自転車通勤&通勤ラン。たま〜にイベントとかレースとか。

しばらくブログの更新は不定期になります。ついでにバイクもランも(以前に増して)ヘタレてます。いつになったら落ち着くかなあ。

レース・イベントなど

[ リスト | 詳細 ]

 ロードレース、ツーリングなどのイベント関連はここ。ヘタレでもレースは面白いです。ヘタレなりにがんばろうかなと。『昨日の自分は越えられる』 by legacykazさん というのを信じて精進するしかないです。
記事検索
検索

全35ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

GW恒例の「ランドネきたかん:BRM429宇都宮400km北関東(西回り)」に参加してきました。
今回も530チームで5名で参加。皆さんのおかげで完走出来ました。
※ソロ参加だったら400kmは自分じゃ完走無理。

一緒に走った皆さん、スタッフの皆さん、ほんとありがとうございました。

【概要】
・走行距離:401km
・走行時間:25時間30分くらい
・仮眠:2回(トータル30分くらい)

イメージ 1




















【以下、詳細(長文)】
今年のもろもろです。来年の備忘録も兼ねて長文です。
※来年もでるんか?

【スタートまで】
長距離(100km以上)を走るのは、去年のこのイベント以来、1年ぶり。
今年は冬場に骨折とかケガとかあって。その合間にシクロクロスとか、治ってからはトレランとかあって、ロードバイクに全く乗ってませんでした。

去年の9月以降、当日までにロードバイクに乗ったのは、4月7日の530朝練と、自転車通勤がてらに今回の装備を確認しただけ。

・不安その1:長距離・長時間への耐性
一番の不安は、長距離走行にカラダが慣れていないので。
首・肩・腰といった上半身の筋肉が、長時間の乗車姿勢に耐えられるのか?
「ケツ」が長時間サドルの上で耐えられるか?
ということです。

・不安その2:脚力
脚力的には、ロードバイクに長距離乗ってないのでヨレヨレなのは間違いない。
ブルベの場合は、(普通は)全力で全開と言う場面はないので、なんとかなるかなと。
というか、一緒に走るメンバには、毎回牽いてもらってすんません。

・不安その3:睡魔との闘い
コレばかりは、無理しないことにつきます。
クルマの運転中とか、自分は眠気をガマンすることができない。
眠くなったら仮眠するのが吉。ムリすれば事故のもと。

【反省点】
最初に今回の反省点。
いずれもソロだったら完走できないレベルのミス。かなり反省。
当然なんですけど、ソロでも走れる準備・対策が必要な訳で。
チーム参加ということで甘えがありました。
・キューシートを最新じゃないもので準備してしまった。
・距離計測をGPSのみでしていたため、バッテリーが切れて距離計測が途中からNG。
・パンク2回で、準備してたのはチューブ1本のみ。黒須さんから貸してもらった。


【走行レポ①】
スタート〜白衣観音〜PC3(赤城山)まで(156km)

7時の東回りのスタートを見送る。
きたかんブルベの良いところは、東回りと西回りで、途中でスライドがあるところ。
夜中の集中力が切れつつあるところで、お互いエールを交わせるのはナイスです。
みんなゴールできると良いなあ。

8時のスタート前に、他の参加者のバイクや装備を眺めると、面白いです。
200kmとかのブルベと段違いの装備ですね。
それぞれの参加者の工夫があって楽しい。

問題の天気予報を最終チェックしてみる。
・気温はちょっと高め。紫外線強烈。
・最低気温はそれほど低くない。助かる。
・風もそれほど強くなさそう。→途中で突然の強風でびっくりした。
ってな感じで、結果的には全体的には走りやすかったです。

そんなこんなで第一ウェーブでスタートです。

イメージ 2

















今回は栃木市内を経由せずに、栃木IC入口から東北道に沿って走る。
けっこう走りやすくて、思ったよりも登りも緩くていい感じです。

栃木を過ぎて佐野に入って、第一PCですが。
KNKさんが「イモフライを食べよう」とのことで、軽く済ませてスタート。
イモフライ、1本90円、予想外にボリュームがあって、腹持ちが良かった。

足利フラワーパーク付近のアクセス路は、案の上渋滞で。
これだけのクルマは駐車できないだろうから、午前中からこの渋滞だったら、午後はどうなっちゃうのってな感じ。今の時期、足利フラワーパークに行くなら、電車か自転車しかないでしょう。
※夜の渋滞もすごかった。

