ここから本文です
ダンススクール・ロイヤルはダンスの殿堂 076-223-7577
金沢の中心香林坊・柿木畠、蛇の目寿司さんの向かいのビル 3階で営業しています、秀樹先生は週末金沢でレッスンをしています。

パートナー募集

青年がスクールに来た

元学連ダンサーだ

こちらの大学院に入学した

ダンスを続けたいのでパートナーを募集中

秀樹先生が相談を受けたらしい

しっかりした青年だ、力になってやりたい

どなたかお知り合いでダンスの好きな女性を知りませんか

自薦・他薦経験がなくても結構ですすぐうまくします、紹介願います。

この記事に

少し続けてみよう
相撲で千秋楽3役そろい踏みがある
扇の形・逆扇の形でしこを踏む

ダンスに戻す
ホールドをして男性から見た場合
1.男性右足中心で女性両足の形 (扇の形) と
2.女性右足中心で男性両足の形 (逆扇の形) がある
どちらを採用しているか考えてみよう
ダンス界では圧倒的に1.と答えると思う

私は2.を採用する

ワルツの女性ナチュラルスピンターン4で右足2分の1ピボッティングアクション
ワルツのオープンテレマーク女性の
1右足後退
2左足 右足にクローズ(ヒールターン)
3右脚PPで・・・・・
右脚が主役だとわかる
女性右足中心、男性が両足でフォローしている状態が良く分かる

農作業・作業用の1輪車を男性が動かしていると考える
その1輪を女性の右足と考えて踊ってみてください
すごく踊りやすくなることに気が付くと思います
早速練習してみてください

この記事に

開くトラックバック(0)

やっと躍り方について書き始める
まずタンゴ
Sスロー・Sスロー・Qクィック・Qクィックと言いながら踊っている
タンゴに見えない
スローもクィックも単位が同じだ
唯記号のように言っているだけだ
スローはクィックの倍の長さの単位だ
スローはクィックの倍だからクィック・クィックでスローだ
1単位でと言ったのは1歩と言いたくなかったから
其の1単位のどこの部分で足を着くかということになる
時間の始まりから何分の何単位で足がつくと一つのフィガーとしてスムースに動きを止めずに流れるように着地して止まれるか

まだ続く
スローをクィック・クィックで数えて良いのであろうか
初級者・中級者はそれでもいいが
上級者はまだ小さくして
スローを1.2.3.4と割ったらどうなるだろうか
その何番目に足が着地するか
まず答を言おう
3番目だ、一概に3番とは言えないが概算的に考えるといい
しかし1.2.3番目ではない、1から数えると1−2,2−3で間は2
前の4、すなわち0から始めて4.1.2.3番目だする
その間は4−1、1−2、2−3の間は3で有る、分かるかな

分る人はプロでもかなり高いクラスの選手だ
分ってもこれを踊りの中に入れるのは並大抵ではない
すごい練習がいる、そのルーティン全部に当てはめるには数年かかる
従って1年でも早くダンスを始めないと追いつかない
それがジュニアから教えるという事である
スローを8分割にして踊ればもっと良いダンスになる
上を極めればキリがない
SQQS等一つ一つ取り入れてみてください

この記事に

開くトラックバック(0)

ダンス雑誌で元チャンピオンが現在のダンス音楽に対して苦言を呈していた
ビートだけが強く音楽性に乏しい
クオリティーの高い音楽で練習しろと

その通り
ベートーベン ピアノ協奏曲 皇帝 第1楽章
タンゴにもってこいだ
カウント・ベーシーのジャズ Satin Doll も面白い 
何の変哲もないビートがつながるだけなのにスローを踊ると最高だ

販売されているダンス音楽は誰でも踊れるが
1率的で音が大きいだけだ
音楽CD等買っても本当に踊りやすい曲は2.3曲

自分の好きな曲と踊りやすい曲とは違う
踊りやすいか踊りにくいかわからないで踊っているとケンカばかりになる
トラブルになったら曲を変えてみる
トラブル曲はたとえ好きな曲でも踊らないこと

踊りやすい曲は音が後ろから聞こえ、音が付いてくるように感じる

この記事に

開くトラックバック(0)

懐かしい再会

金曜日 スクールの前を着物姿の女性が歩いている

  こんにちは! ?? あっ!

以前体験レッスンに来て頂いたエチオピアの女性だ
  今日は着物姿でどちらへ
  お茶のお稽古です
  へぇー
  一重よ! 夏になったからね 先生に叱られるかな
日本人より日本人らしい

土曜日
  こんにちは
お母さんと2人の子供たち
  アウちゃん、アルダリ!!
私は2人を抱きかかえました
  大きくなったな、元気にしているか、ダンスは続けているか

矢継ぎ早の質問にアウちゃんは恥ずかしそうにはにかんでいる
やんちゃだった弟はおとなしくなりお母さんの後ろにかくれる

  お久しぶりです、100万石まつり見物でよってみました

思えば 2013年6月5日初めて教室に来てレッスンを始めた
石川県・私の処で念願の初めてのジュニア
初期の段階で子供達やお母さん達のダンスに対する方針の不一致などでアウちゃんのレッスンは中止となったが何かあったら又呼んでくださいと別れた
お母さんの熱意がなければ今のジュニア達は無い、大恩人である

  今はほかの教室でレッスンを受けています
  それは良かった、やめないで続けていてくれてありがとう
  どこかにリーダーがいませんか
  探してみましょう
  お願いします

