アメリカかぶれの普通の暮らし

幼少期に、アメリカ映画、ドラマ、音楽とメリケン文化にドップリ洗脳された男のブログ

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

ライセンス・プレート

アメリカらしさな物に、ライセンス・プレートも重要です。


イメージ 1


各地のコマーシャル的、アイテムやイラストを織り交ぜたものは
コレクター魂をそそります。
しかも、年代も様々なのでかなりの種類があります。
こういう公共の物に遊び心を入れるアメリカに自由を感じます。

最近日本もナンバープレートの番号を選べるようになり、
ある地域では、形やイラストを配置しようとする動きが活発になってきました。
イメージ 2



GSも、フルサービスからセルフサービスへ主力が代わり、ドライブスルーの普及など、
早かれ遅かれ、結局は全てアメリカの後を30年以上遅れながらついて行ってるようです。

将来は、車検制度の見直しや、主要道路の左折は信号無し一旦停止で進行OKなどになるかも。
最後は、車道でひかれると人間の方が悪いと言うのも??

修理工場活況

イメージ 1

年末にドライブがてら、行きつけの修理工場へ。

この不況の中、修理依頼の車で一杯でした。

社長に聞くと、例年より忙しいらしい。

新車が売れない代わりに、修理して乗る人が増えているとのこと。

ニュースで車メーカーは大騒ぎですが、別の場所では景気がいいようです。

ハートブレイク・横浜

3連休は、東京に行く用事があったので、
「これは絶好のチャンス!!」と、1日のみ念願の横浜へ出かけた。

かれこれ15年以来の、憧れのヨコハマ。

まずは、目星を付けてたアメ車ショップへとドライブ。

・・・・・・・休業・・・・・。

シャッターの前でうなだれます。 ここからが不運の始まり。

道沿いの旧車ショップで冷やかし見学?

たまたま通りかかった。○カツの大きな工場に
「おお!!こんな所にあったのか!!」ちょっと覗いていこうと、渋滞にはまりながらもパーキングに入りました。
中にはスーパーカーだらけ。昔はもっとアメリカンな感じだと思ってたんだが・・・。

すると、無愛想な男が無言で入り口にチェーンを掛けるではないですか。
「ここに入るなよ!!」と言わんばかりの不機嫌な顔で。
車から降りようとすると。その男:「なんですか!!」
「え?いや・・・ショールームだと思って・・・。」 その男、お前らが来るような所かよ的な態度をしながら、
無言で事務所へ戻ります。「はあ?」
唖然です。最近味わった事のない人の冷たさを実感しました。
ここからはテンションがた落ちです。憧れた横浜の映像が粉々になりました・・・。

おまけにレンタカーのフロントガラスにヒビが!!
「いつの間に??」

次ぎに訪れたアメ車ショップ。人間不信のトラウマにおびえながら
社長さんはとても気さくで格好いい。まさに思い描いたクールな横浜男でした。
イメージ 1


コンビニで休憩。「???」フロントフェンダーがボッコシへこんでます。
「えー???これまたどこで?」どうもガストで朝食を食べた時に当て逃げされたようです・・・。

最終はムーンアイズを訪れます。
イメージ 2

ムーンカフェもうまい。あーここが日本のアメリカンカルチャーのカリスマ・・・・と物思いに浸りながら。

駐車場にはロードランナー!!さすが横浜、かっこええ!!
イメージ 3


しかし、ムーンアイズから見える景色に不安を感じました。
それは、開発の波と、人口の増加による街の飽和状態化です。

15年前に来た時は、もっと異国情緒があって、アメ車の多さにビックリしました。
我々他県から観ると、横浜はアメリカナイズの街で、町並みも車も洒落たアメリカかぶれがたくさんいると
言うイメージですが、現在はかなり横浜らしさが薄れていることに不安を感じます。

人口増加により、よそ者の暮らしやすいショッピングモールを設け
逆に、横浜の味であった本来の異国情緒な物は全て排除されて、どこでもありがちな日本の街と言う、
何とも皮肉な結果が待ち受けているような・・・。
イメージ 4


この後、レンタカー屋で修理費を払うはめに・・・。
しかも、このレンタカー屋、当て逃げも完全に疑った冷たい態度で接します。トホホホ・・・・。

今度、行く時はいい旅になりますように・・・。

HAPPY NEW YEAR!!

イメージ 1

いよいよ今年も始まりました。

今年は良い年のような気がします。自己暗示ですが・・・。

昔、ラスベガスへ、カウントダウンに参加する為、
LAから車を走らせいったことがあります。
LAのヤング達はラスベガスでカウントダウンをするのが結構、恒例のようでした。

メインストリートは歩行者天国。12時に近づくに連れて、もの凄い群衆です。
上半身裸の酔った若者が、ヤシの上に上って木を揺さぶり、ポリスマンに連れていかれました。

5.4.3.2.1 カウントダウンと共に、至る所から花火と歓声、クラクションが
一声にに鳴り出します。あたりの人、道行く人と、「HAPPY NEW YEAR!!」と
いいながらハグをし合います。
近くにかわいい女の子がいればラッキーですが、
あいにく元気のいいお兄ちゃん集団と盛りあがってハグです・・・。

1時を過ぎても興奮冷めやらぬか、渋滞の車から、またまた、「HAPPY NEW YEAR!!」と
今度は握手の嵐。

向こうから、男女のヤングな集団が歩いてきました。「オー!! ジャパニーズ?!」
グラマラスな女の子からハグを受けました。彼女はとても日本が好きなようでした。
「アケマシテ・オメデトウゴザイマス!!」と両手を合わせて言ってました。

ヒップホップな兄ちゃんから、サンタの格好の老人、ソウルフルな黒人ギャルにアジア人
悪そうな10代のメキシカン・みんな関係なくハグをし、同じ時間を祝う。

今まででこんなに元気の良いカウントダウンをしたことがありません。

アメリカも早く、この時のような元気を取り戻して欲しいですね。

クリスマス・イヴ

イメージ 1

日本中が完全に、かぶれてしまっているクリスマス。

色々な愛情が満ちて、人に優しくなれる日というのは

宗教は関係なく、単純にイイコトですね〜

独身の頃、イブに駅周辺を闊歩していたら、聖書を持った女の人に、すれ違いざま
「神は、あなたを愛してます!!」
「!?!?!?」 「・・・・そりゃ・・・どうも」

クリスマスの、いい思い出がない分
「愛してます」
この聞き慣れないフレーズに、にんまりしたことがあります。(汗)

アメリカかぶれと言いながら、イブに鍋を食べようとする我が家・・・これでいいのか?

まあいいか、理屈は無しで、かぶれましょう。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事