ここから本文です
ダンス・スクール ロイヤルはダンスの殿堂
金沢の中心香林坊・柿木畠、蛇の目寿司さんの向かいのビル 3階で営業しています、秀樹先生は週末金沢でレッスンをしています。

日曜日はダンスの日

イメージ 1

日曜日はダンスの日
日ごろ社交ダンスにあこがれていた貴方、日曜日はダンススクールへ行こう。
親子で社交ダンスに挑戦、3歳から中学生までのジュニアコース。

この記事に

キンチョウ

イメージ 1

キンチョウ
年は同じだが先輩の女子は早くから会場でシャドー。
初出場の3名は何から何まで初めてですごいキンチョウ。
それでも新人女子は先輩に負けじとシャドー。
男子2名の新人はまだ靴ひもを締めている。
やっとフロアー近くまで来るが練習できない。
背中を押されて少し練習。

それでも競技が始まると一生懸命、決勝にも進出。
よく頑張ってくれた。

この記事に

さあ行くぞ

イメージ 1

対外試合初挑戦、頑張るぞ

この記事に

今年の夢

 今年はきっと素晴らしい年になるだろうと心が浮き立っている。
半面、思いと現実の歯車が合わずたたらを踏む事もしばしばである。

 1月行く、2月逃げる、3月去る、この季節を言い表す言葉の通り振り向く暇もなく月日は過ぎていった。
その間、新年会、メダルテスト、JCFユニバーサル審査で東京にも足を運び、先週はJDCの競技会も観戦してきた。
来週は大宮の方に審査にも行く。
いろいろ書きたいこともあるが、そこは皆様の考えでご理解していただく方が良いとこの頃思う事にしているので解説はしない。

 今年の最大の目標は競技会をホテルで開催しようと考えている。
従来のように昼は競技会を開催するが、夜ディナー付きワイン舞踏会にする。
もちろんバンドを入れてプロ・ラテン、ボールルームの決勝を入れる豪華版だ。
異業種との交流で新しい観客も動員してダンスのイメージをオープンにする。

 近年、マスコミの垂れ流し報道より自分で判断をする風潮に変わり始めている。
ダンス界も風評などに惑わされずしっかり自分の判断に従って行動すべきと思う。
最近、日曜日に団体レツスンをして欲しいとの要望があり始めて見た、かなり若い層で従来のダンスのイメージと違うレッスンをしている好評だ。

この記事に

イメージ 1

イメージ 2

2016クリスマスパーティー
暮れも押し迫った12月23日恒例のクリスマスパーティー
お客様お目当てのオープニング、格調高いショーで幕開け。

1年締めくくり。日ごろのレッスン成果を40周年パーティーより導入の石川ジャズオーケストラ演奏で演技発表。

ゲストはJCFラテン・ファイナリスト歩浜敏夫・松浦のぞみ組。
当スクールの統一戦セミファイナリスト中嶋秀樹・美喜組
地元のプロ選手たちの演技発表で締めくくる。

楽しいひと時をスタッフ・お客様・応援の観客の皆様とで分かち合う。
2017年も頑張ろうと手を取り合い誓い合って散会としました。
ありがとうございました。

この記事に

中部ダンス選手権大会

イメージ 1

イメージ 1

11月20日 中部ダンス選手権大会、朝8時家を出る。
晩秋にしてはあたたかな良い日よりとなった。
会場の音楽堂交流ホールは9時になると何時もになく人出が多い。
子供のお母さん、バンドのメンバー、役員の先生も出足が早い。

ジュニア選手は11名、4つの出場枠があるので観客は大喜び。
バンドは正面舞台でプロ選手権とダンスタイム、オナーダンスにプロ・アマミックス、アマデモの演奏と大活躍。
金管楽器がライトに反射してキラキラ輝く。
選手権はバンド演奏でのびのびと踊る。
観客は選手とバンド演奏に酔いしれている。

私はあいさつで日本で一番少ない出場選手の競技会なのに日本で一番華やいだ競技会だというと大きな拍手が返ってくる。
選手も観客も一体となり大変良い競技会となった。
お帰りの観客を出口で見送ると楽しかった有難うとみんな顔が輝いていた。

この記事に

イメージ 1

    JCF中部ダンス選手権大会
暑い秋だといっている間に、寒い晩秋のような今日この頃。

恒例のJCF中部ダンス選手権大会開催日も近づいてきました。

今回はプロ・選手権競技・他を20数名のフルバンドである石川県ジャズオーケストラ・ピラミッドの演奏で行おうと企画してみました。。

もちろんダンスタイムもバンド演奏3回に分けて 約 1時間。

 見るだけの競技会から観客も踊れる参加型競技会。
   
   前売り 入場券 A席券 \6000
           B席券 \5000
          立ち見券 \3000 
 ダンススクール・ロイヤル 076₋223₋7577 へお申し込みください。

当日は\500UPとなります。高校生以下は無料です。

ぜひ、お誘いあわせて音楽堂交流ホールへお越しください。

この記事に

40周年記念パーティー

お盆も過ぎまだまだ暑い日が続きますが、風の音にも秋を感じる季節となり。
早いもので7月30日にダンススクール・ロイヤル40周年記念パーティーを開催してから3週間が過ぎいる。
緊張から解き放たれ暑さと疲れであっという間にお盆となり気が付くとセミの声が変わり、草むらで虫の声が騒がしくなっている。

