全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全957ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

【相良為続死去】1500年6月4日
『相良氏法度』七箇条を制定した肥後人吉城主・相良為続が歿す。享年54歳。

【天王寺の戦い】1531年6月4日
細川晴元・三好元長が赤松政村の加勢を得て天王寺の細川高国を攻めこれを撃破。浦上村宗は戦死、高国は元長に捕らえられる。

【鹿が谷の戦い】1558年6月4日
将軍義輝・細川晴元が山城如意が嶽に陣し三好長逸らと鹿が谷に戦う。

【野洲川の戦い】1570年6月4日
柴田勝家が近江野洲川で六角義賢・義治親子を破る。これが後に言う「瓶割り柴田」の由来となった戦とされる。

【波多野兄弟磔殺】1579年6月4日
織田信長が、明智光秀が助命を約束して降伏させたはずの波多野秀治・秀尚兄弟を許さず、安土で磔にする。この結果、波多野方に人質となっていた光秀の母が殺されたと伝えられる。

【高松城落城/家康が三河上陸/織田勢が魚津城から撤兵】1582年6月4日
羽柴秀吉が信長の死を秘し毛利軍と和睦。備中高松城は落城し、城将清水宗治は自刃。また徳川家康一行が伊勢白子より三河大浜に上陸(異説あり)、越中では魚津城に本能寺の変の報が届けられ、織田方諸将は撤退する。

【伊達政宗が猪苗代城へ】1589年6月4日
伊達政宗が猪苗代盛国の救援に出陣、猪苗代城に入る。

【真田昌幸死去】1611年6月4日
真田昌幸が配流先の紀伊九度山善名称院(真田庵)で病歿。享年65歳。

【前田慶次郎死去】1612年6月4日
戦国の奇人・前田慶次郎利大が会津無苦庵(異説あり)にて歿す。享年不詳。

【近江の国人衆が守護家を攻撃】1501年6月3日
近江の国人浅井直種・三田村彦左衛門大夫らが守護京極高清の重臣上坂家信に背き、今浜城を攻める。

【将軍義稙が帰京】1513年6月3日
甲賀郡へ出奔した将軍足利義稙が病を得て帰京する。

【信長、斎藤勢と交戦】1560年6月3日
織田信長が美濃に侵攻、斎藤義龍方丸毛氏・市橋氏らと戦う(日付は6/2とも)。

【三好氏が八瀬童子の課役を免除】1565年6月3日
三好義継が比叡山領八瀬荘住民(八瀬童子)の課役を免除する。

【光秀は坂本へ/秀吉は講和を急ぐ/家康は加太越え/越中魚津城落城】1582年6月3日
明智光秀が瀬田に到着、坂本城へ向かう。安土城の守将蒲生賢秀は信長側室を奉じて日野城に避難する。また、備中高松の羽柴秀吉のもとに本能寺の変の報せが届き、安国寺恵瓊らと講和を急ぐ。一方、徳川家康一行は伊賀に入り、伊賀衆の警護により加太越えを行い、伊勢白子浜から三河へと船で向かう。北陸戦線では柴田勝家が魚津城を落とす。

【三成・吉継らが渡海】1592年6月3日
石田三成・大谷吉継・増田長盛が在鮮軍の奉行を命じられ渡海する。

【島津忠恒、荘内の乱鎮圧へ】1599年6月3日
島津忠恒(家久)が伊集院忠真討伐に出陣する。

【真田昌幸室山之手殿死去】1614年6月3日
真田昌幸の室山之手殿(京の御前)が紀伊九度山善名称院(真田庵)で自殺する。享年不詳。

【金森可重死去】1615年閏6月3日
飛騨高山城主金森可重(長近の養子)が歿す。享年58歳。

【今川義元夫人死去】1550年6月2日
武田信玄の姉・今川義元夫人が歿す。享年不詳。

【六角義賢と三好長慶が和睦】1562年6月2日
六角義賢が三好長慶と和睦、京から撤退し近江坂本へ移る。

【信玄、駿河再侵攻に出陣】1569年6月2日
武田信玄が駿河再侵攻に向け躑躅ヶ崎を出陣する。

【家康、駿河に出兵/三村元親自刃】1575年6月2日
徳川家康が兵を駿河に進め、由比・倉沢を攻めて帰陣する。また、小早川隆景に攻め落とされた備中松山城主三村元親が自刃。享年不詳。