5年の歳月の中でいろんな事があった、懐かしそうに教室に居た頃のビデオを見たり、仲間たちの競技会を見たりして再会を約束し帰って行かれた

 外国人の方に、昔の日本人を見ているような義理堅さを感じる

この記事に

バランス 1−3
用 具  2−3

用具でバランスを良くし楽しく踊れる方法発見

骨折や捻挫、モートン病、外反母趾、病気などで手術をしたり高齢など
バランスの悪いのに一生懸命レッスンに通ってくるお客様がいると
どうしたら無理なく踊ってくれるかといろんなことを考えました

メカノレセプターの活用
メカノレセプターという言葉が近頃目・耳にすることが増えたと思います
足裏にはそれを感知する何かがあるというのである
インターネットでは高齢者転倒防止等いろんな研究結果などが載っている
インソールの効果・足指運動等

私もいろいろ実験しました
中敷きも試してみましたし作っても見ました
私を実験材料にして夜遅く3時ころまで教室にいることも有りました

中敷きを入れてはシャドーしたりしているといちいち靴を脱がなければなりません
そこで脱ぐのが面倒なので外からただ貼ってみたのです、
すると私のバランスが変わったのです、踊りやすくなったのです
材料を変えたり大きさを変えたり貼る場所を変えたりしているうちに
有る法則があることに気付きました
今では大体私の理想の範囲内に男性・女性共踊る事が出来る様になりました

黙々と練習さえすればうまくなると思っている競技選手などもバランスが悪いから良い練習もできず成績が取れないのだとすぐわかります

興味のある方、バランスの悪い方は体験してみませんか
研究に参加してください
(紙面なので具体的に表現できません、お許しください)

こんな研究を誰も認めてくれませんでしょうから
イグ・ノーベル賞にでも提出してみようかと思っています
間違いなく効果があります

この記事に

開くトラックバック(0)

5月の風

イメージ 1

1週間に1度文化センターへ教授に行く
街にスクールがあっても繁華街へはあまり行かない
あまりにさわやかなので写真に収めた
1日1日ではあまり変わらない季節の動きでも1週間では変わって見える
つい先日まで大雪だったのに、襟を立てて歩いた日、桜が満開・・・・・汗を拭きながら歩いた日、何も考えないで歩いた日
週に1回年に約45回程
この通りを文化センターへと何年歩いたことだろう
町の風がそんな季節の変化を教えてくれた

この記事に

ダンスの習い方5−2

ブラックプールへは何回も行った
講習会もよく受けた
講師は世界的チャンピオンクラスだ
日本チャンピオンなども受ける

面白いのは講義と次の講義の間に日本人は絶対しないようなことが起こる
例えば前の講師がホールドは柔らかくと口酸っぱく言っていたその休憩時間に次の講師がホールドは硬くと受講生に触らせるくらいの事をする

日本人はチャンピオンクラスが数人講習会をしてもあからさまに前講師の反対の意見を言うことはないと思う
単一民族的で相手を慮る
それでは良いアイディアも画期的なダンスも出ず同じダンスの戦いになってしまう
外国だから外国人だから許せるが日本で日本人だと許せない
そんな風潮が日本全体にあるような気がする

私は自分の教室でダンスを教えるときは自分の主張を絶対曲げないで教える
後は受けた人が判断すればよいのである

この記事に

開くトラックバック(0)

JDSF石川競技会

イメージ 1

5月のさわやかな風がダンスを誘う
20日、金沢勤労者プラザ2階体育館はJDSF石川主催 中部ブロック選手権大会で
盛り上がっている
スタンダード決勝は若いエネルギーで満ち溢れている
地元が誇る富山県の大西組、長谷川・安達組、小林組、愛知県・奈良県・東京都の6組だ
1位大西組2位小林組と上位を地元が取ったのは圧巻だった
長谷川・安達組も良く健闘して4位に入り若い選手が活躍するのを見るのは5月の空のように気持ちがいい

当ジュニアたちも15歳以下の部門で中学生のお姉さんたちに負けるものかと挑戦
今回はラテンのサンバ・チャチャチャにジャイブが追加で初挑戦
スタンダードもワルツ・クィックステップにウィンナーワルツが追加で初挑戦
1種目1種目挑戦することが大事な時期、結果は後からついてくる
1ヶ月程の練習だったが何とか踊りきった

ジュニアを初めて見る役員の女性は涙が出ると興奮している
今回は中部ブロック選手権とネンリンピック代表選考会大会で盛り上がったが来年もこの盛り上がりを継続させるためにはジュニアの育成が大事だなと感じながら会場を後にしました

この記事に

もうかなり以前の事だがトランポリンが有った
危険だからダメと言われたが無理を言って乘せてもらった
膝を曲げるなと言われた
勢いをつけるために膝を少し曲げたのにすごい勢いで傾き落ちそうになった
ダンスもそうだ膝を緩め曲げれば相手にすごい負担をかけることになる

膝を曲げろ、引力を使ってもっと大きく、迫力、目立つように等本来のダンスの目的から遠くなっているような踊りを踊っている方が多いように思う

ダンスとは引力に逆らうことだ

瞬間勝負の相撲もけがをしていると押している時は力が入り痛くないが受けると痛い

サーフィンを考えてみよう
波が起きることは下から上に逆巻いているのだ
その上に上がるエネルギーと下に落ちるバランスで波乗りをしていると思う
ダンスは自分で上げるエネルギーを作りそれに乗るのだ

山登りも上がりは楽だが下りはつらい
上に行く力を利用してコントロールする音楽の使い方を考えてみてください

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事