砂時計の読書日記

YAHOO!を表示しようとするとフリーズばかり・・・ ブラウザ変えるべき?

全体表示

[ リスト ]

 
                         ★★★★★
本日読了本     恋文の技術   森見 登美彦   ポプラ社  2009.3.
 
     京都の大学院生・守田一郎は、教授の厳しい愛により能登の実験所に島流しにされた。
前は海、無人駅の駅前一等地にある実験所で、鬼軍曹・谷口さんと2人きり。
人恋しさに、恋文代筆ベンチャー企業の修行と称し 「文通力」 を磨くべく、京都のかつての仲間たちに手紙を書きまくる。
      
外堀を埋める友へ   友人・小松崎の恋の相談に乗る
私史上最高厄介なお姉様へ   寂しさのあまり研究室独裁者にも
見どころのある少年へ   小学4年生・元家庭教師生徒に 「だきょう」 を説く
偏屈作家森見登美彦先生へ  学部生時代の先輩にも
女性のおっぱいに目のない友へ   幸福泥棒・小松崎にデリカシーを説く
私史上最高厄介なお姉様へ続   絶対王政に反旗を翻すべく
恋文反面教師・森見登美彦先生へ   恋文とは相手に想いを伝えるもの
我が心やさしき妹へ   妹に説教を垂れてみる
伊吹夏子さんへ失敗書簡集   没恋文?+反省
見どころのある少年へ続   マリ先生をとったコマツザキくん
大文字山への招待状   「文通力」 集大成
伊吹夏子さんへの手紙     本当に想いを届けたい相手へ
全12章、すべて手紙による長編青春?小説。
アホ大学院生・守田の手紙だけで300ページ越えの1冊の本になっている。
内容はある様なない様な・・・・・
だが、時と場合、相手によって様々に書き分けられた森見調日本語は、じっくり何度も読み直したい面白さ。
最終章、なぜ文通に拘るのか、初恋と結びつけたところはこそばゆいがちょっといいお話になっている。
最後まで幻想や不思議なしだったのも好みに合った。
 
 
 
真面目に論じてはいけないが、代筆には筆跡も重要な気がする・・・・手書きでなければ風情もないし。
 

閉じる コメント(6)

アバター

アホくさくて面白かったですよね〜
評価も高いようで〜(笑)
TBさせて下さいね〜

2012/3/24(土) 午後 11:41 LIBRA

顔アイコン

TBありがとうございます〜 m(_ _)m
入り込んで一気に読めてしまう本=好き、が常ですが、この作品はじっくり日本語を楽しむべきでしょう♪

2012/3/24(土) 午後 11:56 [ 砂時計 ]

こんばんは
これは1冊まるまる手紙っていうのも驚いたけれど、その内容が(笑)
文章はすてきな日本語なのに、あんなアホな話になぜなるのかが不思議
モリミーマジックと思いました

2012/3/25(日) 午前 0:40 [ みろ ]

モリミーで、まだ読んでいない2冊のうちの1冊です。
早く読みたいものの、予約本に追われて、借りられないですが、早く読みたくなってきました(^o^)

2012/3/25(日) 午後 7:30 [ タカ ]

顔アイコン

>みろさん
あのアホさに親近感が知らず知らずのうちに湧き上がります (^_^;)
これもモリミーマジック!?
いえ、自分の中にアホが存在する証明でしょう(笑)

2012/3/25(日) 午後 11:33 [ 砂時計 ]

顔アイコン

>タカさん
まだ読んでいない2冊を読み終わってしまったら・・・・。
と考えると、ゆっくり楽しみにとっておくのもオツではないかと (^_-)☆

2012/3/25(日) 午後 11:37 [ 砂時計 ]

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事