あゆみの出逢い旅

http://blog.livedoor.jp/kayoko1227/に記事を移しています。

全体表示

[ リスト ]

埼玉県三郷市 明星山延命院へ(1)の続きです。
 
明星山延命院へ(1)の記事はこちらをご覧ください。
 
 
昨日は、埼玉県道67号線の脇道を歩いたのですが、神社やお寺が非常に多い。そしてこの辺りは彦倉・彦江・彦沢・彦成・彦野・彦川戸・上彦名・上彦川戸・下彦川戸・彦郷・彦音・彦糸と、彦の付く地名が多いこと多いこと。
 
何ででしょうね〜
 
 
「彦」は、優れた人、才徳のある人、男子の美称、という意味があります。ちなみに私の弟は「敏彦」といいます。
そういえば「海彦」「山彦」「猿田彦」も彦が付きますね。
 
 
「ヒコ」は「日の子」で太陽神の末裔を意味するのではないかという説があるようです。
地名と何か関係があるのでしょうか。
 
 
 
イメージ 14
懸魚の形は、一見「日立」マークや「ジャイアンツ」マークのようにも見えます。
 
 
 
イメージ 15
懸魚の下には、山門にもいた鬼です。
 
 
 
イメージ 16
反対側にも鬼はいますが、阿吽形ではないようです。
 
 
 
イメージ 9
「斗(ます)」「尾垂木」など形の違う部材が集まって、美しい組み物が出来上がっています。
 
 
 
イメージ 17
虚空蔵堂に西日が当たり、ますます赤く綺麗に見えます。
 
 
案内板によると、御宝前のお守鏡は、日本武尊の御妃弟橘姫の遺愛品と云われ、天正3年(1575)に羽柴秀吉がこの鏡を東国で入手し、これを織田信長に献上されたのが、京都本能寺の変後に何者かの手により、ここ延命院に安置されているということです。え〜?!
 
 
寿老人の赤い旗が見えます。延命院は、三郷七福神(彦成めぐり)の寿老人です。寿老人はお酒が好きで頭の長い長寿の神で、牡鹿を従えています。
 
 
 
イメージ 1
手水舎にも彫刻が施されています。
 
 
 
イメージ 2
手水舎の懸魚は、雲に鶴です。
 
 
 
イメージ 6
手水舎蟇股に、梵字「タラーク」虚空蔵菩薩が刻まれています。
 
 
 
イメージ 3
虚空蔵菩薩の「虚空」とは、無限に大きく、無尽蔵の力を持っているということで、「蔵」とは大宝蔵のことで、すべての福徳知恵を預ける仏です。
 
丑・寅生まれの守り本尊の有名人は、綾瀬はるか、矢沢栄吉、イチロー、深津絵里、宮崎あおい、横峯さくら、上戸彩、宮里藍、上田桃子、ダルビッシュ有、松井秀喜、松田聖子などがいます。
 
ご自身の守り本尊、分かりますか?
 
福徳と知恵を無限に具え多くの人々を救済する
 
 
 
 
イメージ 10
手水舎正面右側の獅子は、虚空蔵堂の獅子と彫工が違うように見えます。
 
 
 
イメージ 11獅子の胸に、うっすらと「四郎」の文字が確認できます。奉納者の名前か、それとも彫工の名前かは分かりません。
 
??四郎・・・気になります。
 
 
 
又 蟇股の裏側に、奉納者の名前の他に「当山第廿三世 石井秀雅 大正十四年四月 宇田川秀峰書之」と書いてあります。
 
 
 
 
イメージ 4イメージ 5
手水舎正面左側の獅子は「阿」形です。綺麗ですね〜!
 
 
 
イメージ 7イメージ 8
手水舎後側の獅子は、正面側とは全く違います。彩色が施され、虚空蔵堂の獅子や獏鼻と良く似ています。
 
 
 

仁王門は明治初期の石原流だと想います、上手です。
左右の力神は上記と全く違う作風(鎌倉彫のような粗彫りです)

虚空蔵堂・向拝は初代磯辺儀左衛門信秀、前回にも出てきましたね。

手水舎は後から追加が石原系(四郎とあるやつ)、
古い方は磯辺系ですが磯辺信秀ではありません。

鐘楼の彫物がスゴイ!!σ(^_^)は後藤弥太郎と観ましたヨ〜(*^_^*)
以上、「推定」です。
茂右衛門さんのコメントより

 
 
イメージ 13
こちらが延命院本堂です。
 
 
 
イメージ 12
延命院鐘楼にも彫刻が見られます。
 
 
 
 
画像容量の都合により、一旦終了します。

閉じる コメント(22)

杜泉さん、こんにちは〜(^-^)
ナイスコメント、いつもありがとうございます。

何でもそうですが、ゆっくり丁寧に見るといろんな事が
意味が込められているんです。情報があるれている今は
それを見逃してしまっていますね。

2013/1/22(火) 午後 1:31 [ あゆみ ] 返信する

歩さん、こんにちは。
たいへん行動力があって、参観される寺院も広範囲なエリアですね。私の場合は寺院の近くへ行きますが、どうしても蓋中心になってしまいます。これは考えないといけませんね。鬼の彫り物が見事です。ナイス!

