イニシャル・NGE

子連れ観戦のぬるサポですが、クラブ愛をもって「あえて辛口で」名古屋グランパスを応援しています

全体表示

[ リスト ]

今日はアルビ戦。ベストの布陣で臨むはず=勝て
「絶対中位」と言われた名古屋も、昨シーズンの終盤以降はその定位置にも届かない順位で彷徨っています。期待のヨンセン加入の報以降、大敗したガンバ戦後の破竹の4連勝で「このまま勝ち続ければ、もしかして上位?」とか「『上位に強く下位に弱い』中位クオリティーだけでも再現か」と淡い期待を持っていた上位との連戦も「勝ち」はなし。

気が付けば、一昨シーズンまでならセカンドステージとなったはずの後半戦の戦績も、1勝2分2敗と今季開幕後の2勝1分2敗を下回っています。
「どうも監督・選手のコメントや姿勢と結果が噛み合わないナァ〜」と勝手に疑心暗鬼になっていたあの頃のような「閉塞感」はないのですが、試合内容に安定感がないことから、逆に「上位進出の夢」?も感じなくなっています。

今日は実家に帰省する事情で瑞穂参戦を諦めていましたが、その事情も明日に持ち越しとなったため、急遽参戦することにしました。ただ、その後に帰省するため「やや気の重い参戦」となります。

対アルビレックス新潟は公式戦未だ勝ち星なしだそうです。昨シーズン遠征したアウェーでボコボコにやられた印象だけが強く、そうした感覚もなかったのですが、相性は良くないようです。【相性なんてのはあまり重要視してませんけど...】

本田が扁桃腺を腫らしたようですが、もう練習や紅白戦に参加しているようですし、先発メンバーは怪我人を除いてベストが組めるのではないかと思ってます。前節のように「代表召集疲れ」や「極端な高湿度」、「累積欠場選手」や「怪我明け選手」などネガティブな要素も、ほぼ解消されたと言ってイイでしょう。
それだけに、言い訳できない試合だと言えます。

ここのところの試合で大いに気になっていることがあります。
あまりに相手を意識しすぎているのでは?
と言うことです。
決して対戦相手を侮ってはいけませんが、私が見る限りは相手の攻撃を警戒しすぎて、戦術やフォーメーションの変更を迫られ、自分達が理解しているサッカーができない試合、あるいは時間帯があるように感じています。これも十分相手チームをスカウティングしたうえで監督が決めることですから、私がとやかく言うものではありません。以下、この件に関して考察を。

「冷静で組織的な守備」と「熱く貪欲な攻撃」

現代サッカーにおいて「強いチーム」は守備を重視します。しかも効率的・効果的にするためには組織として連動した守備戦術が求められます。そして、攻撃の戦術がどうであれ、しっかりした守備でボール奪取してからの素早い攻撃への切り替えこそが、「流れの中での得点」に結びつくものと言えます。
その反面、攻撃では組織的な戦術に加え、相手DFを出し抜くようなイマジネーションや、数的優位を作り出す1対1や相手の裏などの果敢なチャレンジが必要です。

熱くなったDFが無謀なチャレンジをしたり、淡々と約束事だけを遂行するFWやMFなどは、現代サッカーではナンセンスだと思ってます。こう言うとひところの某チームのようですが...(ry

よく、日本のサッカーをして「貪欲さが足りない」といいます。確かにそうです。海外リーグの「攻撃の担い手」達はカムシャラにも見えるほどボールを追い続けます、無論守備でも攻撃でも。

ヨンセンが良い例でしょう。彼は献身的なチェーシングばかりでなく、身体を張ってボールをキープし捌いた後も、すぐにゴール前へ向かう姿勢を一試合通じて繰り返します。疲れた表情も見せず、目の色を変えてボールに絡み続けようと、どんなシーンでも諦めずに走り続けます。
仮に攻撃にアクセントが付けられなくとも、そうやって貪欲に諦めずに動けば決定機に絡めることを知っているからでしょう。またそうしないと、自分をアピールできない、チームにも貢献できない、あるいは自らが起用してもらえなくなること、を体験から十分承知しているからだと思います。

ヨンセンに限らず攻撃的なポジションの場合、海外(日本)にく渡る程の選手なら、そうした「熱く貪欲な意識」がなければ決して選手として成功することなどなかったでしょう。

方や、守備的な選手については、プレー面では「冷静沈着」、あるいは「クレバー」な判断や対応が求められます。マレクは鹿島でフェースマスクを投げつけて黄紙を頂戴してしまいましたが、プレーそのものでは、そうした熱い面などおくびにも見せず、常に冷静でクレバーな対応が光ます。
いざと言う時にはクサビに入った相手FWに「ガツン」とかます強気な面もありますし、ボールを相手の前でカットできると判断した時は思い切ったチャレンジも敢行しますが、決して無謀に相手に突っ込んだりしません。

