全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
 コタキナバルがJesseltonと呼ばれていた1911年の写真です、海岸どうりの幹線と平行にノースボルネオ鉄道が見えます、今のガヤストリートあたりでしょうか?、水上村も見えます、海岸の浅瀬はまだ埋め立てがされていません、写真は満潮時ですが、干潮になると500メートル以上の干潟になったそうで、今そこが埋め立てられてオーシャンフロントのホテル街になっています。

イメージ 2
 1953年の年号が確認できます、イギリス統治時代の$10札、ブリティッシュボルネオの文字、響きがいいですね、写真の女性は年代的にエリザベス女王でしょうか?。

イメージ 3 $1札、$5札など種類も豊富です。

イメージ 4
 1942年大日本帝国占領時下のノースボルネオ地図、東海州と西海州とに別れ東海州は今のサバ州に当たり、西海州はサラワク州になりますが、当時驚く事にジェセルトン(今のコタキナバル)はサラワク州になっているではありませんか、人生の長い方にお聞きしたのですがノースボルネオの日本統治時代は4年ほどしかなく、地図の間違いは考えにくいので当時はサラワク州に属していたと思われます。

 さらに興味深いのが下の組織統計図です、ノースボルネオの首都はクチンになっています、
東海州(サバ州)の州都はサンダカンでした、西海州(サラワク州)はケニンガウが州都だったのです、

イメージ 5
 県知事が置かれ、ジェッセルトンはサラワクに入っています、面白いのは州都の直轄としてGunchoがあります、たぶん郡町だと思うのですが?最後の下段に関し、村が来るかと思いきや、Kampungのマレー語意味はやはり村でした、Kenchijiなど日本語をそのまま通してしまえと軍上層部の声が聞こえてきそうです、
 今は平和な時代になり、いいたい事をこうして述べておりますが、当時の管制はかなりの物であったろうと推測します、今の20代〜30代の現地の人に僕のお爺ちゃんは、日本軍に連れて行かれた、マレー半島の鉄道工作に強制連行されたんだ と言う話を聞きました、その家庭ではお父さんも日本人嫌いで威張ったり横柄な態度を取る日本人と飲食店でケンかをした事があるそうです。

 過去の事とは言へ、アジアのボス的存在を無理じいする時代は終わりました、お金で人を動かしたり、圧力で働かせてはいけません、
 一時の観光であってもしかり、旅の恥は持ち帰りですよ、けして恥を置いてかないで下さい。
 
イメージ 6
 占領下の日本紙幣、JAPANESE GOVENMENT 下段に大日本帝国製造の文字、何故かドル札なのです、パパイヤやココナッツの印刷が可愛いですね。

イメージ 7 大日本帝国発行の10ドル札。

イメージ 8 2先と書いて2セント、銭との区別の為か?

イメージ 9 商用切手とされるが日本の文字は無い。

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

賢さん いつもコタキナ探訪を楽しく拝見しています。知らない事ばかりでビックリすることばかりです。流石に世界をめぐってこられた賢さんの鋭い観察には敬意を表します。コタキナの歴史 は大変興味があります。出来ればマレーシヤ インドネシヤ ヒリピン の関係についての考察をお願いいたします。どうもこの3国の関係があまりよくわからないので? 豪徳寺の老人

2009/6/23(火) 午後 4:59 [ kei*to*o3* ] 返信する

顔アイコン

豪徳寺の大老様 こんにちは、いつもブログ見ていただいてありがとうございます、知れば知るほどと申しますか、興味を持てば楽しくなりますね、何を聞くにも言葉の壁でイライラの毎日です、フィリピン、インドネシアできるだけ調べてみます。
26日雇われガイドでマンタナーニに行きます、ジュゴン探しですが会えるかどうか? 後日レポートします。

2009/6/23(火) 午後 5:44 [ RRR ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事