ここから本文です
だいくのみなもとのブログ
家から、住み手のポリシーがうかがえます。

書庫全体表示

イメージ 1

相変わらず、半島の一番端の集落の工事に通っております。
大きな家のリホームはなかなか大変で、設計士さんも絡んでおりますから私ら大工が好き勝手にリホームや造作することは許されません。
しっかりした図面などがあればいいのですが、結構コロコロと変わったりするので
やりにくい現場と申しましょうか。(苦笑)

工事期限もどんどん切羽詰まってきまして、もう大工なんかはすでに終えて現場を去っていないといけない状態ですが、なかなかままなりません。(汗)
設備屋さん、クロス屋さん、配管屋さん、電気屋さん、ペンキ屋さん、左官さんそして私ら大工と各業者が邪魔のしあいをして仕事も混沌として進んでいるようです。

マー、そんな殺伐とした現場ですが、周辺はほぼのんびりしたいいところなのですがね。(笑)

私ら大工は何とか先が見えてきまして、少しホッとしております。
大工はいろいろ道具が多く、一人の道具は軽トラックバンに満杯くらいですから
そんなのがめいめい現場に置いておくだけでも仕事の邪魔になります。

今日は久しぶりにお天気が良く、外仕事がはかどりました。
北陸の冬場はほぼ天気が悪く、雪でも積もろうものならまず雪かきからしなくてはいけないので、冬の現場は手間を食いがちですが、今年は積雪も無く1月は結構いい天気もあって、外仕事が手分けしてはかどりました。

今日はいい天気で久しぶりでその辺の写真を撮ることができました。
殺気立った現場も、いいお天気で、私らは先が見えてきましたので少しは余裕が出てきましたが、実は私日曜日から、奥歯が痛いのです。

今日も歯医者に行こうか。と迷いましたがいいお天気なので仕事を優先させました。
気持は結構軽めですが、奥歯の痛みは容赦がありません。
健康なんて、辛くならないとありがたみが分からんものですよね。
イメージ 2
村の中を流れる水路の際に、プリムラ(サクラソウ)系の花が咲いております。
いつもは冷たそうな水ですが、今日は春の小川のようにのんびりと流れております。

明るい日差しに土手が白く飛んでしまいましたが、マーこんな写真も撮れる余裕も少し出てきましたよ。
イメージ 3
現場のすぐ裏には、梅畑がありまして、もうボチボチ咲いてきました。
鼻をクンクンしますと梅のいい香りがしてきます。

今年はもう雪が積もらないのかな?まだまだ分かりませんが、ラッキーな冬場でした。
トップの夕焼けは帰りがけに写しました。道中は小浜湾の内側の岬の端をグルグルめぐる風光明媚な所です。
昔 岬巡り なんて歌がありましたが、そんなことも思い浮かべます。

ドンドン日が長くなって、仕事帰りに夕焼けを眺めながら帰れるようになりましたよ。

  • 顔アイコン

    おはようございます〜〜

    きれいな夕日

    余裕ができるとまわりが見えてきますね〜🍀

    奥歯のむし歯ですか?早く治療されてくださいネ〜😊

    [ まるちゃん ]

    2019/2/19(火) 午前 7:24

  • しっかりした図面が無く、コロコロと変わったりする現場、何のために設計屋がいるのか? 設計屋が一番の障害になりますよね。(設計屋とは、現場で職人に嫌がらせをする職業では? つい、このように思ってしまうでしょうね)

    鉄筋コンクリート造や鉄骨造などの構造計算の必要な建物は、なかなか設計変更は出来ませんが、木造は簡単に柱の位置を変えたり、仕上げを変えたりが出来ますからね。

    まぁ、最初から設計屋の図面がしっかりしていれば、現場はスムーズに進むのでしょうけどね。現場を知らない、ええカッコウをしたいだけのボロの設計屋もいますからね。(屋島狸は、このような意匠屋は相手にしませんけど....構造の仕事の依頼を断ります)

