アメリカかぶれの普通の暮らし

幼少期に、アメリカ映画、ドラマ、音楽とメリケン文化にドップリ洗脳された男のブログ

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

恐怖のレストルーム

アメリカで、困るのがトイレ(REST ROOM)です。

コイツは緊張します。

・異常に高い小便器。(子供はどうすんだ?)

・足がつま先立ちになりそうな大便器(誰を基準につくってんだ??アジア人は無視かい!!)

・下から足を掴まれ引っ張り出されそうな高いトイレブース(人が入ってくるたびに恐怖を覚える。)

・トイレットペーパーのロールが異常にデカイ!!しかも引っ張るのが重い・切れる、なんで横???
(確かに、取替の回数が少なくすみそうだが・・・。)アメリカを感じるところでもあります。

イメージ 1


日本のトイレの綺麗さは世界一です。
パチンコ店やホテルのトイレは大理石にウォシュレット、手洗いは温水と完璧です。
アメリカに限らず、世界中どこでも、トイレに神経を使いますが、
日本のトイレほど安心・清潔な所はなかなか無いですね。

アメリカでも、ラスベガスあたりでは、トイレにボーイ(執事?)がいて、お手ふきのタオルを持ってます。
いつもぴかぴかにしてくれてます、チップが要ります。(なんか気を遣う?)

GSなんかでは、カウンターで鍵を借りて・・・見たいな所も多いです。



■古いショッピングモールの駐車場の端っこにトイレがありました。
何も気にせずに急いでトイレへ急行。

入った瞬間、ただならぬ別世界。

照明は点てないのか、球切れか、薄暗く窓から入る光のみ・・・。
トイレブースのドアは完全にありません。(犯罪防止なのか?)

黒人のおっちゃんが新聞を読みながら、大便器に座り、でっかい声で歌ってます。
臭いも半端ないです。

小便器の方には、トラック運転手らしいファットな大男が用を足している。

もう一人は、190儖未猟紅韻覇がはげた口ひげの・・・・。
確実に前科がありそうな恐ろしく人相の悪い白人が、
トイレをするでもなく、ただトイレブースに寄りかかり腕組みをしてこっちを見てます。


↓ こんな感じ? ↓


イメージ 2


一瞬引き返そうと考えたが、それもどうかと思い、根性を出して小便器へ・・・。
小便も出るか出ないか解らないまま、早くその場を脱出したくて。

手を洗おうと手洗いへ行くと、手洗い器が完全に破壊されてます。
どうしてこんな事に?
「普通、手洗い器が割れるかーーーー???」
ステンレス製ってのが多い理由がわかった・・・。


■知人は、ある郊外の公衆トイレでトイレブースで用を足していたら、
若い10代くらいのグループが、一声にトイレブースを叩きながら出て行ったそうな。
ただのいたずらでしょうが、日本人はアカの他人にそんないたずらは絶対しません。


■ハワイの郊外でMACに行った時、トイレの個室を開けたらトイレットペーパーを縦横無尽
蜘蛛の巣のようにされてました・・・。(どういうつもり・・・???目的が・・・。)


アメリカの公衆トイレだけは、慣れません。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事