ここから本文です
だいくのみなもとのブログ
家から、住み手のポリシーがうかがえます。

書庫日記

記事検索
検索

突然湧いてきたイワシ

イメージ 1

 長く冷たい雨も止んで、ようやく春らしい日差しが戻ってきましたが 
外はまだ寒い感じの今日でした。
買い物に行っていつもの魚コーナーを物色中、真イワシがとてもお安い。
いっぱいパックが並んでおります。
鮮度が命のイワシですが、どれも目が透き通っております。
大きさも20センチくらいと食べごたえがありそう、普段青物をあまり買わない私も今日は白身魚があまり出回っていなかったので、しょうがなく買い求めることにしました。
5〜6匹ほど入って、150円?一時期数が減って、高級魚なみにもなりましたが、
今は若狭湾で湧いてるのでしょうかね。
最近よく店頭に並んでおります。
庶民の魚にまた特別に戻ってきてくれたようです。
イワシの旬を調べてみますと、6月から10月と期待を裏切る彼ら達ですが、結構まるまる太っておいしそうです。(実際食べておいしかったですよ。)(そんなに油も強くなくて でも、パサついた感もなく 旬以外もいい感じでもあります。)

イメージ 2
 
さて、こちらもイワシですが、先ほどの孫にあたるくらいの大きさ、3センチくらいの縮緬雑魚というやつですね。
もう少し小さくなると、釜揚げとか言って、シラスになるのでしょうか?
私はこのくらいのサイズが好きで、いつも買い求めます。
小さい頃親父がよくこれをつまみに酒を飲んでいた記憶がありますから、刷り込みというか血は争えない。というか・・・。(笑)
そのままお酒のつまみにもよし、酢の物にパラパラっと和えてもいけますね。

乾ききっていなくて多少しんなりしていて、しかもジャコですから噛みしめると味はすこぶるいいのです。

以前テレビでシラス漁が寂れてしまった漁村にまたイワシが沢山湧いてきた。といったような事を放送していた記憶があります。

そりゃ、子供のうちに採り尽くせば当然資源はへりますよね。
イワシだって無限にいるわけではない。
そんなわけで、大きいのも小さいのも両方食べる みなもと も少し自重しなくてはならないですね。
自然の恵みに感謝しております。頑張れ、イワシ。ありがとう(笑)

春はそこまで・・。

イメージ 1

春の花が次々に咲きだしました。
が、それまでの陽気から 昨日はまた打って変わって肌寒い雨模様の景色で、心も沈みがちです。

キクザキイチゲという野草で薄紫の可憐な花です。
春先は毎回私のブログに登場します。
夜や雨の日は、身を守るように花びらを閉じます。

イメージ 2
 盆栽棚の藪椿も咲き出しました。葉っぱの虫食いはご愛敬(笑)。
殺風景な棚に ひと際彩を添えてくれます。

今日はお天気もいいようですが、暖かくなるのかな?
春の日ざしが待ち遠しいですね。
イメージ 1

暫く記載をさぼっている間に、辺りはようやく春めいてきましたよ。
我が家の枯草だらけの庭を眺めますと、春の花、フクジュソウが開いておりました。

道端の雪もすっかり融けまして、今日はお天気も良く暖かい土曜日となりました。
これからは勢いのある春の花達が、一斉に咲きだしますね。

肉体労働の大工仕事ですが、体を動かせば暖かくなるとは言っても やはり 気温はそこそこあるほうがいいにきまってます。
暖かい朝は 気持ちも心なしかやわらぎますね。

花の色もうきうきした気分にさせてくれます。
イメージ 2
 
 ツバキの先発咲きも(この椿はまず一輪か二輪先に咲いて気候の様子をうかがうようです。)咲きました。
もう雪は勘弁してほしいですね。

寒いね。


イメージ 1

列島が凍えております。
寒い時に恐縮ですが、雪の画像です。すんません。

関東に雪が降った時は、こちらは晴れか雪もぱらつく程度でしたが、今回はダメみたいです。
一昨日夜半から細かく乾いた雪がぱらついて、朝方には20センチほど。
昨日日中も雪模様で、夕方には40センチくらいはあったかな。

写真は昨日朝の様子です。朝早くから除雪車が回ってきてくれまして、ドライバーさんも仕事とはいえご苦労さんですね。
気温が低いせいか、雪質はパウダースノーでありまして、サラサラしてます。
いつもの北陸の湿った雪とは、ちょっと違いますよ。
まー、今年初のブログですが、雪模様のパットしないネタですみませんでした。

全国各地で記録的な寒さとか・・・。
こちら若狭は ま 標準的な冬模様でございまして、積雪40センチもそれほど驚きませんね。
寒気団、早く去ってほしいものです。

これ以上積もらないでほしいです。

休みといえども忙しい

イメージ 1

今日は比較的暖かい一日でした。
神社の草むしりの日でして、当番地区の人たちで一仕事してもらいます。
雨が降ると延期になるので、いいお天気でよかったです。

世話人の私らは本殿の雪囲いの貼り付けです。
 板戸のようなものをぐるりにセットして結わえていきます。
今年の2月のように80センチも雪が積もるということも、たまにはあるみたいですので油断は禁物ですね。
初めての雪囲いの作業でしたが、滞りなく終わりました。
来週は新嘗祭のお払いですし、元旦には夜遅くまで詰めなければいけません。
3か月ぶりに境内もすっかり綺麗になりまして、神様も気持ちよく新年をお迎えできるでしょう。

午后も神社の懸案について、社務所で会議がありました。
その後、実家にカニのお礼に久しぶりに出かけました。
頼まれた屋根の修理もほったらかしで、訪ねにくいところですが兄夫婦は温かく迎えてくれまして、こちらも面目がたちません。

そんなこんなで、バタバタと忙しい休日は過ぎてしまいました。
恒例の昼寝はできずじまいのお休みでした。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事