第二PCに向かう途中の大泉町では、試走レポであったようにブラジル風味満点で驚いた。
飲食店やスーパーがブラジル気分満点。
日中、街の中を歩いているのは外国人ばかり。日本人がいないのに更に驚いた。
小中学校とか大変だろうなと思いつつ、ブラジル料理食べに来たいぞと思ってしまう。

第一PCとイモフライ以外は止まらずに第二PCに到着。
いつもより休憩少な目で走ってるので、良いペースです(当社比)。
セブンで「まるで梨アイス」を食べるけど、予想以上に梨梨梨していて旨い。
「まるで○○○シリーズ」は毎回あたり。梨も旨いです。ゴールまでに5本は食べました。

休憩後、ここから白衣観音まで登りになる。と心構えしていたのですが、思ったほどの激坂じゃなくて一安心。
白衣観音で記念撮影して、サクっと休憩終わらせて、赤城をめざす。

イメージ 4













ここで小径車のMMTさんと合流。小径車で400kmブルベとは、ドMの極地ですね。

自分的には、この先の高崎〜前橋の市街地ルートが苦手で。
毎回、ビビリながら通過してます。
※得意な人はいないかもしれませんが。

前橋の市街地を通過すると、あとは赤城の酪農試験場まで1本道の登り。
登りは各自のペースで走って、次の第三PCを目指すことに。

先はまだまだ長いのでのんびり走ろうと思ったら、シフトミスでチェーン脱落。
ボケーっとしていて、アウターローからインナーローに不用意に変速してしまったのが原因。

サクっと直そうと思ったけど、チェーンが噛んでしまってなかなか復帰できず。
ようやく酪農試験場の交差点について、あとは第三PCのコンビニを目指す。


【走行レポ②】
PC3(赤城山)〜赤城南面道路R353〜筑波山越え〜PC6(水戸)まで(323km)

第三PCのコンビニでは、モンスターエナジーの新製品?の赤を摂取するけど。
うーん、効きそうな味してるけど、グリーンの方がうまいな。

イメージ 6













一息ついて、赤城南面道路に。
ここを明るいうちに通過できて良かった。このアップダンは脚にきます。

イメージ 3













真っ暗だったら心折れそうです。東回りの方はほんと大変だと思う。
南面道路180kmくらいだったかな。東回りの先頭とすれ違う。

お疲れ様です。そのあとすれ違う皆さんとエールを交わしながら進む。
足利あたりから、自分のキューシートが古いバージョンなのに気が付く。

現在位置とコマ図がズレている。
しばらくして、GPSのバッテリーが切れてしまい、距離計測もできなくなってしまった。
ダメじゃん。ソロで参加してたらこれじゃあ完走できないよ。
かなり反省です。

足利を抜けると、またフラワーパークの渋滞が続いていてびっくり。
駐車場からでるクルマが延々と続いている。9割は県外ナンバーだったんじゃないかな。
すごい人気。

でも、行きも帰りも渋滞だったら、いい思い出よりも渋滞のストレスまみれになってしまうんじゃないかと心配。
この時期に来るなら電車か自転車だよ。
そのあと佐野あたりで、しきりにKNKさんとDGCさんが「佐野ラーメン食べて帰る」と言う。
ダメですよゴールしますよ。

時間的には18時くらいで、連休の中日の日曜日だと、ラーメン屋で行列でロスの可能性は大きいし、佐野ラーメン食べてから二人に帰られても困るし。
このあとどんなトラブルで時間をロスするか分からないので、なんとかやり過ごす。
※自分が2回パンクした。すんません。

そこから水戸までは、陽が落ちた中、夜間走行です。
KNKとINOさんの牽きがメインで530トレインは進む。
そんな中、自分が途中でパンクして時間をロス。

スローパンク気味だったのを放置していて、リム打ちパンクという自分のミスでした。
すんません。

200km地点を通過するあたりから、すれ違う東回りの参加者が多くなってくる。
暗闇の向こうから遠目に強力なLEDが対向してくると、ベルを鳴らしてお互いエールを送る。
きたかんブルベの良いところは、このスライドがあるところですね。
まあ、一般車両からしたら、もしかしたらうっとおしいのかもしれませんが。
※自分たちも交通法規や車両に対して十分配慮しながら走りました。

