ここから本文です
アルキニストの山旅
本業はF/Fですが最近は山登りが多くなり釣りも遠のいてます。一般道を歩くのもいいですが、たまには道を外れて歩いてたりします。

書庫全体表示

冬靴慣らしに白毛門

山行日 2017年12月10日

天気 晴れ

メンバー 山友さん3人

コース
土合駐車場ー松ノ木沢の頭ー白毛門(復路は往路を戻る)

行動時間 7時間7分

冬靴慣らしに白毛門に出かけてみましたが、私的には少々飽きてきたかなと思いつつも数年前からリクエストされてたので今回タイミングが良かったので宿題を片付けるべく何度目かの訪問となりました。

せっかくなので、会仲間にも声をかけたら同じ日に谷川に行くとの事。
しかし何方でもいいので今回は白毛門に行きましょうと言っていただいた。

当日初顔合わせもありましたが、概ね同年代なので緊張もなく楽しいひと時を過ごしました。当日の土合駐車場はポツポツと車がある程度。

私達のスタートは8時くらいで既に殆どが出払ってました。沢の橋を渡り尾根に乗ります。雪はなく落ち葉を踏みながら急登を登ます。

今回私は冬靴を履きましたが、足首をギプス固定される様な状態なので歩き難い。
これで天辺まで行けるかなと思いつつも仕方ない。
風もなく晴天であり動き出したら案の定暑くなる。調整しながら登りますが靴がどうも具合が悪い。あ〜失敗ですわ!これ

まぁ時間をかければなんとかなるでしょと諦めます。高度も上がり樹間から谷川

イメージ 1

振り向けば対岸の赤沢山画見えてくる。

イメージ 2

積雪がなく夏と同様に木の根の登山道を進みます。初めて一緒に歩くもんちゃんは、いつも休憩が多いようで今回は、もんちゃんに合わせます。

ゆるゆる歩いて松ノ木沢の頭に着きました。ここにテントが張られてましたが、登る人はここで休憩を入れる事も多い位はテントの主人もわかるはず。
ある程度の時間になったらテントを畳むというのがマナーではないかと思いました。

その松ノ木沢の頭から白毛門

イメージ 3

谷川方面

イメージ 4


一息入れたので先へと進みます。

イメージ 5

上昇し歩いてきた尾根を振り返ります。

イメージ 6

背が低いもんちゃんは段差の高い所は悪戦苦闘。

イメージ 7

登り上げて、ご満悦の様子で谷川岳に見入ってます。

イメージ 8

何度きてもこの景色は、やはり飽きる事もないか。

イメージ 9


概ね予定時間に山頂には立つことができました。山頂より東に少し行ったところが風裏になり暖かかったので、ここで食事休憩しました。

ここからの展望もまた良し。昨年はブログ友ふ〜てんさんと来たことを思い出す。

その場所からの展望

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

続きます。

この記事に

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事