいましたね。
    山に上がると小さな松もたくさん生えてきておりますが、20〜30年くらいすると同じように枯れていく木も多いです。
    ウラジロはシダ類ですから、もっと環境の変化には敏感でしょうね。
    鹿なんかも増えすぎて、山には草といった草があまり生えておりませんね。
    深夜になると道まで団体で降りてくることもありますよ。
    またシダの群生が再生してくれることを願うばかりです。

    [ だいくのみなもと ]

    2019/1/1(火) 午前 7:05

  • ウラジロも昨夏の暑さに負けてしまったのでしょうか?がっかりでしたね。
    うちは喪中なので、餅つきも正月飾りもせず、お雑煮も元日だけでした。
    もうふだん通りの食事に戻っています。
    雪が降らないだけ助かっていますよ。
    今年もぼちぼちブログを更新したいと考えています。よろしくお願いします。

    [ うどん屋女将のひとりごと ]

    2019/1/3(木) 午後 0:49

  • 女将さん、こんばんは。

    一昨年は我が家も正月ができなかったので、2年ぶりで山の散歩となりましたが、想像以上にひどいことになっていてびっくりしました。
    酷暑か、シカの食害か,多分シカのせいだと思うのですがね。
    近頃は深夜になると団体で山を下りて道まで出てきたりします。

    食べ続けない限りは再生すると思うのですが、それもよく分かりません。
    雪が少なくなって、冬の行動範囲が広がっているそうですよ。

    でも雪が少ないと楽ですよね。

    今年もよろしく お付き合いくださいね。

    [ だいくのみなもと ]

    2019/1/3(木) 午後 6:27

  • 顔アイコン

    温暖化や台風や、それに加えて鹿害、ですか。
    そんななかに、北陸の海や岬、家並み、変わらずに居てくれますね。
    ウラジロ、松の幼木など元気に育ってほしいもんです。

    [ 海比古 ]

    2019/1/3(木) 午後 9:05

  • 海比古さん、こんばんは。

    幼いころからこの地域に住んでおりますが、明らかに破滅の道に進んでいってるような気がしますね。

    海の汚れとか、日本松なんかの老木はほぼ全滅しましたしね。
    沖の小さな小島にも必ず枝ぶりの良い松が座っておりまして、本当に日本らしいいい風景だったのですが、それも見られなくなりました。
    魚の水揚も、近年グーンと減ったみたいです。(これは採りすぎなんだろうけど、)海の状態も少しずつ変わって行ってるようですね。
    勝手な話ですが私らはいい時代に生きていたのかもしれません。

    後世にもきれいな地球をそのまま受け渡していきたい気持ちですが、人間も小さなことからコツコツ取り組んでいかないと、やがては住めなくなる時がやってくるかもしれませんね。

    [ だいくのみなもと ]

    2019/1/4(金) 午前 3:53

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事