2013/1/22(火) 午後 4:11 馬明 返信する

顔アイコン

こんにちは(^o^)丿
ここは鬼の彫刻が特徴ですね!見てると可愛いです。
自分の守護本尊は解りますょぉ(^_-)-☆戌だから!
阿弥陀如来です。御真言は「オン・アミリタ・テイゼイ・カラ・ウン」ちなみに!虚空蔵菩薩は「ノウボウ・アキャシャ・ギャラバヤ・オン・マリキャマリボリ・ソワカ」虚空蔵菩薩求聞持法って
あります。ってか関係ないコメントでした(+o+)
獅子は何処となく可愛いです。彫刻も多くあっていいです。
ナイス!ツイート

2013/1/22(火) 午後 4:25 [ リップ ] 返信する

はらしんさん、こんにちは〜(^-^)
コメント、いつもありがとうございます。

朱の色は生命の躍動や、災厄を防ぐ色として重視されています。
そんな意味もある朱色の虚空蔵堂です。

2013/1/22(火) 午後 5:09 [ あゆみ ] 返信する

顔アイコン

彦ってさあ、『hiko』でうまく変換できない、辞書登録も面倒だし仕方なく彦左衛門とかで変換することになる。
鬼がおどろおどろしくてよいですね、寺社建築では善と悪みたいなものが混在していますよね、鬼は力が強いから邪悪なものを寄せ付けないのかもしれませんがね・・・ただ仲間の鬼が来た場合まねき入れないんでしょうかね

2013/1/22(火) 午後 5:42 カラコレス 返信する

こんばんは
四郎?ってまさか後藤三四郎恒俊でしょうかね
勝手な事言ってすいません。
違いますよね
ナイス☆

2013/1/22(火) 午後 6:56 maruchan 返信する

延命院(1)の牛に布、老婆は「牛にひかれて善光寺参り」ではないでしょうか。
因みに信州に布引観音というのがあって、行ったことがあります。

いつもいろんな寺社を詳しく紹介してくださってありがとうございます。
中国盆の記事も面白く拝見しました。
ナイス!

2013/1/22(火) 午後 7:40 はるん 返信する

馬明さん、こんばんは〜(^-^)
ナイスコメント、いつもありがとうございます。

いえね、歩けるうちにどんどん歩かないと、あっというまに
足腰がよわっちまいますからね。興味がある所を見つけたら、
行きますよ。
お金をかけて行くのですから、いろんな物たくさん吸収してこないと勿体無いじゃないですか。蓋中心でもいいですが、視野を
広げるのも良い物ですよ。

2013/1/22(火) 午後 8:35 [ あゆみ ] 返信する

リップさん、こんばんは〜(^-^)
ナイスコメント、そしてツイート、ありがとうございます。

リップさんは神職なのに、仏教の事も詳しくご存知なのですね。
真言がさらさらって出てくるのは、学生時代よく勉強した
賜物ですね。

阿弥陀如来は、鎌倉や奈良の大仏がそうですよね。何だか
リップさんが大きく感じますよ。

2013/1/22(火) 午後 9:59 [ あゆみ ] 返信する

カラコレスさん、こんばんは〜(^-^)
ナイスコメント、ありがとうございます。

「彦」ってあまり使わないので「非子」とか何かなかなか変換しませんよね。ここでいっぱい彦を書いたので、やっとPCが非子を
覚えてくれたかなと思ったら、そうでもありません。
何ででしょうね。(笑)

鬼が悪と考えるのは当たり前ですが、悪人が神さまになることも
ある訳で、鬼も仏教上で人を守る役目があるのかも知れませんよ。人は寄り添わないと生きていけませんが、単体で生活する
生き物はたくさんいて、そう考えると、鬼もそうなのかな〜と
勝手に考えたりします。

2013/1/22(火) 午後 10:07 [ あゆみ ] 返信する

マルちゃん、こんばんは〜(^-^)
ナイスコメント、いつもありがとうございます。

四郎しか見えないんです。マルちゃんがいわれるその彫工銘
であれば、もっと長くなるはずですよね。
三郷市は意外や意外、彫刻がとても多く驚きます。銘があれば
いいのですが、なかなか難しいです。