第4PCの桜川のセブンに到着。
去年とおなじくセブンの向かいの「山田うどん」で夕ご飯。
今年は「パンチ定食」です。以前ケンミンショーでやってて気になってました。

イメージ 5













なかなかうまいです。ビールが欲しくなります。
DGCさんはここでDNFとのこと。

ここから一人で帰るなら、一緒に宇都宮まで走った方が良いんじゃないかと思ったり。
山田うどんで気合が入ったのか、渡良瀬遊水地のサイクリングロードにでてからのINOさんのペースアップに皆さんびっくり。

INOさんのバイクは、ブルベ特別仕様。
4連LEDのダイナミックな光量で、サイクリングロードの闇を切り裂いて疾走します。

そのあとは闇の中の田舎道を通過しながら、次の第5PCの桜川のセブンイレブンを目指す。
去年一昨年とこのあたりから冷え込みが厳しくなったけど、今年はそれほどの冷え込みじゃない。
日中はそれなりに暑くてやたらめったら水分を補給したけど、それを差しいても今年は天候に恵まれたな。

と思ってたのですが。
コンビニ休憩中に、突然、風が強くなりはじめる。
いきなりビュービュー吹きまくってびっくり。
風も強いし、仮眠休憩することに。
ちょっとすると風も幾分おさまって一安心。

筑波山ヒルクラに向かいます。まっくら闇の中のヒルクラはツライだけ。
しかも直登気味の10%程度の斜度が続く。
でも急ぐわけじゃないので、アウターローでタラタラ登る。
※アウターローは34T×30Tを入れてある。

筑波山を越えちゃえば。
あとは、睡魔との闘いと、茨城栃木県境のアップダウンをこなせばゴールできる。
と言いつつ、睡魔との闘いはツライです。

何度か睡魔に襲われますが、アホな話をしながら眠気をやっつける。
KNK隊長曰く「眠気にはダンシング」とのことでダンシングを混ぜつつ進む。
今年は大洗じゃなくて、水戸で折返しで海がなくなったのは残念でしたが。
夜明け前の千波湖がきれいで、なかなか良かった。
※早朝の夜明け前に湖面に浮かぶスワンボートに興味津々になりました。

イメージ 7













【走行レポ③】
 PC6(水戸)〜ゴールまで(401km)
第6PCは水戸のミニストップ。茨城はミニストップが多いな。
あと80kmだと思うと元気が出てくる。普段の小来川朝練プラスアルファの距離だと自分に言い聞かせる。
でも、ここから城里町から茂木に抜ける道が微妙にアップダウンがあるんだよな。

脚が残っていれば楽しいコースなんだろうけど。
何度か登り返しのあとで、自分とKRSさんがちょっと先行したので、そのまま2人で後続から逃げるようにスタコラサッサ。

おかげで睡魔が飛んでいきました。
栃木の県境を越え、茂木のセブンイレブンに。
ここはPCじゃないけど、なぜか寄りたくなる。帰ってきたぞ感が満点な場所です。

去年とか一昨年は寒さで凍えていたのですが、今回はちょっと汗ばむくらい。
ここまでくれば安心だと思っていたら。

芳賀あたりで、自分が2回目のパンク。ありゃま。
今度は何かでタイヤをカットしてしまったようです。
チューブを1本しか持って来てなかったので、貸してもらいました。
ソロだったらコレもヤバい状況です。

最後に第7PCの芳賀のセブンイレブンで一休みして、あとは帰るだけ。
何もなければ、時間に余裕があるので、それほど急ぐこともない。

イメージ 8















鬼怒川を渡り、4号を渡り、帝京大学の東側を抜け、日光街道の交差点で赤信号で停止しようとしていたら。
交差点のセブンイレブンから誰かがこっちに向かって声をかけている。

イメージ 9














誰かと思ったら、サイクルピクニックの立哨のお手伝いで出番待ちだった、KSDさん、TTMさん、SRTさん、でした。いやあびっくり。立哨お疲れ様です。最後はヘロヘロでしたが元気がでました。

3人に元気をもらって、いよいよゴール。
ロマンチック村では、キッズのコース?に参加者がスタートするところでした。
時間は25時間30分くらい。

今年は天候に恵まれて、良かった良かった。
無事にゴールできて、ほんと良かったです。
それなりに日中は暑くなって、いったい何本のペットボトルを買ったのかと思ったけど。
どうしようもないほどの暑さじゃなかった。
風は一時的に強風になったけど、全体をとおしてみれば穏やかだった。
気温も去年一昨年ほど最低気温が下がることなく、寒さで凍えることはなかった。