こうした違いは、選手の性格だけでは語れなものだと思ってます。攻撃的な選手として、あるいは守備的な選手として、想像を絶するような厳しい環境や境遇でサッカーをやってきた結果なのでしょう。

過去のBLOG記事にも似たようなことを書きましたが、日本人選手が劣っているのは、この相反する「冷静」と「熱さ」のバランスをコントロールすることや、アピールや貢献がなければクビになるというプロ選手としての「危機感の欠乏」、あるいは自分のプレーへの「自信」や、もっと上でやりたいと言う「欲望」など、精神的なものでしょう。これも良く言われますが、海外のトップリーグでも日本人の技術は通用するのですから...。

「自分達のサッカー」を貫くこと
勝負の世界では相手があることですから、無論相手を研究することは重要でしょう。海外のリーグにおいても、クラブ間でのスカウティング合戦は盛んです。昨今の名古屋のように、相手のフォーメーションや戦術に合わせて自チームのそれを臨機応変に変えることも珍しいことではありません。
また、そうした変更は、弱小チームがBIGクラブを相手にした時だけに限りません。稀ですがその逆の立場でもそうすることもありますし、中位同士や下位同士では地力が拮抗しているだけに、試合開始までの「読み合い」、開始後の「様子見」などを含め、フォーメーションや戦術の変更は随時行われるようです。

ただ、前章で書いたとおり、日本人選手は、攻守における相反する「冷静」と「熱さ」のバランスが上手くありません。
あまりに守備を意識させると、攻撃のときも「冷静」(消極的)になってしまったり、逆に攻撃的に行こうとすれば、守備でも「熱く」(無謀)になってしまったりする傾向があると言うことです。
名古屋で言えば、前節の対広島戦あたりは、この前者の例に近かったと思いますし、先制しながらも、引き分けに持ち込まれたG大阪戦や、逆転された鹿島戦でも、熱く貪欲になるべき攻撃が「慎重」になってしまい、押し込まれた守備で「冷静さ」を失った印象があります。

下位に低迷するチームが「勝ち点」を欲して、「相手に合わせる」と言う現実的な戦法を取ることは仕方ない部分もあるのでしょうが、それではいつまで経っても「下位」から抜け出すことはできなくなってしまいます。戦力があっても這い上がれないクラブは海外にも少なからずあります。

今の名古屋の戦力からすれば、失礼ながら、今日の対戦相手のアルビレックスより「上」でしょう。この試合でセフがどんな戦法を取って来るのかは承知しませんが、これから続く「中位対決」では、
あまりに相手を意識することなく、名古屋のサッカーを貫いていただきたいと考えています。

このまま、チームのコンセプトを曲げてまで対戦相手に合わせ「勝ち点計算しつつ、降格しない戦い」を続けててもイイのでしょうか? 一定の戦力が整いながら、そうした戦い方をしているわりりに、戦績は「シーズン当初の迷走期以下」なのです。
対戦相手も違っていますし、単純な比較はできないのでしょうが、今後の試合日程からリーグの展開を想像すれば、ここからの4連戦は「下位低迷からの脱出」の正念場です。
ズルズルと行かないように、実力拮抗した相手との試合では「かつての意地(上位の意地と言いたいが、中位でも..)」を見せて欲しいものです。

おっと、もうそろそろ瑞穂へ出掛ける時間です。今日の試合後は、そのまま実家に直行しますので、結果のあとの記事のアップは数日あとになるかも知れません。
久しぶりのホーム勝利を信じて「いってきま〜す」

閉じる コメント(18)

顔アイコン

グラは自分たちのサッカーをすることが大切ですね。とにかくホームで勝つことが大切ですね。

2006/9/16(土) 午後 6:08 vas*ic*99

久々に勝ちましたね〜気分いいです♪

2006/9/16(土) 午後 11:22 * 葉月 *

久し振りの勝利ですね!玉田は怪我で欠場でしたけど、ほぼベストな布陣でした。1つ1つ勝っていって、順位を上げていってほしいですね。

2006/9/17(日) 午前 7:57 dragra

観戦お疲れさまです。 勝ちましたね〜☆ 私も主人も娘もとっても気分がいいです。 これからも勝って、順位が上がっていってくれるといいのですが。。。 お互い、これからもグラを応援していきましょう。

2006/9/17(日) 午後 3:34 [ なな ]

勝ちましたね!!苦手新潟なんて関係ないです!勝ってほっとしました^^

2006/9/18(月) 午前 0:29 ゆう

顔アイコン

試合を決める津田のゴールは本当に嬉しかった!今後は新潟をカモにしたいですね。ネルシーニョ時代ほどではないにしても、今の名古屋は確かに対戦相手に合わせたサッカーをしています。私はチーム作り半ばの状態ということで納得はしていますが、降格が無くなった時点で(あるいは天皇杯で)どういう戦い方をするのかは気になるところです。

2006/9/18(月) 午後 5:24 [ romario_11 ]