    いずれにせよ、歯医者さんへ早く行って下さいね。自分の身は自分で守らないと、誰も守ってくれませんよ。

    屋島狸

    2019/2/19(火) 午前 9:27

  • まるさん、こんばんは、しばらくです。

    結構日も長くなって、天気のいい日はこんな夕焼けを横に見ながら帰途につきます。

    奥歯の状態は最悪でして昨日は痛くって少ししか寝られませんでした。
    今日はいつもの歯医者さんで見てもらいましたが、肝心の奥歯は神経が抜いてあって、痛いはずがないというのであります。(訳わからんわ??)
    なんか違うところの歯の神経も抜かれたようで、腑に落ちません。
    歯医者に行ったけど、痛みは消えずに今日は午後から会社を休みまして、炬燵守をしておりました。

    とりあえず今はもらった痛み止めが聞いて、健康です。お腹も少し空いてきました。(笑)
    歯の痛みが去ると、即食べることに繋がって、人間は(私は)単純ですね。(笑)

    [ だいくのみなもと ]

    2019/2/19(火) 午後 7:24

  • 屋島狸さん、こんばんは。

    一級建築士の屋島さんにこんなことを言うのもなんですが(笑)、マー建築士を語る先生は私ら職人にとってはどなたも煙たい方が多いようですね。(笑)
    私らがマジシャンみたいパっとと何でもできると思っているみたい。(笑)

    色々凝った細工をしないと、大工が設計した家と変わらないので、マー大変です。

    私はシンプルなのが好きなのっですがねえ。(笑)

    歯の方は痛みに耐えきれずに駆け込みで医者に診てもらいましたがいまいちしっくりきません。昼からは痛みも引かずに休みました。

    今は薬も効いているのか落ち着いております。

    [ だいくのみなもと ]

    2019/2/19(火) 午後 7:42

  • 自己主張の強い、変に細工をするばかりの意匠屋、そんなのがたくさんいるのです。我々設計屋仲間では、そのような人種やバックマージンばかり要求する意匠屋は業界でも知られております。そのような人に設計を依頼すれば、施主も気の毒ですし、請け負う建設会社もまともな業者ではないと疑いますよ。

    現役時代の狸設計は、建築基準法に従い、法規を守り、地震や台風に耐えられる構造設計を行っていました。シンプルな構造が地震で壊れにくく、工事費も安くなるのですよ。

    まぁ、変な意匠屋(いわゆる設計屋)は相手にしないことが一番良いので、狸設計は変な意匠屋の仕事は全部断っていましたよ。変な奴の仕事をすれば、いつまでも引っ張られますからね。ロクなことがないのですよ。

    でも、会社勤めの職人さんは、設計屋や仕事を選べないので、その点が辛いですよね。

    狸設計はワガママ設計ですので、客(意匠屋)を選んでいました。

    屋島狸

    2019/2/19(火) 午後 9:49

  • 顔アイコン

    浅草の仲見世混雑から、やっとこさ抜け出た、そんな感じですかね。お疲れさんです。
    ナンの仕事もワリを食う部分の担当があります。リフォームってのはそうなんですね。

    サクラソウの画像、いいですね♪ とび気味のトーンが優しい花の色目を出してます。

    [ 海比古 ]

    2019/2/19(火) 午後 9:50

  • 屋島たぬきさん、おはようございます。

    おっしゃるとうりですね。
    私らは雇われ、ですのでま、しょうがないかな。くらいの感覚ですが、施主さんは先生を結構信頼されているみたいで、だからその方にお願いしたのでしょうが・・・・。
    結局ペイするのは、施主さんです。施主さんが気に入った家が出来上がればいいのですからね。施工会社の私らは多分赤字だと思います。(苦笑)
    まあ 色々ありますが、世間が狭いのでこのくらいにしときます。(笑)

    [ だいくのみなもと ]

    2019/2/20(水) 午前 4:22

  • 海比古さん、おはようございます。

    新築にするかリフォームにするか、迷うところでしょうが、リフォームの仕事は、私らはとてもやりにくいですね。
    古い家は傾いていることが多く、造作をしても今一つスカッとしない。かといって柱なんかを全部取っ払うわけにもいかないし、難しいところです。
    古家の造作。なんていいますからね。(笑)