【光秀、八上城を攻略】1579年6月2日
明智光秀が丹波八上城の波多野秀治・秀尚兄弟を攻め落としてこれを捕らえ、安土に送る。

【信長、尼崎城を攻略】1580年6月2日
織田信長が本願寺と講和後も抵抗を続けていた摂津尼崎城を落とす。

【本能寺の変】1582年6月2日
明智光秀が京都本能寺に織田信長を、続いて二条城に信忠を襲い、信長は炎上する本能寺で、信忠は二条城にて相次ぎ自刃。信長享年49歳、信忠享年26歳。高野山攻めに赴いた織田勢は信長死去の報に退却、高野衆に反撃され痛手を受ける。またこの報に接した徳川家康一行は急ぎ国元へ向かうが、別行動した穴山信君は草内渡し付近で一揆に殺される。一方、越中では佐々成政が柴田勝家らの来援で上杉方中条景泰の拠る越中魚津城を落とす。

【佐々成政が肥後国主に】1587年6月2日
豊臣秀吉が佐々成政を肥後国主に任命する。

【海北友松死去】1615年6月2日
浅井家の猛将海北綱親の子で、絵師の海北友松が歿す。享年83歳。

【『伊勢物語』講釈終わる】1498年6月1日
京の学問所での堯恵(ぎょうえ)の『伊勢物語』講釈が終わる。

【島津忠隆が三宅国秀を殺害】1516年6月1日
薩摩の島津忠隆が琉球攻略のため兵を率いて坊津に停泊中の備中連島の三宅国秀を殺害し、これを幕府に報ず。

【延暦寺などが法華宗徒討伐を上奏】1536年6月1日
延暦寺・園城寺・東寺などが法華宗徒討伐を上奏、大和興福寺に合力を求める。

【伊達家で内紛】1546年6月1日
伊達晴宗が白石城へ逃れ、伊達稙宗が西山城を回復する。

【甲州法度之次第発布】1547年6月1日
甲斐武田家の分国法「甲州法度之次第(信玄家法)」が発布される。

【里見義堯死去】1574年6月1日
房総の里見義堯が本拠久留里城で病歿。享年63歳。

【藤堂高吉誕生】1576年6月1日
後の名張藤堂家の祖・藤堂高吉が生まれる。父は丹羽長秀。

【信長が本能寺で茶会/家康一行が堺で接待/光秀が亀山城を出陣】1582年6月1日
織田信長が本能寺で博多の豪商島井宗室らを招き茶会を催し、徳川家康一行は堺で松井友閑から茶の湯の接待を受ける。また、明智光秀が一万三千の軍を率いて丹波亀山城を出陣する。

【猪苗代盛国、反旗を翻す】1589年6月1日
蘆名義広麾下の猪苗代盛国が伊達政宗に通じて反旗を翻す。

【石田三成らが忍城を包囲】1590年6月1日
豊臣方の石田三成らが北条方の武蔵忍城を包囲する。

【家康、伏見城を修築させる】1602年6月1日
徳川家康が諸大名に伏見城を修築させる。

【※旧暦の今日5月31日はありません】
代わりに朝倉宗滴のミニ・エピソードを。

朝倉家にあって、まさに「武人」と呼ぶにふさわしい彼が、その著書「朝倉宗滴話記」に記した言葉をひとつ。「武者は犬とも言え、畜生とも言え、勝つ事が本にて候」・・・まさに生涯を一向一揆との戦いに明け暮れた勇将らしい言葉ですね。

全957ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事