そんなこんなで無事にゴールできました。
一緒に走った530の皆さん、参加者の皆さん、ありがとうございました。
自分的にはツキ位置が多くて、途中からはコマ図での現在位置の確認も距離計測もしなくてコバンザメ状態でメンバーに頼りきりでした。

次回参加するときは、もうちっと準備をしっかりしよう。
今回の装備では、ソロで走ったら完走できなかったです。
チームの皆さんと一緒に走れる安心感から、準備不足だったのは否めません。
参加する以上、ソロでも完走できる準備は必要だなと反省している次第です。

それから。
コース設定や試走、資料の作成から当日の運営までスタッフの皆さん、お世話になりました。
毎回、コースの設定やらキューシートやコマ図の作成等、ほんと大変だと思います。
おかげで楽しく走れました。

走っている最中は「もう400kmブルベはおなかいっぱいだなあ」と思うのですが。
来年もやっぱり走ろうかな。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

昨日は、渡良瀬遊水地で開催されていた「JBCFわたらせTTチャンピオンシップ」に応援に行ってきた。

3時に起床できたので、そんでわと自走ラン。
距離的には、だいたいフルマラソンくらい。

公道だし信号待ちあるし、着替えとか応援用の折り畳みイスとか補給食とか背負ってるし、とか。
いろいろ言い訳しながらスタート。

最初は、6分/kmくらいのペースだったけど。
20km過ぎてからペースダウン。
ひとりフルマラソンだと、気持ちの維持が難しいです。

・走行距離:42.5km
・壮行時間:4時間49分
・平均ペース:6分47秒/km


イメージ 1








まあこんなもんだろ。

会場について、さっそくお知り合いのスタートから激走振りを応援。
応援しているこちらが皆さんからモチベーションもらいましたです。

ということで、ランで走ってる場合じゃない。
バイクで頑張らないと。


開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

きたかんブルベ400km

3回目の参加となる「きたかんブルベ400km」、29日の午前8時に宇都宮市のロマンチック村をスタート。一緒に走った仲間に助けられながら、無事?に完走できました。ということで完走レポ。
スタッフの皆さん、一緒に走った530つながりの皆さん、西回り&東回りを走った皆さん、ありがとうございました!

【概要(自分のコンディション基準)】
①スタート〜第1CPとか第2PCまでは、なぜか、かな〜り遠く感じた。
②前橋付近で突然のにわか雨。まっすぐ走れないほどの暴風に強烈な雨と雷。
③にわか雨のあとはマイペースで赤城山のアップダウンをこなす。
④突然の暴風雨はあったけど、320km地点の大洗の第5PCまでは順調。過去3回のうち一番ラクかも?って思ってました。※大間違い。
⑤ところが、第5PCを通過してから、しつこい睡魔でまったくダメダメ。
⑥ラスト80kmは、ヨレヨレになって走って、なんとかゴール。
⑦過去3回のうち、自分の中では一番キツかった。
⑧それでも530つながりで9人で一緒に最後にゴールできたのは嬉しかった。

【毎度のレポ(長文)】
自分のための備忘録に。
※来年走るんか?>じぶん。

今回は準備の段階で、ロードバイクか通勤用シクロ車かで悩んだのですが。
天候が荒れるかも?とのことで、ドロヨケが装備できるシクロ車で参加。
でもって、去年の季節はずれの最低気温のトラウマで、オーバースペックな防寒装備を持参して参加。
※テントかツェルトがあれば野宿できるんじゃないかというレベル。

で、当日になり。
7時の西回りのスタートを見送って西回りのスタートです。

イメージ 1














①スタート〜第1CPとか第2PCまでは、なぜか、かな〜り遠く感じた。

いろいろあって、530つながりチームは、8時30分にスタート。
そのあとは。
人数も10人以上だったので、2チームに分かれて第1PCを目指す。
自分は後半のチーム。
DGCさんが積極的に引いてくれます。

すると、DGCさんが先行していたソロ参加のピンク女子に声をかけてナンパ(じゃないですね)。
ご一緒にどうぞということで。
しかし、400kmブルベにソロ参加する女子はすごい。
去年の爆風の第2回も完走していたとのこと。マジですごい。
自分は一人じゃ完走できる気がしないです。

第一PCでは、NKZWさんが合流して一緒にサイクリング。
向かい風の予報でしたが、それほど強くもなく助かった。
だけど。なんだか第2PCまでが長く感じたのは気のせいか。


②前橋付近で突然のにわか雨。まっすぐ走れないほどの暴風に強烈な雨と雷。

出だしはマイペースで走っていた530チームですが、途中からKNKさんが
「ちとペースを上げよう」
ということで、一定ペースの巡航に。

イメージ 2














それでも、第一回とか第二回のような「必死にこがないとチギれちゃう」という感じはないのが助かった。
途中の道の駅でWKIさんも合流して一緒にサイクリング。
 NKZWさんもWKIさんも来年は一緒に400km走りましょう。
※自分はエントリーするんかな?

