自転車通勤&通勤ラン。たま〜にイベントとかレースとか。

しばらくブログの更新は不定期になります。ついでにバイクもランも(以前に増して)ヘタレてます。いつになったら落ち着くかなあ。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1

 まだ続くブルベネタ。
 BRM413宇都宮200kmその【今回の200Kmブルベ参加者の中の一番のツワモノ編】です。

 今回の参加者の中で、一番の剛の者、ママチャリで参加された方と、その自転車ネタです。

 ご本人のブログはコチラ↓
 http://hebana.cocolog-nifty.com/blog/2008/04/k_6bee.html

 なんと言っても、使用していた自転車がすごい。

 ・24インチ!の正真正銘のママチャリ
 ・シングルギヤ!内装3段変速もなし。
 ・ビンディングペダルもなし
 ・サドルもハンドルバーもノーマル状態!

 という、ほんとのノーマル状態での24インチママチャリ(シングルギヤ)で、200kmブルベに参加されていました。もうびっくりです。

 画像はそのママチャリ。
 こんな感じです。前後にカゴつき。コレで200km超+往復自走60km!!。すげえ。
 

 ママチャリでの参加者(今回とは別の方)は、3年前の200kmブルベにもいて、そのときもその走りにもたまげたのでした。

 http://blogs.yahoo.co.jp/rqmdq437/1321005.html
 でも、その方は、ビンディングペダルとサドルを交換していた。
 ※それでも十分すごすぎですけど。


 今回の方は、めちゃくちゃ、『ド・ノーマル状態』。

 しかも、24インチ。
 しかも、ハンドルバーもステムもノーマルのまま。
 
 そんな中で、重量だけは、さすがはママチャリ、24インチでも18.7kg(カタログより)もある。

 それを、ビンディングペダルなしのスニーカーで激走されていました。


 ただ走っただけじゃなくて、11時間40分くらいで余裕で走りきっていました。

 最後まで自分たちも休憩時やチェックポイントで抜きつ抜かれつ状態。

 別に競っていた訳ではないのですが、ラストのグリーンラインくらいまで、タイム的にはほとんど一緒でした。グリーンラインのシークレットCPで追いつかれた時にはほんとにビックリした。

 休憩していると抜かれて、抜かれたあと、平地巡航していると自分たちが追い抜くのですが、自分たちがまた休憩していると、シャカシャカと先行していかれます。すげ〜。

24インチのシングルギヤのママチャリって、どれくらいのケイデンスを維持すれば、30km/時近くの巡航速度が出るのだろう?

 たとえ、超高回転ケイデンスが可能だとしても、ビンディングなしじゃ、空回りしてしまいそうだ。

 しかも、登りでは引き足も使えないし、けっこうな登りを、ロードバイクの倍の重さの自転車で、シングルギヤ+スニーカーで登りきるとは。
 
 更に更に。
 下りはギヤが下りで回りきってしまってスピードが稼げないだろうし


 そんななか、自分たちとほぼ同じペースで最後まで走りきってました。

 ブルベは順位とかタイムは問題ではないですけど、それでもかなりの数のロードでの参加者より先行してのゴールでした。余裕さえ感じさせる走りっぷり。たまげた。


 ゴール後、ちょっとこの方とお話をさせてもらいました。
 『いやあ、ママチャリも意外と走るんだよ。』
 『どうせだったら3段ギヤのを買っておけば良かったかなあ。』
 『ロードもMTBも乗っているけど、最近はもっぱらコレでツーリングだね。』
 『極力、いじらないでノーマルで乗るようにしているんですよ。』

 ん〜、すごすぎ。
 さらに片道30km、往復60kmも自走だとのこと。

 今日一日で270kmくらいをママチャリで走ったようです。
 ほんとに驚愕のママチャリな方でした。

 あまりにすごかったので、ブログのネタにさせてくださいと了解を得ておきました。
 
 
 あ、思いついた。
 corse4さんがブルベ200kmに愛車のママチャリで参加されたら、どんな走りになるか、興味ありあり。
 
 corse4さんなら、ノーマルママチャリで、登りでロードバイクをぶち抜いてそう。

開く コメント(13)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事