    田舎の古い家は、もう今の生活スタイルに合わないので広いだけでは住み辛いのでしょうね。
    断熱なんかもほぼしてないし、夏は風通しがいいけど、冬場は寒いしねえ。

    ちょっと疲れもたまって、歯もうづきだしたのかもしれません。
    長年やってきたこの仕事も もう少しで卒業する予定ですが、今回の現場は休みもあまりとれずストレスもたまりました。(笑)

    東京見物、細君が浅草に行きたい。などといっておりますが、卒業したらおのぼりさんとして一度は出かけたいですね。(笑)

    [ だいくのみなもと ]

    2019/2/20(水) 午前 4:44

  • 顔アイコン

    おはようございます。

    地区40年のマンション住まいですから、
    最初は10年目に、続いて何度かちょこちょこ
    お願いしました。 床の張替えが住んで居るものと
    しては大変でした。 業者さん三人変わり
    ましたが、一戸建てに慣れた方、マンションに
    慣れた方がいる事が分かりました。

    設計屋さんは我が家の場合は全面改装ではないので
    関わりがありませんでした。

    もう少しの様ですから、頑張って下さい。

    と記ど記に記

    2019/2/20(水) 午前 4:55

  • アアイアウさん、おはようございます。

    築40年の鉄筋コンクリート造は外装の防水なんかもされているのでしょうね。
    私らは木造が専門ですので、鉄筋コンクリートの内装は慣れておりません。
    ま、基本は同じなんだろうけど。
    床の張替えは、家具を移動させたり戻したりと、なかなか大変ですね。
    住みながらリホームというのも私らも施主さんもお互い気を使いますしねえ。(笑)

    田舎は結構気のしれた業者がお得意さんの所の修理に廻るというのがあって、顔が分かってますからお互いやりやすいところがあるかもしれません。

    初めて見える職人さんには施主さんも少し不安なところもあることでしょうね。

    日記さんは職人さんに色々話しかけられたりするのかもしれませんね。(笑)

    [ だいくのみなもと ]

    2019/2/20(水) 午前 5:25

  • 顔アイコン

    おはようございます。
    そう言えば敦賀で10っか月ほど過ごし、中に冬場も入りましたが、天気がとにかく悪かったです。
    天気のいい日は。儲け日と言うんですね。
    ですが、もう春やれやれです。

    [ pada ]

    2019/2/21(木) 午前 6:01

  • padaさん、こんばんは。
    敦賀での冬の暮らしを経験されたから、私らの冬が分かってもらえますね。

    建築は冬場は辛く雪でも降ろうものならお手上げです。
    大工は家が建っていれば、家の中仕事ができますが外回りの仕事しかないときは辛いですね。
    瀬戸内や表日本の冬でも晴れている。という感覚が商売柄うらやましくてなりません。

    幸い今年の冬は年末の5センチくらいの積雪がピークでして、雪のちらつく寒い日はありましたが、新年からほぼ積雪ゼロの冬ですね。
    こういう冬は、以前あったかなー??大概20センチくらい少ない時でも積雪があるのですがね。

    雪は降らないのは楽ですけど、地球の環境が変わっている。というのは肌で感じますね。
    ちょっと怖いです。

    [ だいくのみなもと ]

    2019/2/21(木) 午後 7:42

  • 顔アイコン

    変更が多い現場のようですね〜
    監督の腕の見せ所です!

