全体表示

[ リスト ]

平清盛の最後

最期

平清盛 菊池容斎画、明治時代治承4年末までには(1180年)、平氏の勢力基盤である西国においても伊予の河野通清・河野通信父子、翌治承5年1181年には豊後の緒方惟能・臼杵惟隆・佐賀惟憲ら豪族が挙兵し、伊勢志摩においても反乱の動きがあった。さらに東国においても平氏方であった佐竹氏などが頼朝によって討伐されるなど、反乱がいよいよ深刻化してくる。

このような中で、清盛は京都を中心に新体制を築こうと、畿内近国の惣官職を置いて宗盛を任じた。天平3年(731年)に京・畿内を対象に兵馬の権を与えられた新田部(にいたべ)親王の例に倣ったものであり、畿内近国に兵士役と兵糧米を課して臨戦体制を築いた。また丹波に諸荘園総下司職を設けて、平盛俊を任じた。さらに越後の城資永、鎮守府将軍・藤原秀衡に源頼朝・源信義追討の宣旨を与えている。2月26日には重衡の鎮西下向を中止し、宗盛以下一族の武士が東国追討に向かう事が決められていたが、清盛は27日に熱病に倒れた。死期を悟った清盛は、自分の死後はすべて宗盛に任せてあるので、宗盛と協力して政務を行うよう法皇に奏上したが、返答がなかったため、恨みを残して「天下の事は宗盛に任せ、異論あるべからず」と言い残し、閏2月4日に九条河原口の平盛国の屋敷で死去した。享年64。

病状の記録から、恐らくは大陸から伝来して流行していた風土病であるマラリアに罹ったものと思われる。ちなみに、当時の日本は現在よりも気候が温暖であった。清盛の死により、平氏の新体制作りは計画倒れに終わってしまうのである。なお、『平家物語』では清盛が死に臨んで「葬儀などは無用。頼朝の首を我が墓前に供えよ」と遺言を残したとしている。これは平安時代末期の武士の感覚からはありえない遺言であり、後年の創作であるとも言われている[要出典]。『玉葉』によると、死去した年の8月1日、頼朝が密かに院に平氏との和睦を申し入れると、宗盛は清盛の遺言として「我の子、孫は一人生き残る者といえども、骸を頼朝の前に晒すべし」と述べてこれを拒否している事から、頼朝への激しい憎悪があった事は事実と思われる。

閉じる コメント(2)

おはようございます♪

清盛はやはり、広島時代に安芸の宮島の厳島神社の影響ですね!
あちらでは人気が有るみたいですので、その影響で好きになりました♪
>『平家物語』では清盛が死に臨んで「葬儀などは無用。頼朝の首を我が墓前に供えよ」と遺言を残したとしている。これは平安時代末期の武士の感覚からはありえない遺言であり、後年の創作であるとも言われている

私もこれは有り得ないと思いますが清盛が亡くなったのが1181年頼朝が挙兵したのが1180年でしたので清盛は頼朝の挙兵を亡くなる前に知っていたようですので、激しい憎しみが有ったのは事実でしょうね!

伊達さまのは本当に記事数が多いのでこれからも拝見させていただきますね♪
[傑作]凸ポチ☆

2011/7/7(木) 午前 8:26 remon 返信する

レモンさん おはようございます。私は生まれも育ちも千葉市なので

どうしても清和源氏と坂東武者の目線で見ますので、西国の

桓武平氏の事を良く思わないところが有ります。でも特に広島県の

方達からしたら、厳島神社と平氏の密接な関係とやはり身近な

英雄なので人気は有ると思います。これは源氏は関東で平氏は西国に

基盤が有った事が今でも影響している事を考えると、源平期の

話は現代につながっていると改めて思いますね。それと清盛は

何となく信長に似ていて当時としては、かなり合理的な人物だと

思います。それに頼朝激しく憎むのは自分が生かしてしまった

後悔もあるかもしれないですね。この辺は人間清盛が現れていて

その心情はよく解かりますね。私も長くプログに記事を掲載

しましたので膨大になりました。自分でも何をしたか解からない

ほどです(^ー^) 多分これからも増えると思いますが宜しく

お願いします<(_)> [傑作]凸ポチ☆有難うございます。

2011/7/7(木) 午後 2:17 [筆頭・伊達政宗] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事