ここから本文です
だいくのみなもとのブログ
家から、住み手のポリシーがうかがえます。

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]


相変わらず、寒い春の一日でした。
今日は先日に引き続いて、ハローワークに行ってまいりました。
 私はハローワークに登録するとその時点で5か月間は年金がストップするようでした。
しかもハローワークでは3か月間は失業保険は据え置きという事で、仕事をしないとマネーのない空白の3か月間ということになります。
保険なのに保険じゃないみたい。ともかく おい。早く働け爺い。という感じですな。
 大工の上りなんて なかなかよその業者では扱いにくい事だろう。なんて自分でも思っておりますし、そんなにフロンティア精神もないものですから、とりあえず職業訓練なんか受けようと思って申し込んだのですが あまり働く気がないのを見過ごされたのか若い職員に断られてしまいました。

 マー。そんなに気が長いほうではございませんので、当方カチーンときまして、前のデスクを思いっきりひっくり返してやりました 気分で(デスクは重くてひっくり返りそうもありませんし、新聞沙汰も嫌ですので///)「もういい。二度とてめーらの世話にはならん。登録はなかったことにしてくれ。今まで掛けてきた40数万円もてめーらにくれてやる。」と心の中でつぶやき、撤回してきました。

書類に「止めます」とのハンコをバムと突いてもらって、帰り際、「年金の方はこちらから連絡を取ってくださるんでしょうね。」なんて尋ねたら、「それは出来ません。あなたが年金の再発行の手続きを自分でなさって下さい」ときたもんだ。私がもらう年金を止めるときには そちらさんでスーとやってくれたのにね。(笑)

この電子時代にパソコン開いたら一発で分かることではないのか。何のためのマイナンバーだ?
大勢のものが皆忙しそうに ガチャガチャパソコン打ってるけど、いったい何打ってんだよ。
 こうなると、坊主憎けりゃ、袈裟まで憎いだ。全員にとばっちりがかかる。(笑)
マーきちんと勉強していかなかった自分も悪いんだが、そんな一日でした。

さて昼からは遠く離れた敦賀の年金事務所まで(45キロくらい)わざわざ出かけまして、(小浜は小さい町だから、たまに出張に来るくらいしかないのです。市役所は立派だけどねえ。)事情を話し、年金をまた戻すように手続きをしてもらいました。

年金事務所の 窓口の初老の男性は 見た感じも穏やかな方で、初対面の私に、社会保険労務士「なにがし」という名詞までくださりました。まだ少し怒りの納まらない私に 諭すようにいろいろ説明をしてくださいました。ま、プラス、マイナス、敦賀まで来て、少しは救われたような心持になりました。
いままでは、何十年も手慣れた職場でほぼ自分のペースでやってきたガラパゴスのトカゲが よその島に行ったようなものですから、なかなかうまくいきませんわな。

世間は広く もっともっと人間を作らないかん。と思った一日でした。

画像がないのも寂しいですので
イメージ 1
 
ハローワークの帰り,怒り心頭の私はしばらくこの東屋で桜を眺め 頭を冷やしておりました。小浜公園の桜です。



全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事