ここから本文です

書庫全体表示


若きジャーナリストへの手紙

私の行動と作品こそ
非難に対する唯一の答えだ


1930年4月22日に書かれたロマン・ロラン自筆の手紙である。若きジャーナリスト Georges Altman に宛てたもの。

「私は15年前から、
辛辣に批判されようと知らん顔をすることにしています。
私の行動と作品こそ、そうした非難への唯一の回答です。
しかし正直に申し上げると、時折、何人かの友人が
辛辣な批判を鎮めてくれるのをありがたく思っています。
あなたの力強い記事にも心から感謝申し上げます。
私は不和を厭いません。
私が愛するのは誠実で雄々しい批判です。
悪意のある凡庸な批判は
フランス人の平均的精神とでも言うべきもので、とても失望します。
『広場の市!』など、私にはおなじみです…」

等と心情を綴っている。


Georges Altman は1901年生まれ。「ユマニテ」誌の編集などに携わり、対独レジスタンスの闘士としても活動。戦後はサルトルやメルロ・ポンティ、アンドレ・ブルトンなども関わった超党派の政治団体「革命民主連合(RDR)」の創設に参加した。


この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事