2013/1/22(火) 午後 11:18 [ あゆみ ] 返信する

はるんさん、こんばんは〜(^-^)
ナイスコメント、ありがとうございます。

布と牛で善光寺、やっぱりそうでしょうかね。
布引観音、見てみましたが、そうかも知れませんね。
こちらも菩薩さまのお寺ですし布引も観音菩薩さまの
お寺ですから、牛に引かれて善光寺かもしれません。
教えていただいて、ありがとうございます。

中国盆は凄いでしょ!ここは日本か?と思うほどに、すごい
華僑の方の盆の姿でした。

2013/1/22(火) 午後 11:38 [ あゆみ ] 返信する

顔アイコン

こんにちは。
ココ延命院は要チェックですね(^^ゞ

仁王門は明治初期の石原流だと想います、上手です。
左右の力神は上記と全く違う作風(鎌倉彫のような粗彫りです)

虚空蔵堂・向拝は初代磯辺儀左衛門信秀、前回にも出てきましたね。

手水舎は後から追加が石原系(四郎とあるやつ)、
古い方は磯辺系ですが磯辺信秀ではありません。

鐘楼の彫物がスゴイ!!σ(^_^)は後藤弥太郎と観ましたヨ〜(*^_^*)
ナイス!

2013/1/23(水) 午後 2:37 [ - ] 返信する

茂右衛門さん、こんにちは〜(^-^)
ナイスコメント、ありがとうございます。

三郷は、とにかく彫刻が多いです。裕福だったのか
信仰が篤いのか、それは分かりませんが、あと2回は
行かないといけないと思っています。

彫刻はバランスがよく上手いですよね!おかげさまで
私にも分かるようになりましたよ。

石原系と初代磯辺儀左衛門信秀と後藤弥太郎の彫刻と
推定ですね。教えていただいて、ありがとうございます。

他にもありますので、宜しくお願いします。

2013/1/23(水) 午後 5:25 [ あゆみ ] 返信する

顔アイコン

すいません、「推定」を入れ忘れました。
それほどσ(^_^)には確率が高い判定です。
でもあくまで「推定」ですが・・・(^^ゞ

2013/1/24(木) 午前 11:04 [ - ] 返信する

茂右衛門さん、こんにちは〜(^-^)

了解です。銘が無い限りは推定となりますね。
ありがとうございます。

2013/1/24(木) 午後 3:33 [ あゆみ ] 返信する

顔アイコン

こんにちは(^_^)/
神仏習合なども勉強しました!普通は神職になる
為に行く大学は神道中心の勉強がですが!
自分は国立の大学を卒業してから!國學院大学専攻科神道学専攻
と皇學館大学神道学専攻など神職になったから!
それに学生の時に高野山で、数ヶ月僧侶の修行したお陰で、お経も
覚えてしまいました(笑)
お経や真言は知ってますが!お寺のことは詳しくないです。
あゆみさんの記事と読んで勉強してます。
奈良の大仏は阿弥陀如来ではないです。奈良東大寺の大仏は
盧舎那仏(るしゃなふつ)で、鎌倉や高徳院や大仏が阿弥陀如来です。
牛久にある大仏も阿弥陀如来です!世界一の高さの大仏です。
リップは身体が大きいですが!小さいオッサンです(笑)

2013/1/24(木) 午後 5:27 [ リップ ] 返信する

リップさん、こんばんは〜(^-^)

あれ、ま〜、奈良の大仏は阿弥陀如来ではなかったでしたか。
とんだ思い込みでした。仏像はまだまだ苦手でして、私物の
本で色々な仏像を見比べているのですが、特徴のある仏像でしたら、何とかなるのですが・・・

盧舎那仏(るしゃなふつ)と阿弥陀如来とどこが違いますか?
「ひげ」「印」、私はそれくらいしか、違いが分かりません。

私の記事で勉強だなんて、はずかしったらありゃしませんよ。
なにせ私には学がないですからね、ネットであちこち調べて書いて、それが自分も学ぶ事にもつながり、一石二鳥となっています。

ありがたいです。この歳でこんなに勉強が出来るんですから。
見ていただいている、皆様のお陰でございます。

2013/1/24(木) 午後 8:41 [ あゆみ ] 返信する

顔アイコン

こんばんは〜

話は戻りますが... 努力で生んだ習慣は人生の宝

ロウバイのスケッチ

このカレンダー いいですね〜

では。。。。。

2013/1/24(木) 午後 10:16 [ 楽世 ] 返信する

楽世さん、こんばんは〜(^-^)
コメント、ありがとうございます。

このカレンダーは、昨年のものに比べるととても
地味ですが、言葉はジンと来るものがありますよね。
これから毎月、載せてまいります。宜しくです。

2013/1/24(木) 午後 11:34 [ あゆみ ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事