40周年パーティーではいろんな方々にお世話になり誠にありがとうございました。
年月の長さと私どもを支えてくださいました人々の厚意に感謝する気持ちの日となりました。
東京、京都、三重、富山、福井からと応援に来てくださいました先生方には心より感謝申し上げます。

周年パーティーは過去何回か開催してまいりましたが25周年の秀樹・美喜結婚式披露宴以来の記憶に残るパーティーとなりました。
それは年のなせる業で、皆様に対面して話をしたり、ダンスに対する姿勢をはっきり表に現わせる自信みたいなものが出てきたからかなと思います。

石川県ジャズオーケストラ・ピラミッドの21名が真剣に演奏する中を踊るアマチュアデモはいつまでも記憶に残るでしょう。
ダンスタイムもノリノリ。

プロデモはJCFが誇る中嶋秀樹・美喜組と元ラテンチャンピオンの中泉・松岡組、現ラテンチャンピオンの渡部真之・倫子組 の華麗な演技の競演。
将来のチャンピオンを目指すジュニアたちの生き生きした演技に拍手は鳴りやまず。
楽しい時間はあっという間に過ぎ行きました。

ありがとうございました、楽しかったですよ、これからも頑張ってください、いろんな言葉を残して嬉しそうにおかえりになるお客様を見送って幸せ者だなと感じる1日でした。

この記事に

JCFCUP九州

新幹線で九州へ。
山陽新幹線は山とトンネルばかり。
関門海峡トンネルと思われるトンネルを抜けると空気が一変、明るい九州だ。

ほどなく小倉に到着、乗り継いでスペースワールド。
タクシーで北九州八幡ロイヤルホテルへ。
ホテルに到着、主催者と懇談していると東京よりの関係者が到着一気に盛り上がる。
会長の毛塚先生、山本千恵子、天野博文夫妻、鈴木、海宝、児玉・・・・・先生。
ご苦労様です、遠いところをありがとう全員と挨拶。

部屋の鍵をもらい荷物は来ていますか。
来ていない。
こんなこともあろうかと木曜日に送ったのに。
雨の為何処に有るか分らないとのこと。

ウェルカムパーティーで審査用のタキシードが無い事を説明する。
夜遅く何とか探したそうで十時までにはホテルに届けると連絡があり一応安心。

翌日、8時40分審査員会議。
9時よりJCFCUP九州の競技が始まる。
私は受け持ちが多くいろんなセクションを審査させてもらった。
何時ものことだが踊っている選手は命がけ、こちらも命がけ。
私の1点で人生が変わることもあるのだから真剣である。

プロ・ボールルームは庄司組が貫録の優勝。
準優勝は三浦組、3位には中嶋組。
プロ・ラテンは西部の渡部組が優勝。
準優勝は中村組、3位には中川組。

当スクールより選手として中嶋秀樹・美喜組、沖野智征・中村綾子組、名古屋より松田時和・佐原佑衣組、私ども夫婦と5名の方の応援団もあり大いに盛り上がった。

次の日は午前中、JCFの理事会、総会がありしっかりと討論する。
来年は西部主催、大津プリンスホテルでの盛会を祈願して散会。
お客様と小倉へ出てホテルで食事、お礼を言ってお別れ。
再び新幹線の客となり、サンダーバードで金沢へ無事に帰りました。

この記事に

シェープアップ

2013年3月31日
私は地元の体育館へ行った。
ジムがありたくさんの人たちが体を鍛えている。
私も利用できますか、はいどうぞ。
早速入会した。
何と無く体力の衰えに気付いていた、又子供たちと動かなければとの不安もあった。

どう鍛えるか、動かすか、調整するか。
暗中模索から始まり、60歳を過ぎたら器具を使わず自分の体で鍛えるのが良いなどの知識も有ったのでいろいろ試してみた。
器具にはいろんな段階が書いてある、軽い運動、シェープアップ、鍛える等々。
私はダンスの為が目的であり筋肉隆々に等ならなくてもよいのでシェープアップという目標にする。
皆様は負荷をかけ汗をかいて曲げている。
私は汗もかかずに手先、指先、腕を伸ばす、足腰を伸ばす、首、背筋を伸ばす。
伸ばすことばかりをやっている。
それに肩甲骨の周りを柔軟にする、腰の周り股関節の柔軟性を高める運動ばかりをしている。
鉄棒はぶら下がりっぱなし。
みんなと反対の鍛え方だ。

3年が経ち、以前より体力が付き足など細かったのがふっくらと丸みを帯び少し太くなったように感じる。
又肩など肉が落ち背広の肩が下がっていたが今ではびしっとして形もよくなってきた。
イチローと比較するのはおこがましいが体の手入れを続けることが何とすごいことか実感している。
ダンスを教える限りやはり体の手入れをするのはお客様に対してもマナーだと思い続けたいと思う。
今日も子どもたちに負けないよう張り切ってレッスンをしている。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事