RSノリノリ 駄文ファクトリー

震災の犠牲者のご冥福をお祈りするとともに、被災地の一日も早い復興をお祈り致します。

全体表示

[ リスト ]

 

<ソーラーフロンティア>宮崎・国富に世界最大級の太陽電池工場 900メガワット生産へ

毎日新聞 6月13日(月)13時15分配信
 ソーラーフロンティア(東京都港区)は10日、宮崎県国富町で7月フル操業を予定している太陽電池製造工場を報道陣に公開した。県内3カ所目となる同工場は、東京ドームの約8.6倍に当たる約40万平方メートルの敷地面積で建物面積は15万8000平方メートルで、年間900メガワットの電池が生産可能となる世界最大級の太陽電池製造工場という。

 国富工場は11年2月から段階的に稼働を開始。東京ドームの約8.6倍に当たる約40万平方メートルの敷地面積で建物面積は15万8000平方メートル。従業員数は約800人で、製造装置の大型化、生産工程の自動化やモジュール面積の大型化で生産効率が高いCIS薄膜太陽電池の生産を実現し、日本だけではなくドイツ、米国を拠点に太陽電池を世界中に販売していく。

 同社は、昭和シェル石油の100%子会社で、07年から宮崎市に、第1工場で20メガワット、第2工場で60メガワットを生産しているが、国富工場では装置の大型化・自動化やモジュール面積の大型化を実現、フル稼働で住宅約30万世帯分・原子力発電所約1基分に相当する900メガワットの生産が可能で、3工場合わせて約1000メガワットの生産を予定している。

 製造されるのは、銅(Cu)、インジウム(In)、セレン(Se)の化合物からなるCIS薄膜太陽電池。朝夕の波長の長い光を取り入れやすく、太陽光に光を当てると実際の出力が定格出力を上回り、影に強い回路構成という3点が大きな特徴という。現在主流の結晶シリコン系太陽電池に比べ、年間発電量が約8%も上回る実績が報告されており、吉田博工場長は「太陽を浴びると元気になる」と語り、まだまだ研究開発の余地は十分にあり、量産規模の拡大でコストダウンも予想できることから次世代型の太陽電池としての可能性が期待されているという。

 同社の3工場がある宮崎県は、日照時間・快晴日数とも全国3位という恵まれた環境で、国内でも太陽光発電システムの普及に特に力を入れ、太陽光発電普及率も全国2位を誇る。県は「太陽と緑の国  みやざき」をスローガンに09年3月に「みやざきソーラーフロンティア構想」を打ち立て、宮崎大学などと産官学一体となった太陽光発電推進事業に取り組み、太陽光発電のモデル地区としても注目を集めている。

 東日本大震災による福島原発事故以降、原発に代わる発電への関心が高まる中、太陽電池についての問い合わせは増えているといい、吉田工場長も「東日本が(大震災で)元気がない状態なので、太陽電池を生産することで西日本から元気を発信したい」と意気込みを語っている。(毎日新聞デジタル)

【関連記事】
クリーンエネルギー:水素、太陽熱で製造 低コスト実用化へ宮崎県が共同研究
ソフトバンク:太陽光で協議会設立 19道県と協力
セイコー:海と風をイメージしたソーラー電波腕時計を数量限定発売
三洋電機:環境未来型バス「ソラビ」開発 太陽電池で車内のLED照明を点灯
パナソニック、ショールーム「エコアイディアハウス」を刷新
最終更新:6月13日(月)17時27分
毎日新聞
【<ソーラーフロンティア>宮崎・国富に世界最大級の太陽電池工場 900メガワット生産へ】

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事