アメリカかぶれの普通の暮らし

幼少期に、アメリカ映画、ドラマ、音楽とメリケン文化にドップリ洗脳された男のブログ

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

アメリカの交差点

イメージ 1

近所に、事故の多い交差点があります。

そこは、信号もなく、しょっちゅう「ガチャーン!!」とぶつかっています。

交差点でいつも、アメリカの交差点を思い出します。

交差点に入った順に抜けていくと言う、何とも合理的なルール。

知らずに、順番を抜かすとクラクションの雨嵐。

婆ちゃんにまで、中指を立てられることは必修です。

しかし、日本では難しいのでしょう。
どっちが優先かを決めてもらわないと。

キッチリ白線が無いと、まっすぐ走れない人いるくらいですから(汗)

定額給付金

イメージ 1

いろいろな場所で、定額給付金を利用したサービスや

客の呼び込み広告を見かける。12000円ポッキリ・・・。


そう言えば、うちの定額給付金はどうなった?

丁度やってきた自動車税に、そのままスライドされました・・・。

市場に出回らず消えました・・・。

こりゃあ、意味が無い・・・。

ハーフィーズ

今日は、友人に付き添って新店舗に移転したハーフィーズへ、
こちらは、オールドVW・ブルーバード510を得意とし、オリジナルを生かしつつ
かっこよく仕上げると言う、ナイスなサザンカリフォルニアを感じる、お店です。
イメージ 1

ショーケースには、貴重なパーツ類が、
しかし、なぜこんなに格好いいデザインなんだろう。
ミラー一つにしても、手抜きがありません。
イメージ 2

広々としたショールーム。整然としてとてもクリーン。
アメリカの郊外ショップの様です。
イメージ 3

場所も、県道から少し入った、田んぼや牧場がある、ゆるーい感じの良い場所です。
のんびり、ハンサムな車を見ながら・・・。
ゆったりとした時間を過ごし、癒されました。
イメージ 4

景気対策???

イメージ 1

※13年以上経過した自動車を廃車にして、新車に買い替える際に1台あたり最大25万円の奨励金を出す。古い車の買い替えでない場合でも、低燃費車の新車購入費用を1台あたり最大10万円補助する。財政支出は3700億円規模に上る見通しだ。

こんな、荒技にでましたね。(^^)

「今ならもれなく、税金を使って、25万で下取りまっせ〜」と言う物。
うちの車は完全に当てはまりますが・・・(汗)
しかし、まったく興味なし・・・。


最近、友人は1973年のヴィンテージメルセデスを手に入れた・・・。

千葉で買って、福岡までの陸送、6万円、上等の車カバー16万円、レストア費・・・・


コレも、立派な消費なんですが・・・。


経済対策と言っても、メーカ−だけオイシイので、なんか気持ちが悪いです。
10年後は、車好きは激減してるような・・・。

くるま図鑑

実家で、発見!!
情報も古すぎて、間違ってしまいそうですが・・・。
イメージ 1


もちろん、交通(のりもの)を観てみます。
この時は、新しいくるまも、今では、完璧な歴史書になってます。
イメージ 2

さすが、アメリカに憧れてた時代です。
アメリカ車のコーナーも、ちゃんとあります。
イメージ 3

この、奇妙な車はいったい???

ニューヨーク州安全自動車
(事故防止や、事故が起きた時、乗員の生命を守る為の安全装置を持っている車)
JAFみたいなのか、要人が乗るのか、目的と意味が不明です。
背びれみたいなのもありますが・・・。誰か情報を。
イメージ 4

すでに、電気自動車もありました。なんか昭和の遊園地的な雰囲気が懐かしい。
イメージ 5

バイクも旧車です。今では値段が高額になった物も・・・。
イメージ 6


当時は、今みたいな社会になるとは想像もつきませんでした。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事