アメリカかぶれの普通の暮らし

幼少期に、アメリカ映画、ドラマ、音楽とメリケン文化にドップリ洗脳された男のブログ

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全28ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

九州で大陸臭

とある場所で見た風景。

GMCピックアップ!!

イメージ 1


おお・・・カッチョエエ

前へ回り込んでみると、



イメージ 2


引っ張ってたのはこれ!!

スンゲエ〜


アメリカではありません。

九州のど真ん中です。


こんな人がいるんだ・・・。

ス、スケールがでかすぎます。

ヘッドレスト

先日、車を止めて部屋に戻ろうとしたところ、


駐車中の車に2人乗っているのが見えた。


エンジンも止めて、何か神妙な話でも?


「こんばんは〜」とあいさつしようと思ったら




イメージ 1



ヘッドレスト、デカすぎだろ!!


昔のは、ヘッドレストすら無かった分、室内が涼しげです。

イメージ 2



安全性重視は解るが、室内が窮屈ですね。後部座席の視界性は無視です。

エアーバックの技術を生かし、ヘッドレストも飛び出せばいいのに。

でも、防犯にはいいかも・・・。
1970年代活躍した Sam Auxier Jr伝説のムスタング


イメージ 1



これを、堂々とレプリカしたのが・・・・・



三菱ミラージュ

イメージ 2



ってオイ!!

FFの直列4気筒 1200CC??

しかもサイドには、プリマス。

確かにクライスラーからは Plymouth Champ として出てたが・・・これは右ハンドルなのでそれも・・ちゃう

この、似ても似つかないっぷりを、堂々とレプリカのように展示したのが


素晴らしくイイ!!


しかも、塗装もピンストも今の技術ではもっと上手くできるはずなのに
やっつけな感じで下手、それが田舎で少ない情報の中、自分でやりました的な風味が◎

全くのぶさいくが、キムタクの髪型、服を着て、堂々と
「俺って、キムタクっぽくねえ?」っと言ってるような勘違いっぷりがなんとも・・・・ステキ。

このハズシ方というか、落とし方は完全な確信犯だと思います。
ベテランの仕業ですな。

また、見方によっては80年代のスタントカーにも見えます。

こう言うのが、カーショーでは一番楽しい!!

イメージ 1

とある駐車場で見かけた

ド変態車です。シブイ・・・。

86or87のモンテカルロSS、しかも珍しいエアロクーペ

レアすぎます。SSでも十分レアなんですが。

九州にもこういう個体が居たとは・・・。

車に無関心な人が増えるのと反比例して、コアな人はより深く追求してるように感じる今日この頃です。

でも、駐車場はちゃんと止めましょう・・・。(笑) 乗り手がクールに見えます。

車天国

イメージ 1

プリウスの中古車が新車価格を超えた
と言うニュース・・・。

どうにも、日本人は流行というか、情報に操作されやすい小国民のようです・・・。

一方、街中には、反発するかように。
個性的な車が増殖中です!!

・大径ホイールの70ダッジ・チャレンジャー
・昔懐かしい、ケーニッヒ仕様のメルセデス
・チョップトップのラットロッド
・いいヤレかたの、ワーゲンバス
・ピッカピッカのパンプキントラック
・爽快に飛ばすバーキンセブン
・下をあるけそうな、ハイリフトな四駆
・日本じゃ無理だろうと言うような26フィートのキャンピングトレーラーの老夫婦
・トラック野郎時代の、昭和一番星デコトラ

天気の良い日曜日は、さながら車ド変態の車天国です。

これぞ、反体制ロック魂!!

しばらくすると、四方全部プリウスに囲まれた。

すると、ドドドドド・・・・ハレーに乗った女バイカー大股開きでプリウスの横を抜けていきます。

まさに・・・ 「草食男子と肉食女子」

全28ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事