天気予報では「ところによりにわか雨」とか「天候の急変に注意」とか言ってたけど。
雨雲レーダーを見ていても大丈夫そうですよ。
と言っていたその後に。

 前橋あたりで降り始めて。
猛烈な土砂降り&強風&カミナリの攻撃。

いやあ、マジですごいにわか雨でした。
あれが続いていたら完走無理です。
幸いにも数十分で雨が収まったのが救い。
ネタ的にはありでしたが、カラダが冷えちゃいそうでした。


③にわか雨のあとはマイペースで赤城山のアップダウンをこなす。

カラダが冷えたら困ったものでしたが。
赤城山の登りでハアハアして暖まる。
赤城山と筑波山のために、コンパクト34T&リヤ30Tを入れてきたので、全然余裕。
って、そのギヤだと全然進まないけどね。

イメージ 3














④突然の暴風雨はあったけど、320km地点の大洗の第5PCまでは順調。

  過去3回のうち一番ラクかも?って思ってました。
 ※大間違い。
 
 赤城山の第3PCを過ぎて下りに入ってからKRSさんが積極的に引き始める。
 そのあとKNKさんが一定ペースの巡航開始。
 さらに、筑波山手前からKTさんの牽引開始。

 夕食はしっかり食べようと入った「やまだうどん」の「牛丼セット」がボリュームたっぷりでびっくり。
 牛丼もうどんもしっかり1人前だった。合計2人前だ。

イメージ 4
















 心配した夜中の雨もなく、風も収まっていて順調に大洗を目指す。
 とはいえ、なんだかんだと気温が下がってきて、夜明け近くになって睡魔もやってきた。

  途中のコンビニで仮眠休憩。
 自分は完璧防寒装備でしたが、皆さん、コンビニで寒さ対策にレインジャケット購入。
 レインジャケット部隊の完成です。

イメージ 5















⑤ところが、大洗の第5PCを通過してから、しつこい睡魔でまったくダメダメ。

  第5PCの大洗では、自分的に脚力的にも余裕で、仮眠後ということもありすっきりしていて。
「こりゃ今年は余裕だ」
「過去2回なんかよりも、全然余裕」
 って、思ってましたが、大間違いでした。

イメージ 6














 耐えられないほどの睡魔じゃないけど、しつこい眠気が抜け切らない。
 カフェインの錠剤やモンスターエナジーを連発しても、すっきりせず。
 集中力が切れて、車間距離をキープできない。
 気がつくと、車間距離が5m〜10mと空いてしまう。

イメージ 8













 しかも。
 首と肩が痛み出してきた。
 ロキソニンを投入したけど、こちらも収まる気配がない。


⑥ラスト80kmは、ヨレヨレになって走って、なんとかゴール。

 城里町あたりからは、ほんとにキツかった。
 ほとんど最後尾をヨレヨレで着いていく。
 しつこい睡魔と首と肩の痛みがキツくて集中力が続かない。脚に力が入らない。

 最後の休憩と思った道の駅の向かいのセブンイレブンで気合を入れなおすけど。
 それでもダメダメ。もうちょっとなのに。

 相変わらず最後尾付近を走るけど、気がつくと遅れてしまう状態。
 居眠りする訳じゃないけど、どうにも走りに集中できない。
 首と肩の痛みもますます強烈になってくる。

 ひとりだったらリタイヤしたくなる気分でした。いやほんとに。
 そんなこんなで、ようやく宇都宮市内に。
 自分的には、岡本駅辺りになって、ようやく完走できる気がしてきた。
 ふう。やっと帰ってきた。


⑦過去3回のうち、自分の中では一番キツかった。
 そんな訳で。
 もうちょっとでゴール。と思っていたら。
 何度も前後したピンク女子のソロ参加の方に最後でまた一緒に。
 自分達が巡航して抜いていっても、休憩のたびに追いつかれて先行されるというのを繰り返してました。
 しかし、ソロ参加で走りきってしまう女子はすごい。
 そんな風に尊敬のまなざしを向けつつ、自分達もようやくゴールです。


