ここから本文です

書庫全体表示


生涯にわたる青年期の体験

ローマの影響は
私の全作品におよんでいる


1925年7月1日、某氏宛に書かれたロマン・ロラン自筆の手紙である。ロランは1889〜1891年までイタリア・ローマに留学したが、その際に啓発を受けて書かれた論文等のリストを書き送っている。

「ローマで過ごした日々の輝きは、
私の全作品に計り知れない影響をおよぼしています」

と綴られているのが印象的。23〜25歳という青年期に体験したローマが、生涯にわたる影響を残したことが分かる。

リストに掲載されている作品の一つ、
学位論文『近代叙情劇の起源』(1895年刊・筆者所有)

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事