    終わらない現場は無い!
    と監督さんとよく話したりしますけどイライラしてますね〜

    設計士さんも仕事で変更してるでしょうから理解してあげて下さい
    でもイメージだけ伝えて
    無知な設計士もいるのが現状ですね・・・^_^;

    [ あきすて ]

    2019/2/22(金) 午前 9:39

  • あきすてさん、こんばんは。

    設計士のあきすてさんには、あまり見て欲しくなかったけど(笑)設計士さんも施主さんとの間に立ってなかなか苦労されてるようであります。
    まして、現場監督(社長の息子)も施主と設計士と職人のはざまでもっと苦労しているみたいな感じです。(かわいそう)

    私ら職人は言われるようにやってればいいのですから、考えようによっては楽なものです。
    出来ない仕事は、出来ない!ときっぱり言ったりもしますしね。

    設計士さんと、職人、なかなかいい関係を築くのは難しいのでしょうかね。(笑)
    間に立つ監督さんの技量もありますけどねえ。

    とにかく何とか大工の作業は抜けられそうで、ホッとしておる今日この頃であります。(ヨカッタ、ヨカッタ)

    [ だいくのみなもと ]

    2019/2/22(金) 午後 7:24

  • ところで、だいくのみなもとさんの今後の見通しはついているのでしょうか? 春に卒業をしたいと仰っておられましたのですが、昨今の人手不足で、そう簡単には卒業できないのではないかと思っているのですけど......。

    もし、めでたく卒業されるなら、まずお勧めしたい事があるのです。それは、お孫さんに「じぃちゃん」と呼んでもらう事なのです。お孫さんから「じぃちゃん」と呼んでもらえる幸せ、何事にも代え難いですよ。

    屋島狸

    2019/2/22(金) 午後 9:19

  • 顔アイコン

    仕事にめどがつきそうで何よりです。読ませていただいてみなもとさんの苦労が分かりました。
    歯は大事にしてくださいね。入れ歯とかになると厄介ですから。
    私は去年の5月から定期的に歯のメンテナンスに通っています。歯磨き指導や歯垢の除去などをしてもらい2か月に1度の割で行っています。

    [ うどん屋女将のひとりごと ]

    2019/2/23(土) 午後 2:46

  • 屋島狸さん、こんばんは。

    田舎の小さな工務店でして、お抱えの大工として長いことやってきましたが、もう少々疲れてしまいました。

    身体が付いていかないのですね。職人として一番大切な眼も老眼で耐えられません。
    社長はいつまで来てください。なんて言ってくれますが、そろそろ潮時と考えております。

    引退後は何も考えておりませんが、暇になったら孫の所にも行きたいとも思っております。

    「おじいちゃん」と呼んでもらえるように、努力しますよ。(笑)

    [ だいくのみなもと ]

    2019/2/23(土) 午後 5:40

  • 女将さん、こんばんは。

    建築は期限が決まっているので、甘い完成日の見込みを決められてしまうと、後はバタバタと仕事をすることになりますね。
    冬場はどうしても動作が鈍りがちになりまして、多くの職人が長い日数を掛けますのでそのロスもバカにならないとも思います。
    私ら老年組は土曜日も休みという事でしたが、残業よりも土曜は出よう。という事で現場は進みました。

    これで大雪にでも見舞われると。多分もっと遅れたでしょうが、今年年末の積雪5センチから雪らしい雪が降っておりません。助かりました。

    歯の痛いのも少々我慢で頑張りました。(笑)
    もうすぐ大工も卒業する予定ですが、最後に結構バタバタとしました。

    [ だいくのみなもと ]

    2019/2/23(土) 午後 6:03

  • 顔アイコン

    こんばんは!

    春も近しですね。もう一度、若狭を旅したいですね!

    ルナルナ

    2019/3/1(金) 午後 9:54

  • ルナルナさん、おはようございます。
    暫くですね。

    今年の若狭地方は越前も含めて、雪が積もりませんでした。
    私ら建築系にとっては大変助かりましたが、雪が積もらない北陸というのも少し寂しい気もします。

    今日3月2日は「お水送り」という行事がありまして、奈良の二月堂の「お水取り」という行事に対しまして若狭の山里の古刹、神宮寺からお水を送る。という習わしがあります。

    若狭に春を呼ぶ行事として、年々盛んになってきました。
    若狭小浜は太古のロマンと古い歴史が詰まった町ですが、近年人口の減少が目立ちます。

    [ だいくのみなもと ]

    2019/3/2(土) 午前 8:37

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事