⑧それでも530つながりで9人で一緒に最後にゴールできたのは嬉しかった。

 自分的には最後にかなりヘロヘロになりましたが。
 26時間30分以上かかってゴール。時間を最後まで使いました。


イメージ 7














 それでも完走しようと思った9人で最後まで一緒に走ってゴールできたのは嬉しかった。
 ゴールしたあとは疲れも飛んでいきました。
 大きなトラブルもなく、落車や転倒、事故やケガもなくみんなでゴールできたというのはほんと良かった。

 ゴール後、ブルベカードのチェックしてもらって、駐車場に戻ろうとしたら。
「あれ?? パンクしてる」
 自分のバイクのリヤタイヤがふにゃふにゃ。
 ちょうど最後にスローパンクしたみたい。
 いやあもってよかったな〜。
 最後にパンクして走れなくなってたら焦ったよなあ。


【最後に】
 結果オーライでしたが、完走できて良かった。
 一緒に走った皆さん、ありがとう御座いました。
 一緒に参加して、雨に打たれながら走った皆さん、ありがとう御座いました。
 スタッフの皆さん、スタートからゴールまでお疲れ様でした。

 今回は、2月に肋骨骨折したあおりで、バイクの練習不足は否めない状況でしたが。
「過去2回完走してる」
 という根拠のない自信があったのですが、ヤバかったです。
 やっぱり普段からある程度の距離と時間を乗ってないとダメですね。
 自分は良く考えたら、「100km以上走るのは、去年のブルベ以来だよ!」
 ってことに気がついた。
 それじゃダメだよ。

 今回は、脚力不足から来る疲労から眠気が取れなかったと思うし、乗り込み不足から首と肩の痛みが尋常じゃなかった。
 来年でるかどうか分からないけど、やっぱり自転車乗ってないとダメですねえ。
 600kmブルベもあるよって言われたけど。
 あと200km、走れる気が全くしませんです。

 それでも。
 やっぱりブルベは楽しいですね。
 大人の遠足だ〜。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

宇都宮ロードレース

昨日に続いて宇都宮ロードレースの応援。今日はランで現地入り(16km)。
ランでの実走は肋骨骨折後、まともに走るのは初めてなので、ヒーヒーいいながら現地入り。

イメージ 1













これで安心して飲みながら観戦できる(苦笑)。
わざわざ自宅から缶ビール(もどき)を背負って走ってきただけあって、なかなか旨いぜ。

イメージ 4













E1のラストとフェミニンを観戦してから、P1のレース。

なかなか逃げが決まらない展開。
最終周回に入る鶴の登りの強烈なブリッツェンの列車のアタックは見ごたえあった!

イメージ 2













イメージ 3













最後は、ブラーゼンの吉岡選手が先行してスプリントして優勝!
増田選手が3位、岡選手が4位。
ブラーゼン、勝ててよかった。
もちろん、ブリッツェンが勝てば一番嬉しいけど。
ブラーゼンの1勝は、地元での勝利&初勝利という、ほんと価値のある1勝だから。

そのあと、知り合いが走るE3を観戦。
応援するほうとしては一番楽しかった。
朝練でも一緒に走ることのある仲間が、実業団という舞台で走る姿にモチベーションもらいました。

宇都宮クリテリウム&宇都宮ロードレース、開催するだけでも大変だったと思います。
スタッフ&ボタンティア、参加された選手の皆さん、ほんとお疲れ様でした。

県内で身近に観戦できるレースが開催されることに感謝です。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

宇都宮クリテリウム

宇都宮クリテリウム、行ってきました。
まずは応援の前に、腹ごしらえ。毎年食べてる、どんぶり300円シリーズ。

イメージ 1













まずは、カツ丼。
※お昼は天丼だなと思ってたら、売切れてしまった。

エネルギーを投入して。手打ちソバにから揚げと焼きソバ。

イメージ 2














イメージ 3













食ってばっかりだな>オレ。
ブリッツェンは勝てなかったけど、明日、頑張って欲しいなあ。

知り合いの皆さんも無事に完走したみたいだ。
スタッフ&ボランティアの皆さん、ご苦労様でした。

 宇都宮のレースは楽しいと、参加していた他県の実業団の選手も話してました。
他の実業団レースの会場とは段違いに応援が多いし、イベント感があって楽しいと思う。

イメージ 4













選手だって、応援が多いほうが頑張れると思う。

明日走る皆さん、怪我なく無事に完走してください。
スタッフ&ボランティアの皆さん、お疲れ様です。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全35ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事