アメリカかぶれの普通の暮らし

幼少期に、アメリカ映画、ドラマ、音楽とメリケン文化にドップリ洗脳された男のブログ

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

外車お断り

イメージ 1

一昔前は、街のパーキングには良く「外車お断り」
と言う立て看板がありました。

・ぶつけた時の保証が恐い
・大型なので駐車出来ない
・ヤクザ屋とのトラブル回避
などなど

現在では、東京など都会では外車率が半端ではないですから、商売になりませんね。

昔、友人がパーキング待ちの時、前にいたアコードワゴンに乗ったチャラ男君が

「あーこれ、左ハンなんだけど大丈夫?」

おっちゃんは不思議な顔して「これ外車???」

と、あーだこうだ言ってたみたいです。

確かに何を基準にお断りなのか、明確では無いと難しいですね。

Night For V8 Monsters〜!!

イメージ 1

20年以上前の写真です。

田舎の川沿いに放置されていました。

クレーイジー・ケン・バンドの「アメ車と夜と本牧と」が浮かんだ。

かつて、80年代は解体屋・草むらにアメ車の残骸がたくさんあったのを記憶しています。

昔は、イカツさと高級外車はヤクザの乗り物と言われ、キャデやリンカーンは組長、
カマロやトランザムは若い構成員かチンピラ。

子供の頃、近所に白いファイヤーバードが駐車していました。
フードには青い火の鳥「おお〜スゲー!!」とかじりつきましたが、
すぐに母親に「やめなさい!!恐い人が出てきたらどうするの!!」
と叱られた記憶があります。

当時のオイルショックやら不況やらで、アメ車の中古は投げ売り状態で市場にあふれ、
一発目立ちたい輩が、ド派手な仕様で正月仕様にし、後は放置という末路でした。

あれから20数年、めっきり、ヤクザの乗り物はメルセデス・レクサスへと移行し、
アメ車に乗る者は、ただ、こだわりの車マニアというイメージになりました。
しかも、近年では価格も高騰して来つつあります。

嗚呼、今思えばこのトランザムを持って帰っていれば・・・・。
(免許は持ってませんが・・・)

北国?南国?

イメージ 1

南国、九州にも大雪が降りました。

週末土日は大雪で高速道路や電車の交通網は大幅に影響を受け、
深夜12:00を過ぎても帰宅できない人がたくさんいました。

子供達は大喜びで雪合戦に雪だるま、かまくらまで作る子供も!?

恐らく、雪深い地域の人は雪が降ったくらいでこんな状態にはならないと思います。

雪に弱い九州は、たまに雪が積もると大変な騒ぎなります。

イメージ 1

先日、宿泊したホテル。

2泊滞在すると、だいたいシーツを交換しに来ます。

ベッドにはこんなプレートが・・・。

「地球の為に、シーツの洗濯を控えましょう」と言うもの。
このプレートを置かないと、シーツは交換しないと言うメッセージプレート。

そうか、洗濯するのも乾燥機やら、お湯なんかでエネルギーが必要だからね。

いやいや、ちょっと待て、これは完全に経費削減だろ。

通常宿泊料金にベッドクリーニング料が入ってて、エコを理由にあわよくば
クリーニング費用が削減出来ると言うものが丸見え・・・。

しかも、置かないと交換しないと言うのもおかしい。替えないのが基本と言うこと
そして、置くことによって罪悪感を持たせ、「やっぱり止めよう」という心理も利用している。

本当にエコなら、宿泊料を下げて、ベッドクリーニングは別料金にすると思うのだが。

それに、夜にホテルに帰った時、部屋の電気はフルについていました。
これは、さくら点灯です。こっちの方が断然無駄。


しかし、そう言いながら、こちらのホテルのもてなしが良かったので、
シーツは替えずに過ごしました。・・・・チップのつもり。(負け??)

Yes We Can !!

イメージ 1


アメリカ初の黒人大統領誕生。

就任式は空前の200万人、そしてパレードでは、暗殺も危ぶまれる中、

車から降りて沿道の国民に手を振る。

まさに映画です。


この後に日本の国会関連のニュースに切り替わる・・・・。

華がなさ過ぎる。

戦後アメリカに追いついた気がしたが、いまだにセンスの違いは歴然・・・。


この方、純粋な黒人ではなく、黒人と白人のハーフ。そして二番目の父はインドネシア人で
黒人の父はイスラム教徒で、自身はキリスト教、大麻やコカインの経験もあるやんちゃ時代もありという。
一人アメリカ合衆国みたいな人ですね。
完全白人主義だったブッシュ氏とは真逆ですね。
そう言えばブッシュさん、8年も任期をつとめながらも、半ば強制帰国のようにひっそりとヘリで
テキサスへ送還されてた・・・。(寂)

オバマ氏が最も敬愛する第16代大統領リンカーン
就任式ではリンカーンと同じ聖書、式後の食事メニューも一緒。

気になったのは、もの凄い分厚い専用車両のキャデラック

「ここは、リンカーンちゃうんかい!!」と思わずツッコミを入れてしまった。

イメージ 2


しかし、どうしてもノッチが浮かんでしまう・・・。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事