顔アイコン

杉本君、いい仕事してましたね!杉本君も惜しいシュートあったから是非決めてほしかったけど・・・

2006/9/19(火) 午前 4:38 「楢ちゃんのこまねち!」

勝ちましたね。私も杉本の動きは良かったと思います。 後はタマの復帰を待つのみです。マリノス戦はどうでしょうかー! そろそろ待ちくたびれています。

2006/9/19(火) 午前 8:47 -

取りあえずおめでとう。スコアは1−3でしたが、得点は全て名古屋・・オウンゴールでもイイとは言わないですが、せめて1点くらいは自分の力で入れてもらいたかった・・さて、おなじみの降格争いに加わって、いよいよ死にものぐるいになってもらわないと・・

2006/9/19(火) 午後 8:16 オレンジ☆

vasticさん。毎度コメありがとうございます&返答が遅くなり恐縮です。相手の不出来が相当だったとは言え、自分達のサッカーができたことは、セフも仰せの通り「自信になった」と思います。上位と当たるまでに、自分達のやりたいサッカーを「確立」してほしいですネ。

2006/9/19(火) 午後 10:55 なっぽー

葉月さん。毎度コメありがとうございます&返答が遅くなりゴメンナサイ。勝ち方(内容)も【それなりに:笑】良かったですし、私も【それなりに:笑】満足して実家への帰途に着くことができました。次も遠征行きますヨ〜もち勝ちを見に..!!

2006/9/19(火) 午後 11:07 なっぽー

DraGraさん。毎度コメありがとうございます&返答が遅くなり恐縮です。あの4連勝以来の勝ちですから、久しぶりですよネ(嬉)。個人的には3-4-3がイイのかは微妙なのですが、3TOPが組織的な守備に繋がっているように感じてます。ジョンウが入って、どう機能するか懸念してましたが、フィットしつつあるようです。今度は玉田が復帰した時に攻撃面の効果は言うまでもないですが、守備面でどうか、彼と監督のお手並み拝見です(結構余裕の発言っぽいですケド...)。

2006/9/19(火) 午後 11:14 なっぽー

みよよんさん。毎度コメありがとうございます&返答が遅くなりゴメンナサイ。ウンウン、これからの上昇が期待できるだけ楽しみになりますよネエ。ところで、娘チャンは勝ったとか負けたとか分かるのかナ?そうなら立派なグラサポになれますよ〜。次も勝ち試合を見に横浜まで行く予定で〜す!(我が家の奥は愚痴ですが...)

2006/9/19(火) 午後 11:19 なっぽー

ユウさん。毎度コメありがとうございます&返答が遅くなり恐縮です。苦手意識がなかった割りに「ホッ」としました。私も。あと楢もそんなコメントでしたよ(笑)。私は実兄(Orange☆)はアルビサポなので、未勝利のアルビ戦「遺恨試合」だったっす。ひとます溜飲を下げさせていただきました。

2006/9/19(火) 午後 11:23 なっぽー

romario_11さん。毎度TB&コメありがとうございます&返答が遅くなり恐縮です。個人的にはユースの頃から津田クンの評価は低かったのですが見直します(笑)。開幕前にセフが語った理想像とのギャップがいまだに埋められません。自分達の地力に沿ったサッカーと、理想に向かうサッカーを埋めるのが名監督の匙加減だと思ってますが、もうここまできたら後者を選択した姿を見たいナ〜という欲求に駆られてます。←まだ降格ってありますかねエ〜?

2006/9/19(火) 午後 11:30 なっぽー

楢ちゃんさん。。毎度コメありがとうございます&返答が遅くなりスンマセン。恵太の覚醒ぶりは私がオシムなら..とか言ってもイイくらいでしょう。ただ、セフの言葉を借りれば「ヘタでも気持ちがあればやれる」でしょうか?(笑)←もうヘタではないかも知れません。ちなにみ私的には、決めなきゃいけなかったのは恵太だけではありませんでしたけど...

2006/9/19(火) 午後 11:35 なっぽー

F.TAMAさん。。毎度コメありがとうございます。玉田は今日も別メニューのようです。残念ながらもう少し辛抱したほうが良さそうです。恵太や津田が活躍すると玉田もウカウカしてられなくなるでしょうから、その「飢えた」状態で復帰してもうらうのも一計だと思いますよ。それくらいの考えでないと、彼の最大限のパフォーマンスが見せられないかも知れません。グラサポの中に不要論が蔓延しないためにも!!(玉田も貴女も焦らないでネ〜)

2006/9/19(火) 午後 11:41 なっぽー

Orange☆さん。初めて勝たせていただきました。ヨンセンの「2得点」は素晴らしいゴールでした(笑)。冗談はこの辺にして、次の記事にも書きましたが、新潟の状態は明確に「ヤバイ」です。BIGスワンに戻れば..とかも考えない訳ではないですが、精神面だけでなくシステムも含めた「工夫」が必要でしょう。他サポなのに恐縮ですが、交流させて頂いたアルビサポさんも同調されてましたし…

2006/9/19(火) 午後 11:47 なっぽー

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事