ここから本文です
仙台生まれで仙台育ち。ワンコと焼酎が大好き!

書庫全体表示


イメージ 1
「悪い夢」にも いろいろありますが
最もガックリする夢のひとつではないでしょうか。

そもそも好きで早起きしているわけでもなく
行きたくて仕事に行ってるわけでもない。

「やれやれ、今日も行かなくちゃなぁ」と、
眠い目をこすりながら 世の中の人々は起きるもの。

それが、そこまで準備したのに 夢だったなんて・・
またイチから準備し直し という、 先日金曜日の実話でした。






この記事に

  • 顔アイコン

    え〜っ!それはショックですね〜!
    支度をしながら「これは夢じゃないよね・・・」と
    ほっぺをつねってしまいそうです( *´艸`)

    [ みっちゃん ]

    2018/2/4(日) 午後 6:20

    返信する
  • こんばんは。
    私は逆のパターンを見ますね。仕事を全部かたづけて「さあ帰るぞ」と思ったらまだ布団の中だったと言う夢。サラリーマンなら多かれ少なかれ、たいていの人が同じような夢を見たことがあるんじゃないでしょうか。
    多分退職してからも見ると思いますよ。

    みちお

    2018/2/4(日) 午後 6:54

    返信する
  • 顔アイコン

    > みっちゃんさん

    なんかね〜
    朝から疲れてしまいました。

    その他にも仕事の夢はしょっちゅうだし。
    行く前からヘロヘロです。

    おかさん

    2018/2/4(日) 午後 7:11

    返信する
  • 顔アイコン

    > みちおさん


    あらら〜 仕事が終わった夢は見てないです。

    その他には「休みの日の夢を見て実は平日」「仕事に行く夢を見て実は休日」もあり、後者の時は とっても嬉しいのですが・・ははは

    おかさん

    2018/2/4(日) 午後 7:13

    返信する
  • 顔アイコン

    おかちゃんさんは、出勤時間が早いですものね。
    本当にご苦労様です。
    私が働いていた時は、いじめられた夢を度々見ました。
    仕事を辞めたら、キッパリ見なくなりました。 削除

    [ むかご ]

    2018/2/4(日) 午後 8:53

    返信する
  • 顔アイコン

    > むかごさん

    今の季節だと、到着してから太陽が昇ってきます。
    さすがに寒くて暗い道は自転車が怖くて、ずっとマイカー通勤。日が長くなってくれれば自転車に切り替えて運動不足対策にもなるんですがねえ。

    職場でパワハラがあったのでしょうか。
    私も長いこと勤めてますが、いい人ばかりではなかったので、嫌な経験も多数です。

    おかさん

    2018/2/4(日) 午後 9:40

    返信する
  • 顔アイコン

    あら〜!これはかわいそうなことですね〜!でも、布団に入ったと思ったら夢も見ずにもう朝で、また仕事かぁっていう日々もつらいですよ〜(^^;

    SUMIKA

    2018/2/4(日) 午後 10:35

    返信する
  • 顔アイコン

    > SUMIKAさん


    あ、それもありますね。
    えー!もうこんな時間だ〜…ってやつね。

    夜中に何度か目覚める度に、時計の針が進む速さにガックリすることも・・

    おかさん

    2018/2/4(日) 午後 10:46

    返信する
  • オカピーさんの夢は本当にサラリーマンの
    悲哀を現しているようです。
    夢の中でも朝目が覚められてまた仕事へ
    出かけられるのも本当にお疲れ様です(T_T)/~~~
    暗いうちに朝早く出かけられて
    風邪などひかれませんようにね。

    さき

    2018/2/6(火) 午前 11:44

    返信する
  • 顔アイコン

    > さきさん

    なんだかんだと体がプレッシャーを感じているんですね。
    この他に難しい仕事でヒーヒー…なんていう夢も見ます。

    おかさん

    2018/2/6(火) 午後 8:14

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事